FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ITおたく」と「ガツガツ投資家」は同じルーツ?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはどちらかというと文系人間で、
機械とかITとか、あまり得意ではありません・・。

その昔、ウィンドウズ95が発売されたときに、
テレビのニュース映像が
真夜中に行列を作って
なんだか得体の知れないソフト?を購入する人たちを
映し出していました。

「なんかオタクっぽい人たちだなあ」と
わたしは思ったものです。

パソコンに触る人って機械が好きで、
いわゆるコンピュータおたくで、
IT関連の専門用語も、わたしには到底理解できず、
「自分にはちょっと関係のない世界だな..」と感じていました。

(時は移り、)今ではじーじ、ばーばも携帯を操り、
インターネットは
シニア層、学生、ビジネスの現場を問わず、
社会にあまねく普及していますね。

もう誰も、CPU、メモリの話をしたからといって
あなたのことを「オタク」呼ばわりする人はいません。

ITがマニアの趣味的なフィールドから、
社会の公共財へと変遷してきたのが
この20年という時間なのです。

さて、どんな「新しいフィールド」でも
初期の頃にそのモノ・サービスを体験してみる人は、
パイオニア層(開拓層)と呼ばれます。

この人たちは感度が高く、そしてマニアックで
人に先んじて、そのモノ・サービスの価値を嗅ぎ分け、
人に先んじて行動することに喜びを見出します。

◆ 実は、日本では
「投資」という行いは、
まだ、パイオニア層(開拓層)の人しか行っていません。

ここ、とても重要な【事実認識】だと思います。

たとえば、北川さんや、山本さんや橋本さんが
「投資」という行いについて抱く【印象】は、

投資って、
・特別な才能ややる気を持った人たちだけが行う、
・「自分にはちょっと関係のない世界の出来事だよねー
というものでしょう。

注:北川さんや山本さんや橋本さんは、
投資をまだしたことがありません・・。

実は、上記のようなイメージを抱いてしまうのも
半ば仕方のないことなのです。

そもそもパイオニア層(開拓層)は
感度が高く、そしてマニアックで
人に先んじて行動することに喜びを見出す・・、
つまり「オタクな人たち」であるため、

どうしても、
「特別な才能があるよ」
「特別やる気を持っているよ」という
雰囲気を醸し出してしまうのです・・。

特に、投資のパイオニア層(開拓層)は、
目はギラギラで、がつがつと肉食を食べ、
果敢に動き回るオタク系の人が多いのです。

(北川さんや山本さんや橋本さんが
「引いて」しまうのもムリはありません・・)

025-person-illustration.jpg

ところで、数年前から
投資の世界の中で
「インデックス投資家」なるものが出現し、
驚きをもって迎えられています。

「それはなぜ・・?」

はい、彼ら / 彼女らが、
一概におとなしく、ゆっくり草食し、
のんびりマイペースで行動する人たちだったためです。

へえ、がつがつ系でない人も投資するんだ..」
これは新鮮な驚きでしょう。

しかし、上記も
考えてみれば当たり前の話ですね。

◆「インデックス投資家」の出現は、
「投資」という行いに、
パイオニア層(開拓層)以外の
ふつうの人たちが参入し始めた「証拠」なのです。

それまで、専門用語を駆使し、
特殊なテクニックの洗練のみに精進し、
時間もコストも労力もかけて行う、
ある種、特殊なサロンであった「投資の世界」が、

これから長い時間をかけて、
ふつうの人が、ふつうに行う「行為」に
変遷していくと思われます。

北川さん、山本さん、橋本さん。
今後、新たに投資を始める人が増えてくると、

目はギラギラで、
がつがつ系の動き回る投資家に代わって、
おとなしく、粛々と草食し、
のんびりマイペースで行動する投資家が増えてきますよ・・。

それは、
投資が社会のインフラになる過程で
当然起こってくることなのです..。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
              晋陽FPオフィス
*********************
3月25日(日)in 東京・大井町【アドバンスコース
5月13日(日) in 東京・大井町【スタンダードコース
5月27日(日)in 東京・大井町【ファンド特化コース




関連記事

| 抱負・個人的に思うこと | 15:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1606-a9167db6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT