FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

竹川美奈子さんの提言資料「投資家目線でみた投資信託の現状と課題」


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

おそらく、「このままでは行けない」と、
真に感じているのは、
投資信託という商品に携わっている
業界関係者の人たちでしょう。

潜在需要を開拓せず、
とりあえず資産があり、
営業によって説得しやすいシニア層に、
高コストでしくみが複雑な投資信託を売り、

まるで1年前の営業トークはなかったかのように
新しいファンドを勧めたりする・・。

―こんなその場しのぎの事業を
いつまでも継続できるわけがない。ー


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg


金融庁 WEBサイト金融審議会
「投資信託・投資法人法制の見直しに関するワーキング・グループ」内の、竹川美奈子さんの作成資料

資料3【投資家目線でみた投資信託の現状と課題
を見ていただくと、

投資信託という商品が、
【いかに歪んだカタチで消費者に紹介されているか】が
よく分かります。

(この資料は一読の価値アリ、です。
消費者の方にも、業界の関係者の方にも
ぜひ読んでほしいと思います・・)

とくに「その通り!」と思ったのは、
問題点③その他のところ..。

顧客の預金口座を通じて
資産情報を容易に入手できる銀行には、
投資信託の勧誘行為に関して
一定のハードルを設けるべきだと思います..。




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 11:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1628-0953ecc8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT