FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ETFとインデックス・ファンドの違いって?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たまには「基本」に還りましょう・・。
(なぜだか分からないのですが、
今、わたしの合言葉になっています)

さて、コンサルティング業務の中で、
しばしばいただく質問が、

「カンさん。それで、
ETFとインデックス・ファンドはどう違うの?」
というもの・・。

ETFの中身は「ファンド」そのものであり、
それが、証券取引所に上場して
「株(かぶ)」と同じように
売り買いできるようになったのですが、

まあ、中身といいますか、本質を見れば、
ETFも「ファンド」であるわけです。

あらかじめお断りしておきますと、
「ETFとインデックス・ファンドって
ほとんど【違わない】のね!」
が、大前提であります。

ここでは、あえて「違い」を際立たせ、
お話をさせていただきます。

その1)最低購入単位について

インデックス・ファンドであれば、
主要なネット証券、ネット銀行などで
「1,000円」から、つみたての形で購入ができます。

※ 4月20日(金)から
カブドットコム証券では(ナント)「500円積立」を開始!

ETFは(個別株に比べると)
すごーく購入単位は低いのですが、
それでも1万円~数万円程度の「資金」が必要です。

(国内に上場するETFの場合)
まあ、これでも十分に低いのですが・・・。

その2)金額ベースで買えるか否か。

前述しましたように、
インデックス・ファンドでは
「すみません、
このインデックス・ファンドを5,000円分ください!」
と言えます。

つまり【金額ベース】での
購入・解約ができるということ・・。

ところがETFでは、
「すみません、
このETFを1万円分ください!」とは言えません。

それは、トヨタの株を
「40万円分ください!」と
言えないのと同じです。

トヨタの株は、
「すみません、100株分ください!」と言いますね。

それと同じように、ETFも
【口数単位】の買い・売りしかできないので
ここは注意が必要です。

たとえば、売買単位が10口であれば、
10口単位での売り・買いですね。

つまり、ETFは毎月定額で
積立てていくような投資には向いていないのです・・。

ついでに言いますと、
購入時手数料のところでは、
インデックス・ファンドは「無料」に出来ますが、
ETFは基本的には「売買手数料」がかかります。

その3)機動性があるか・ないか。

ETFは(特に、国内市場に上場するETFは)
買うときに、
ほんとうに「その瞬間」に買うことができます。
(マーケットが開いている間・・)

売るときも、「市場価格」を見て、
「その瞬間」に売却注文を出すことが可能です。

一方、投資信託は
【1日1度しか値段が付きません】から、
購入時も、解約時も、注文を出すときは、

いくらで買えるか、いくらで売れるかは、
まだ「分かっていない」のです。


無題


その4)けいぞくコストについて

インデックス・ファンドも十分
「けいぞくコスト」が安いのですが、

ETFは(インデックス・ファンドに比べても)
信託報酬と呼ばれる【けいぞくコスト】が
安くなります。

これには2つの理由があります。

ひとつは、
ETFでは「受益証券」そのものを
売買の対象とするため、

◆ ETFという「ファンド」内では、
現金の出入りがなく、
かつ、銘柄の売り買いも行われないのです。

なんと言いますか・・・、
(はっきり言って)
仕事量が「少なく」
やることがあまりない状態です..。

結果として(インデックス・ファンドに比べても)
「けいぞくコスト」が安くなります。

もう、ひとつは、
ETFは株式市場に
「ひとつの銘柄」として上場しているため、

◆ 私たちから見ると、
【販売会社】というモノが存在しないのです。

その分、けいぞくコストである
「信託報酬」が安くなります。

(※ 投資信託では、信託報酬を、
販売会社・運用会社・受託会社の3社で分け合うため)

その5)分配金について

ETFの場合、
【分配金を受け取る】という選択肢しかありません。
必ず、自分の口座に入ってきてしまうのです。

ところが、インデックス・ファンドなら、
「分配金の自動けいぞく投資」を選ぶことで、
分配金を「無手数料」で
自動的に再投資することができます。

よく申し上げる話ですが、
人はお金を【受取ってしまう】と、
何かに使いたくなってしまうもの..。

実はETFの「分配金」については、
欧米の一部の証券会社が実施している
DRIPs(分配金再投資プログラム)というものがあります。

日本の証券会社もこのDRIPsを
ぜひ取り入れてほしいと思います..。

※ DRIPsとは、本来的には
個別株式の「配当」を自動的に再投資する
プログラムのこと..。

ETF イメージ




関連記事

| ETFのお勉強 | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1618-26639132

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT