FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

円建てで投資信託を買っても、国際分散投資になりますよ!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

とてもベーシックなことですが、
セミナー、コンサルティングで繰り返し聞かれることがあります。

「カンさん。円建てで海外債券のファンドを買ってしまうと、
通貨分散は出来ないんですよね・・・。」

・・いいえ、出来ます!

たとえば、海外債券のインデックス・ファンドに
興味があるあなた。
ちょっとこんな想像をしてみましょう。

今あなたは、基準価格が11,087円の
【先進国債券インデックス・ファンド】を
100万円分買いました。

ここでは話を「単純化」するために、
【先進国債券インデックス・ファンド】の中身を、

アメリカドル建て国債 40%(40銘柄)
ユーロ建て国債    40%(40銘柄)
豪ドル建て国債    20%(20銘柄)
としましょう。

「あのー、カンさん。
ファンドの値段 基準価格は、
11,087円 と記されていますが・・」

あっ、はい、分かっていますよ・・、
それは、今は気にされずに・・。

(ところで、)
そもそもファンドの値段【基準価格】って、
どうやって出てくるのでしょう??

ファンドの純資産残高 ÷ 総口数 ×10,000
  = ファンドの基準価格
(ここでは負債はないものとします)

あれ? では、
そもそも、ファンドの【純資産残高】って?

ファンドの「純資産残高」は、

アメリカドル建て国債 40%(40銘柄)
ユーロ建て国債    40%(40銘柄)
豪ドル建て国債    20%(20銘柄)
「集合体」です!

(ここではキャッシュ等はないものとします)

つまり、あなたはおサイフから、
100万円という「円建て資産」を出して、
たまたま
【先進国債券インデックス・ファンド】を買ったのですが、

◆ あなたの100万円は、
USドルや、ユーロや、豪ドルに
その姿を変える】のです・・・。 ← ここ、重要。

※ 円は「決済通貨」にすぎません。

あなたは、複数の「外貨建て債券」という資産を
保有する投資家、なのです・・。

そして、当然のことですが、
ファンドの【純資産残高】は毎日変動します・・。

「どうして、
【先進国債券インデックス・ファンド】の純資産残高は、
毎日「変動」するのですか?」

はい、いい質問です。

ここでは、
新たにファンドを買ったり・売ったりする人が
「いない」と仮定しますが、

ファンドの【純資産残高】が
毎日「変動」するのには「2つの理由」があります。

1.アメリカドル建て国債
ユーロ建て国債   
豪ドル建て国債   

という、
債券の値段が、毎日【変わる】からです。

2.そして、
USドル
ユーロ
豪ドルの、

日本円に対する「レート」も、
毎日【変わる】ためです。

「???」

えーっとですね、
ここでも話を「単純化」させるために、

今、
アメリカドル建て国債 
ユーロ建て国債    
豪ドル建て国債 という債券の【価格】は、

昨日から「変わっていない」ものとします。

ただ、
「USドル」は「円」に対して高く、
 ドル高【円安】に、

「ユーロ」は「円」に対して高く、
ユーロ高【円安】に、

「豪ドル」は「円」に対して高く、
豪ドル高【円安】になっているとします。

つまり、3つの通貨は
いずれも円に対して「高く」なっています。
(=【円安】になっています)

したがって、

◆ 昨日の基準価格 11,087円 が、
今日は 11,163円 になったりするのです。
(ファンドの【値段】が上がっている!)

※ 逆の場合も、しかりです。

債券そのものの「価格」は変わっていなくても、
3つの通貨が
いずれも円に対して「安く」なっていれば、
(=【円高】)

昨日に比べて、基準価格は【下がり】ます・・。
(頷いていますか??)

◆ つまり、円建てで
【先進国債券インデックス・ファンド】を買っても、
その円は「決済通貨」にすぎず、

「為替のリスク」はずーっと
背中に背負い続けるということ・・。

換言しますと、
USドル建てで示される
アメリカドル建て国債の【価格】、

ユーロ建てで示される
ユーロ建て国債の【価格】、

それに、豪ドル建てで示される
豪ドル建て国債の【価格】とも、

毎日、毎日、雨の日も風の日も、
魚を食べた日も、肉を食べた日も、

わざわざ【円建て】に「換算」して
「集合体」として足し算され、

そして、
「円建てベース」の【基準価格】として
出されているだけ、なのです・・。

(わざわざ
「円建て」に直してくれているのです!)

したがって、円建てで
【先進国債券インデックス・ファンド】を買われたあなたは、
別に豪ドル建てMMFも、
ドル建ての債券ファンドも保有される必要はありません。

立派に、
国際分散投資をされているわけですから・・。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1650-16623e14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT