FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

塩漬けファンドはどうする?(投資信託の引越し作業とは?)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

弊所コンサルティングの約半数は、
「すでに投資をされている方」がお客様です。

したがって、避けて通れないのが、
「じゃあ、
今保有しているファンドはどうすればいい?」
という【問題】・・。

ほんとうは前に進みたいのだけれど、
現に保有してしまっている投資信託、

= いわゆる「塩漬けファンド」が足かせになって、
なかなか前に進めない・・。


そんなあなたに、
ひとつ「質問」をさせてください。
(といっても、とてもシンプルです)

ちょっとこんな「想像」をしてみましょう・・。

今あなたが保有している投資信託8本、
FXの豪ドルポジション、

南アフリカランド建ての債券(2016年満期)など、
すべての【運用資産】が、

あなたの知らぬ間に突然、
すべてキャッシュ(現金)になってしまっています。


あらら、タイヘンです!
目の前にあるのは【現金のみ】です・・。

こんなことが起こってしまったら、
あなたは、
今、目の前にある670万円のキャッシュで、

かつて保有していた投資信託や
FXの豪ドルポジションや、
ランド建ての債券などを、

再び購入しますか??

また、同じモノを買いますか??
(よーく考えてみてください・・)


多分、NOですよね。
買いませんよね・・。

だとしたら、
あなたは(本当は)
現に保有してしまっている投資信託を、

別のカタチ、
【ほんとうに持つべき投資信託】に
「お引っ越し」させたいはずなのです・・。



ここでのポイントは、
『現に保有してしまっている投資信託を、
売るのか、売らないのかが重要ではない。』
ということ。

ポイントは、
「現に保有してしまっている投資信託」を、

【真に保有すべき投資信託】に、
引っ越し】できるかどうか、
ということです。


勘のいいあなたはもう、
お気づきですね。

この【引越し作業】を貫徹するためには、
まず【引越し先】を決めなければなりません。

つまり、
「真に保有すべき投資信託」、

⇒ 真に保有すべき金融商品群からなる
【ポートフォリオの決定】が不可欠なのです。
     ここ、重要。↑


引っ越しチェック1-300x225


まあ、実際の【引っ越し】なら、
誰もが経験あると思います。

アート引越しセンター、
アリさんマークの引越社などに頼めば、
神戸から東京への引越しも
「一度」で完了します。

では、
現に保有してしまっている投資信託から、
真に保有すべき投資信託への【引越し】も、
一度」にするべきなのか?

いいえ、
「一度」にする必要はありません。


◆ 私たちは誰でも、

「あの投資信託を、
○○○○円で買ったしまったワタシ症候群」
の犠牲者です。

一度に、
そのファンドを解約しようとすると、
どうしても買った値段が
目の上のたんこぶのように思い出されます。

それに(たとえば)670万円分の
資産を売って、

同じ金額ベースの資産を一度に買う、
ということは、心理的な負担も伴います。

ここは
江戸時代の引越しを思い出してほしいのです。


??


つまり、荷車を用意して、
【引越し元】から【引越し先】へ、
少しずつ「荷物」(資産)を移動させるイメージです。

たとえば、【引越し元】から
あらゆる「荷物」(資産)を規則正しく
1/5ずつ移動させ、

【引越し先】へ1/5ずつ運び込む・・。

(売るべき資産を1/5売ったら、
すぐに買うべき資産を1/5買うということです)

【引越し元】から出した荷物は
すぐに【引越し先】へ運ぶ、

(すなわち、売りと買いの間に
「タイムラグ」を設けない・・)



上記のような
ルール」を守れば、

○ 現に保有してしまっている投資信託は
安く売った。(でも)

○ 真に保有すべき投資信託も安く買えた。
ということになりますね..。


【引越し作業】のポイントは、

1.あらゆる「荷物」(資産)を平等に動かす
2.同じ周期で動かす(例 1ヶ月に1回)
3.同じ金額ベースで動かす

(資産価格の1/5ずつ、1/10ずつ、というように)

この【引越し作業】を
的確にこなすことでしか、
塩漬けファンドの問題は解消できません..。

よーく考えてみてください。

たしかにあなたは投資信託を8本、
5、6年保有してきたかもしれませんが、

これまでの投資期間(5、6年)よりも、
これからの投資期間(30年、40年)のほうが
うんと長くなるはずです・・。


だったら
早く【引越し作業】をしてしまったほうが、
すっきりすると思いませんか?

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1656-caaeb42c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT