FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仕事と投資とスプーン一杯の幸せと・・ その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(先日のおさらいです..)

多くの人間は、
仕事を通じて社会と【接点】を持っており、
いくら稼いでいる、ということ以前に、

仕事をこなすことで
(社会の中での)自分の「立ち位置」を確認している・・
とお話しました。

じゃあ、どうして私たちは「稼げて」いるのでしょう?
??
答えはカンタンです。
それは、あなたが【誰かの役に立っている】からです。

このコラムを読まれている人の多くは、
「会社」の中で、
それぞれの仕事をこなしていると思います。

(シンプルに考えて、)
「会社」が稼げていないと、
あなたは稼げません・・・。

(「会社」が稼げているからこそ、
あなたに「給与」を渡す余裕が生まれるわけです)

その「会社」が稼げているのは、
もちろん、
あなたの「貢献」があるからですが、

会社そのものが、社会に対して、
具体的には「消費者」「取引先」に対して、
価値のある商品、サービスを提供できているからですね。

これってすごいことです。
たとえば、従業員10万人の大企業も、
最初はたったひとりの創業者から始まったはず・・。

ひとつの「会社」が成長し、
立派に稼げていて、
それが何十年にもわたって続いているというのは、
本当にスゴイことです。

さて、
ここに「お金儲けは悪いことだ。」という、
根拠のない思い込みに浸る
ひねくれ太郎さん」が登場します。

―あのさ、利潤を上げるのは、一種の搾取でしょ。
商売人って、結局のところズル賢く、
一銭でも多くかすめ取ろうとする輩なんだよ。―

んー、こういう固定観念って、
いまだにありますよね。
また、ひねくれ太郎さんはこうも言います。

―あなたが【誰かの役に立っている】から、
お金が稼げています。だって!
偽善だよ。

ほんとに【誰かの役に立ちたい】と思ったら、
無償で、モノやサービスをあげるべきだろう。―

あのー、
わたしの意見、よろしいでしょうか?

ひねくれ太郎さんは、
どこか・本質のところが・抜けていると
わたしは思います。

なぜなら、
「お金儲けは悪いことだ。」と呟く太郎さんそのものが、
一消費者として、モノやサービスを購入しており、
日々、会社のお金儲けに立派に【貢献】しているからです。

言葉は悪いかもしれませんが、
「お金儲け」をしている会社も、
その会社が作る商品を買っている太郎さんも、

同罪」ではないでしょうか・・。
(もし、お金儲けが悪いことだとすれば・・)

太郎さんが真に「お金儲けは悪いことだ。」と思うなら、
インドの仙人(サドゥー)のようにすべての財産を捨て、
人里離れた場所でひっそり生きていくべきでしょう・・。

また、【誰かの役に立ちたい】と思ったら、
無償でモノやサービスをあげるべきだろう、
という言い方も、考えてみれば、ちょっとおかしいですね。

無償で、モノやサービスをあげていたら、
モノやサービスを作り出す本人が「食べられなくなり」、
その結果、
モノやサービスを継続して提供することが出来なくなります。

結果、困ってしまうのは誰でしょう?
そのモノやサービスを買っている人たちですよね。

利潤というものは、
モノ、サービスを提供し続けるために必要なものです。

つまり、「お金儲け」はいいことです。
(ちょっと強引ですか?)

儲けた「お金」があるからこそ、
人はその「お金」を消費に回せるわけです。
利潤」を得るとは、
経済という大きな歯車を回す円滑油を作り出すことです。

もう一度、言います。
「お金儲け」はいいことです。

太郎さんは、お金儲けをする人は、
ズル賢くて、
かすめ取ろうとする輩。と言っていますが、
そんなことで、果たして利潤が得られるのでしょうか・・。

お金を儲けるためには、相手のことを
徹底的に考え抜かないといけません。
そこには、
共感や、創意工夫や、チャレンジ精神が求められます。

実は、上記はヒトが二本足で歩き始めて
腰痛に悩まされ始めたときからやっていることなのです。

(・・・さて、このあたりまでは、
皆さんに「うん、うん」と
頷いてもらえると思うのですが・・)

会社で働いている人の多くは、
「えっ、投資、ですか?
それはボクにはちょっと関係ないですが・・」という
発言をされます。

つまり、お金儲けまでは理解できても、
投資となると、心の中に捉えどころのない
違和感」が生まれてくるのです。
(それはいったいなぜなのでしょうか?)

似顔絵




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1686-13d8853b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT