FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新興国全域に投資する小型株ETFが欲しい・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたがもし、新興国に生まれていたら、
どんな心境で毎日を過ごすことになるのでしょうか..。

「現在」の生活水準は
決して豊かとはいえないけれど、
物事が、今日より明日、
よい方向に向かうという「期待感」で

きっと毎日の充実感が
違ってくるのではないでしょうか。

○ ゼロから有が生じる、
このときの人間の「消費欲」というものには、
ある種の「すさまじさ」があります。

4ドアのクルマが手の届くところに見えている。
クレジットカードというものをはじめて所有する。
家族とのつながりでいえば
マイホームは、所有欲の頂点に位置するでしょう。

また、旅行というものが「体験」できる喜びも、
何ものにも変えがたいものがあります。
(もしかすると、21世紀最大の成長産業は
 「観光」になるのかも..)

わたしが好きな新興国株式ETF(VWOやEEM)でも、
十分に新興国の経済成長を捉えることはできますが、

しかし、現在VWOやEEMに組み入れられている
新興国株式は「大型株」です。
国営、あるいは国営に準ずる資源会社や、
インフラ関連の巨大企業や銀行や、

もちろん、そういう会社も大事なのですが、
なんと言いますか、

より、ドメスティックな、
国内の消費成長と共に活気づいていく
「小型株式」にも投資したいと思うのです。

以下、まだ日本国内では購入できませんが、
「新興国小型株ETF」を挙げてみましょう。

・スパイダー S&P エマージングマーケット小型株 ETF
(銘柄コード EWX)

The S&P エマージングマーケット
Under USD2 Billion 指数に連動します。
指数の名前が具体的で分かりやすいですね。

USD2 Billionとは、要するに
時価総額がUSドルで2B(20億ドル)以下の
会社に絞った指数、という意味です。

ファクトシート(PDFファイル)
を見ると、

年間経費率 0.65%
運用開始 2008年5月
保有銘柄 838 と記されています。

また、3月9日現在の
「上位国別組入れ割合」は、

台湾    29.59%
中国    14.23%
南アフリカ  9.31%
インド    9.06%
ブラジル   7.79%
マレーシア  5.87%
インドネシア 3.78%
メキシコ   3.07%
タイ     2.91%
トルコ    2.71%
チリ     2.48%

となっています。


globalcurrency_mainbanner.jpg

注: そもそも、S&P エマージングマーケット
Under USD2 Billion 指数には
「韓国」は組入れ国として入っていません・・。

・i シェアーズ MSCI エマージングマーケット小型株 Index Fund(銘柄コード EEMS)

MSCI エマージングマーケット小型株指数との連動を
目指します。
EEMの弟分と考えれば分かりやすいでしょう。

ファクトシート(PDFファイル)
を見ると、

年間経費率 0.69%
運用開始 2008年11月
保有銘柄 638銘柄 と記されています。

また、昨年12月31日現在の
「上位国別組入れ割合」は、

台湾    18.64%
韓国    17.72%
中国    10.52%
南アフリカ  9.67%
インド    6.81%
ブラジル   6.79%
香港     5.09%
マレーシア  5.05%
インドネシア 5.00%
タイ      3.91%
メキシコ   2.45%
トルコ     2.31%
フィリピン  1.39%

となっています。

新興国株式(大型株)を保有するとは、
その国、地域を空から見渡し、
主要な道路を隈なく視野に入れるイメージ。

一方、新興国小型株式を保有するとは、
その国、地域の駅に降り立ち、
実際に小さな通りの中を歩いて、

モノやサービスを売っているお店を物色し、
それを買う人々をじっくり観察するイメージですね..。




関連記事

| インデックス投資全般 | 12:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1603-c8c41663

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT