FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あなたと市場のキャッチボール


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

人は寒い季節の中にいると、
勝手に梅や桜に憧れたりします。
ああ、早く春が来ないかなあ」と・・。

こんな想いを抱いているときは、
じりじりと陽が照りつける8月の暑さなど、
きれいさっぱり忘れてしまっているのですね..。
(もう何十回も夏を経験しているのに!)

四季の移ろいはまことに不思議なものです。
ちょうどその季節を忘れてしまった頃に
またその季節がやってきて、

ああ、そういえば夏ってあったよね!」
みたいに、
(なんと言いますか、)冬には冬の、
夏には夏の【新鮮さ】というものを
(自然に)持続できてしまうのです..。

多分、今年も夏が来れば、
ああ、暑いなあ。早く涼しくならないかなあ」と
真顔で言っているのでしょうね..。

○ マーケットも同じです。

下がる下がる、コロコロと坂道を下ることしか
なかったようなセンチメントのときは、
基本的に「弱気ムード」が全体を支配します。

そして、生まれたこのかた
「ずーっと弱気だった」と勘違いしてしまうのです。
「株ってほんとに上がるの?」
と真顔で言ったりもします。

ところが、上がる上がる、
まるで凧に乗ったように上昇気流に揺られていると、
「下がっていた頃」を
きれいさっぱり忘れてしまうのです。

なんで、凧が降下していくわけ!?
(下がるわけないじゃん!)
という空気に包まれたりもします..。

私たち投資家が、
肝に銘じないといけないのは、
「上がっているマーケット」の中で
ワクワクしないことです。

上がるというのは、
(言わば)【当たり前】のことなのです。

(何百年という株式マーケットの歴史の中で、
下がった回数より、上がった回数のほうが多いからこそ、
株価指数はちゃんとプラスになっているわけですから..)

同時に、私たち投資家が、
肝に銘じないといけないのは、
「下がっているマーケット」の中で
ハラハラしないこと・・。

○○はもうダメだ、
○○が経済の足かせになっている、
なんて言葉は、

あらゆる時代、あらゆる場所で
もう何百回も言われ続けてきたセリフです。

(どんな危機的な状況が訪れても、
人はごはんを食べますし、
最低限の買い物はします。

経済の規模がゼロに近づくことは、
可能性として限りなくゼロに近いのです..)

逆に、マーケットが下がっているとき、
また、人々のセンチメントが暗~いときは、
下がった局面を用意してくれたマーケットに
【感謝】すべきでしょう。


006.png


カンさん。それって、
「後から振り返るとなんでも言えるよね!」
パターンじゃないですか。

去年(2011年)の8月から10月にかけて
しっかり買っておけば、
こうなっていますよ。みたいな・・。

いえいえ、そんなことはありません。
心配しなくても、今後も、
下がる局面は必ずやってきます。
これはもう、マーケットの摂理なのです。

私たちが注意しないといけないのは、
今後、世界のマーケットがいっそう一体化し、
(かつ狭くなる状況下で)

○ 投資という行為に参加する人が
ますます増える、という点です。

特に新興国、フロンティアマーケットで
「生まれてはじめて有価証券を買ってみよう!」
という人が急増することが予想されます。

中期的には、
より多くのお金が一度にマーケットに押し寄せ、
また、より多くのお金が一度に
マーケットから引き上げたりしますから、

ますます、マーケットの価格変動の振れ幅が
大きくなることが予想されます。

○ 投資できるお金を一度に投資してしまわない
○ 安全資産を一定割合確保しておく
○ できれば定期定額の「つみたて」という
投資の執行方法を基本戦略とする

○ 投資の執行はあくまで「ポートフォリオ」に従う
という、基本ルールを守ることが
より大切になってくるでしょう..。

投資家とマーケットというところは、
キャッチボール」みたいな関係にあり、

マーケット
「俺たちはもう、こんなに変わっているんだぜ。
あんたたちも、俺たちとの付き合い方を
もちょっと考えないとな・・・」と、

投資家側に、変化を促しているのです。

もちろん、市場という、
奇怪な生き物の全容を理解し尽くすことは
できないかもしれませんが、

変貌していく
市場とうまく付き合っていくことは出来るはず..。
なぜなら、マーケットは、
私たち人間が作ったものなのですから..。




関連記事

| 投資の発想法 | 08:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 4月からスタートします

nitakuさん、最初の一歩は小さな歩みかもしれませんが、あとから振り返ると
「大きな大きな一歩」になっていると思います。頑張ってください!
(もし具体的なアドバイスをご希望の場合は弊所「コンサルティング専科」をご活用くださいませ)

| カン・チュンド | 2012/02/24 09:12 | URL |

4月からスタートします

27歳の教員です。常々、銀行だけにお金を預けることに疑問を感じていましたが、いろいろな投資の勉強をするうちにインデックス投資に行きつきました。今のところ、安全資産をMRFで、あとはSTAMシリーズのTOPIX、海外株式、新興国株式、海外債券を等分に、先進国RIETを5%ほど保有してつみたてていこうと思います。まとまったら、ETFに引っ越して、また積立をしたいと思います。またよければアドバイスをお願いします。少し積極的な配分かなとは思いますが、続けてみたいと思います。

| nitaku | 2012/02/23 20:37 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1586-bd0c879c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT