FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新シリーズ「インデックス投資って、どこから生まれてきたの?」 その4)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

市場平均そのものに投資を行うという奇行?に出た
バンガード社が(まさか)成功を収めようとは、
1970年代の業界関係者の誰ひとり
思っていなかったのではないでしょうか・・。

当初苦戦した
「バンガード500インデックス・ファンド」ですが、
1980年代後半から、
少しずつ「資産残高」を伸ばしていきます。

「やっぱいいモノは、放っておいても認められるのね!」
と思っているあなた。
んー、話はそれほど単純ではありません・・。

(これは金融商品に限ったことではありませんが、)
どんなにいいモノでも、
時代と「シンクロ」しないと、
なかなか急速には広がっていかないものです。

わたしはアメリカで「インデックス・ファンド」が
普及した理由は【3つ】あると考えています。

1.1978年に401K(確定拠出年金)が導入されたこと。
米国では、多くの従業員が
「401K」(確定拠出年金)を通じて、投資と出会い、
投資と向き合うようになりました。

公平性の観点から、
401Kのラインナップの中に、
「アクティブ・ファンド」と並んで、
「インデックス・ファンド」が品揃えされたことは
大きいと思います。

(言い方を換えると、401Kを通じて、
投資ビギナーの方がインデックス・ファンドを
目にする機会に恵まれた、といえますね・・)

2.1980年代後半~90年代を通じて、
アメリカ株式市場がまれに見る
長期上昇相場】であったこと。

投資を続ける「最大のインセンティブ」は、
何でしょうか?
答え) 投資で「利益が出る」こと。

株式市場が上昇すれば、
インデックス・ファンドのリターンはプラスになります。

インデックス投資の【成功体験】を持つ人が増える
⇒ インデックス・ファンドを選択する人が増える・・
という、「好循環のサイクル」が
アメリカでは生まれたのです。

3.アセットアロケーションを組むという考えが浸透したこと。
プラスのリターンのみを夢想する投資家は、
「下落局面」で手痛いダメージを受けます。

なぜなら、
【リスクを管理する】という発想がないためです。

1980年代、90年代を通じて、
アメリカの投資家はリターンを追求するだけでなく、
分散投資によって
リスクを低減させる【意義】を学びました。

(アカデミックな分野での
「理論補強」も大きな役割を果たしたのです)

結果として、リスク分散効果が高い
「インデックス・ファンド」を保有する人が増えました。


illust590.png


(今となっては信じられないことですが)
バンガード社が運用する
「バンガード500インデックス・ファンド」は当初、
1100万ドルの純資産で運用をスタートさせました。

それが1999年末には
「1000億ドル」(1ドル=80円換算で8兆円)まで
資産残高が膨らみます。

そして、2000年には、とうとう
当時アメリカで最大の投資信託であった
「マゼランファンド」を抜いて、
全米でもっとも大きなファンドとなりました。

【あっ、ここ、もっと驚くところですよ!】

インデックス・ファンドが
あらゆる投資信託の中で、
最大規模のファンドになるなんて、
業界関係者の誰ひとり
予想していなかったのではないでしょうか・・。

ところで、そのバンガードの
インデックス・ファンドって、今でも在るの?
はい、もちろんございます!
バンガード500インデックス・ファンド

◆ バンガード社の功績は、
「理論の世界」で
インデックス・ファンドの有益性が叫ばれる中、
「現実の世界」でそれを実践し、
インデックス投資の優位性を証明した点にあります・・。

誤解を恐れずにいれば、
この「バンガード500インデックス・ファンド」こそ、
資産運用業界の中ではじめて、

◆ 消費者の利益を優先し、
消費者の目線に立って開発された
金融ツールであるとわたしは思うのです..。

どんな業界の、
どんな分野でも同じと思いますが、

消費者の予想を超える、
よい意味で消費者を驚かせるような
商品・サービスを開発することが、
(結果として)
マーケットの拡大につながるのではないでしょうか・・。

「直感こそが敵であり、理性こそが友である 」
              ジョン・ボーグル 




関連記事

| インデックス投資って、どこから生まれてきたの? | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1588-595ee696

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT