FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

逆三角形でETFを仕分けする・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

国内ETFにしろ、海外ETFにしろ、
これだけ本数が増えてくると、
ひとつひとつのETFの名前が
平等に頭の中に刻まれてしまい、

なんと言いますか、
【選択の迷い子】になってしまう恐れがあります。

ETFの場合、
アセット(資産)による分類は比較的カンタンです。
株式・債券・不動産・商品(コモディティ)・通貨など。
(シンプルですね..)

しかし、それぞれの資産内で、
どのようにETFを「カテゴライズ」すればよいのかで
迷ってしまうのです。

そのような場合に役立つのが
逆三角形】でETFを仕分けする方法です。

たとえば、
マネー雑誌で「マレーシア特集」を見て、
「おぉ、マレーシアってよさそうだなあ」と思ったとします。

実際、国内ETF、海外ETFの両方で
「マレーシア株式ETF」は存在します。

その際、
1.「マレーシア株式」そのものを
投資対象として選ぶのか、

2.それとも「東南アジアの株式」を
アセットとして認識するのか・・、

3.はたまた「アジア株式」なのか、

いいや、もっと広く
4.「新興国株式」そのものを
投資対象として捉えるのか・・、

これが大きな分かれ目なのです。

逆三角形】のイメージでいうと、

新 興 国 株 式
ア ジ ア 株 式
東南アジア 株式
マレーシア株式

ですね・・。
(実際、それぞれの「投資対象」で
ETFが存在します)

文字通り、マレーシア株式を選べば、
投資対象が明快で、
ワクワク感と面白さを実感できます。

しかし一方、
価格変動の振れ幅(リスク)も大きくなります。
(マレーシアという「一国」の不確定要素を
全身で引き受けるためです・・)

逆に、新興国株式ETFを選べば、
国別の不確定要素(リスク)を
軽減させることができます。
(そもそも投資対象が21ヶ国に跨るため..)

しかし「あんまり面白くないなあ」
という人が出てくるかもしれません。

「マレーシアってよさそう!」と、
一国に投資対象を絞り込む【マインド】は、

グーグル・マップを使って、
所定の場所にフォーカスすることと似ています。

投資対象って、
ピンポイント化すればするほど、
「自分が選んで、賭けている!」と実感しやすくなりますが、
その分、ブレも大きくなる投資となります。

たとえば、デイ・トレードする人にとっては、
新興国株式ETFは(投資対象として)
あまり魅力がないのではないでしょうか。

やはり、マレーシア、インドネシア、
あるいはパキスタン株式ETFにしようかと、
迷い・選んだほうがワクワクすると思います。


1768295.jpg


あなた自身はどうですか?
ワクワク、面白い投資、
売り買いを頻繁に行う投資をしたいですか?

もし、忙しい投資をご希望なら、
ピンポイント化したETF、
つまり、【逆三角形】のいちばん下のETFを
選ぶのがふさわしいかもしれません。

仮にあなたが
「忙しくない投資」をご希望であれば、

【逆三角形】の上のほう、
「広く・浅い」投資対象のETFを
選ばれたほうが無難です。

○ 投資対象をどこまで
【フォーカスするか・しないか】という選択は、
まさにあなたの投資スタイルに直結するのです。

たとえば、株式という地図では、
マレーシアまで絞り込んでいるのに、

債券という地図では、
広く新興国債券という区分で買っている。

逆に、株式という地図では、
先進国株式という区分なのに、

債券では
「オーストラリア債券」と
「トルコリラ建て債券」のみに絞り込んでいる。
(これって、やはりおかしいですよね?)

○ あなたのポートフォリオの中で、
それぞれの投資対象の
フォーカスのし具合】を統一するということも、
実は重要なのです。

【逆三角形】は、商品(コモディティ)等でも
応用できます..。

商 品 指 数
農 作 物
穀 物
小麦  とか。

たとえば、
ブラジル株+先進国株+先進国債券+小麦 って、
いかにも「アンバランス」ですね。

新興国株+先進国株+先進国債券+商品
のほうがしっくりきます・・。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
              晋陽FPオフィス
*********************
3月25日(日)in 東京・大井町【アドバンスコース
5月13日(日) in 東京・大井町【スタンダードコース
5月27日(日)in 東京・大井町【ファンド特化コース




関連記事

| ETFのお勉強 | 18:01 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1593-dbc16112

TRACKBACK

ETFの配置

カンさんの記事「逆三角形からETFを仕分けする・・・」から、触発されて書きました。 カンさんの議論の要約 ETFの地域的カテゴライズ;一国レベルから全世界レベルへ。そして、それ ...

| 目指せ楽隠居! 今を上手く暮らしてよい未来をつかもう | 2012/03/04 12:12 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT