FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012年よ、こんにちは。


新年快楽!
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

新年明けましておめでとうございます。
本年も当ブログならびに
晋陽FPオフィスをどうぞよろしくお願い致します。

さて、作家の安部公房は生前、
「人は死んで焼かれれば、炭酸カルシウムになるだけ・・
と語っていたそうです。

つまり、
人は生きている時間がすべて・・。

自分の「生」を例題にして、
時の長さをイメージしてみると、

資産運用という作業も、
思ったより長い「時間軸」に当てはめることが
できるのではないでしょうか・・。

人間をはじめ、すべての生き物は
【生き延びる】ということを、
脳内に強く記憶しています。

でも、ですよ、
仮に「生き延びる」ことを優先させるなら、
なにも、
海の中から陸に上がる必要などなかったはずです・・。
(そうですよね、ちょっと変わった魚さん。)

また、「生き延びる」ことを最優先するなら、
なにも樹上生活を捨てて
サバンナを彷徨うこともなかったはずです・・。

(そうですよね、
ちょっと変わったあなたのご先祖さん。)

生き物の不思議なところは、
◆ 自ら過酷な環境に身を置こうとするところです。

誤解を恐れずにいれば、
過酷な環境に身を置き、
その環境に適応した「種」だけが、
結果として生き残ったのではないでしょうか・・。


無題


今日、私たちが見聞きする
「マーケット」というところは、

ヒトが過酷な環境に身を置き、
その環境に適応した結果、
咲くこととなった「ひとつの花」です。

花が咲き続けるための条件が
「過酷な環境」なのですから、
大きなアップダウンがあるのは当たり前です。

2012年は引き続き、欧州の債務問題が
私たちの前に立ちはだかるでしょう。

しかし、欧州の債務問題を、
「今、そこで起こっている厄介な事象」
と捉えるのではなく、

明日、花が咲くための
【プロセス】の一過程として捉えれば、
違った景色が見えてきます。

(考えてみてください。
ユーロ危機が表面化しなければ、
EUの財政統合や欧州共同債の話が
こんなに早く出てくることはなかったのです・・)

◆ ピンチとは、変化の【起動装置】です。

今、ヨーロッパが取り組んでいるのは、
(侵略によるものではない例としては史上初の、)
違う国々が
「ひとつの国」になろうとしている実験そのものです。

この実験の成果は、
10年や20年で分かるものではありません。

私たちは、
歴史の教科書が書き換えられるような、
大きな出来事が頻発する時期に、
たまたま資産運用を行う者たちなのです。

(ただし、)どんなことが起きようとも、
マーケットが閉じてしまったり、
マーケットの価値がゼロになってしまうことはありません。

私たちが付き合うマーケットには、
何百年かのヒトの知恵が詰まっているのです..。

(蛇足ですが、
専門家の年初予想がネガティブなほうが、
意外と良い1年になったりするものです。
本年もどうぞよろしくお願い致します...)




関連記事

| 抱負・個人的に思うこと | 13:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

> 私たちは誰しも【マイライフ】を作る「作家」であります。
お客様宛てにお送りしたニュースレターの一節ですね。
21世紀はユニークなマイライフがたくさん生まれると思います..。

| カン・チュンド | 2012/01/05 17:11 | URL |

今年もカンさんのブログ、楽しみにしてます!どうぞよろしくお願い申し上げます。
今年は資産運用というより資産防衛に重きを置きながら、運用も考えていきたいと思います。
私たちは誰しも【マイライフ】を作る「作家」であります。このカンさんのお言葉で、さだまさしさんの♪主人公♪聴きたくなりました!

| ルソン | 2012/01/05 11:20 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1551-9f54b9f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT