FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新興国株式ミニマム・ボラティリティーETFについて


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

平たく言いますと「市場平均」は
ヒトの認識によっていくらでも作り出すことが出来ます。

たとえば、
埼玉県在住の、SEの経験が5年以上あり、
お酒を飲まない、かつタバコを吸わない、

体重60キロ以下の、私立大学文系出身の
30代独身男性。
という「平均」を作ってもよいわけです。

(なるほど・・)

どこからどこまでを「市場」と見なすかによって、
「市場平均」の概念は変わります。

こういうETFも、今のご時勢を反映して
生まれてきたと思うのですが、

新興国株式の中から、
価格変動が小さい(ボラティリティーが小さい)銘柄を
ピックアップして、

MSCIエマージングマーケット・ミニマムボラティリティー指数
というものを創出しています。

そして、その指数との連動を目指すETFが
昨年アメリカ市場に登場しています。
(残念ながらまだ日本では購入できません..)

i シェアーズMSCI エマージングマーケット・
ミニマムボラティリティー・インデックスファンド

(銘柄コード EEMV)

ちなみに、
MSCIエマージングマーケット・ミニマムボラティリティー指数の
【親・指数】はもちろん、
MSCIエマージングマーケット指数です。

【親・指数】に組み入れられている銘柄の中から、
ボラティリティーが低い銘柄を
ピックアップしているわけです・・。

ただし、セクターや国別組入れが偏ってしまわないよう、
【親・指数】から、業種や、国別組入れの割合が
プラスマイナス5%以上かい離しないようにする、
という【縛り】を設けています。

結果としてですが、
MSCIエマージングマーケット・ミニマムボラティリティー指数の
組入れ銘柄は、

下落相場でも底堅い値動きをしやすい「ディフェンシブ銘柄」
具体的には、公益関連、ヘルスケア、消費関連の株式が
多くなっています。

また、MSCIエマージングマーケット指数に連動する
EEM(というETF)と「国別組入れ」を比較すると、

EEM(6月26日現在)
保有 840銘柄  運用開始 2003年4月

中国    17.49%
韓国    15.04%
ブラジル  12.95%
台湾    11.00%
南アフリカ  8.00%

に対し、

EEMV(6月27日現在)は、
保有 214銘柄  運用開始 2011年10月

台湾    15.56%
中国    12.67%
韓国     9.95%
マレーシア  8.49%
ブラジル   8.48%

となっています。
(マレーシアが多いですね..)

驚いたのは、EEMVの年間経費率が
0.25%である点です。
ファクトシートを見てみると、

Management Fees 0.69%
+ Acquired Fund Fees & Expenses ‡ 0.00%
= Total Annual Fund Operating Expenses 0.69%
− Fee Waivers * 0.44%
= Net Expenses * 0.25%

Fee Waivers という欄があり、
運用会社が2014年12月31日まで
年間経費率を0.25%に抑えるために、
残りの報酬部分を放棄する旨が記されていました。

(こんなことがあるのですね..)

しかし、当該ETFは
打ち出の小槌ではありません。
今のような下落局面では(EEMに比べると)
マイナス幅が縮まりますが、

マーケットの上昇局面では(EEMに比べ)
リターンが小さくなってしまいます。

eem と eemv

わたしには(どうも)
時節的な商品に見えてしまいますが、
投資家の選択肢が増えるのはよいことだと思います..。

その他、i シェアーズでは
「米国」「北米除く先進国」「新興国」
「先進国および新興国」(オール・カントリーズ)でも、
ミニマム・ボラティリティー型のETFを運用しています。

(いずれも既存のETFの派生型です..)

また、他のETF運用会社も
いわゆる「低リスク型のETF」を相次いで設定しています..。

マーケット的には、低リスク型の金融商品が
流行らなくなるのがいちばんよいのですが・・。

【追記】
MSCIオールカントリーワールドインデックスの
「ミニマムボラティリティー版」
i シェアーズMSCI All Country Minimum Volatility ETF(ACWV)もあります..。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 13:19 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1673-95e0c7f3

TRACKBACK

「EXE-i 新興国株式ファンド」のETF投資比率が変わったらしい

こんにちは。 kenzさんのブログで知ったのですが、「EXE-i新興国株式ファンド」のETF投資比率が2月から変わっていたとのことです。 EXE-i 新興国株式ファンド 2つの海外ETFの投資比率を変更 (インデックス投資日記@川崎)

| スープカレー大好き!サラリーマン投資家によるコツコツ投資・資産形成ブログ | 2014/04/20 21:23 |

EXE-i 新興国株式ファンドの内容を確認してみました

SBIアセットマネジメントから『シンプル』&『低コスト』をコンセプトとしたパッシブファンドEXE-i(エグゼアイ)が発表されました。 関連記事:なんじゃあこのFoFは!?(2013.03.26)

| ちんあおの小さなお金のブログ | 2013/03/29 06:57 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT