FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

資産運用ルール☆書き出しのススメ その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

米国において
ファイナンシャルプランナーが「資産管理の助言者」として
一定の支持を得ているのは、

資産運用という茫漠とした行為を、
完全に「パーソナライズ」した点にあるとわたしは思います。

洋服でいうと、
「既製服」のみであった世界に
「オーダーメイドの服」を持ち込んだようなもの・・。

体にフィットする服を「パーソナライズ」するように、
あなた自身にフィットする資産運用の中身を作り上げる・・。

その際、
あなたがこれから辿る「資産運用の旅」を、
まさしく【旅行・全行程表】の如く、
こと細かく規定したものが「資産運用の規則」なのです。

ちなみに、米国では
この資産運用のルールを体系化したものを、
【Investment Policy Statement】(投資政策書
と呼んでいます(略するとIPSです....)

(FPの方で、投資政策書に興味がある方は
ウェルス・マネジメント―FPのための資産最適運用の実践ガイド】のご一読をお勧めします。※ 現在、中古のみの取扱い)

さて、昨日の
「資産運用の規則」の続きですよ。

5.使用金融ツール
たとえば、安全資産は、
預金、個人向け国債、MRF、円建てMMF等で保有する。

リスク資産は、
インデックス・ファンド、ETF等で運用する、などと、
しっかり規定しましょう。

資産対象○○については、
アクティブファンドで保有する。

あるいは、
資産対象○○については、個別銘柄で保有する。
などの「追記」があっても構いません...。

6.使用金融機関
いわゆる「窓口」となる、銀行、証券会社のこと..。
(できれば、1社、2社程度に絞込みましょう..)

7.投資の執行方法
・毎月ベース
・まとまったお金
・余剰資金

これは、すでに投資を行っている人も
確認作業」として書き出してみてください..。

毎月ベースでは、
月○万円、つみたて投資を実施する。
ボーナスからは年2回
○○万円をつみたて投資する。

まとまったお金については、
○○○○年に○○○万円ずつ、投資の執行を行った、など。

都度発生する【余剰資金】については、
ポートフォリオ(資産配分)に従い、
追加投資を行うものとする...など。

あるいは、将来起こることがわかっている
「追加投資」があるかもしれませんね。

たとえば、
2018年に養老保険の満期金200万円の
「追加投資」を行う、

また、
○○○○年に、○○○の事由で
「追加投資」を行う予定...、などと
書き出しておきましょう。

8.リ・バランス
ここからは、
純粋な【メンテナンス作業】となります..。

余談になりますが、
私たちが運用という作業に関わる時間のほとんどは、
じつは「メンテナンス作業」なのです。

(2年、3年と
ちょっとメンテナンスをサボってしまった人も、
今一度トライしてみませんか?)

ポートフォリオを堅持するために、
「6ヶ月に1回」リ・バランスを実施する。

・余剰資金を投入できるときは、
割合が減った資産を買い増しする。

・余剰資金がない場合は、
割合が増えた資産を売却し、その資金で
割合が減った資産を買い増しする、
と記してください。

★ そして、もっとも大切なこと、
それは、リ・バランスを行う月を、
【7月、1月】というふうに書き出す..ということ。
(できれば、スケジュール帳にも記してください!)

⇒「リ・バランス」を行うとは、
ちょっと疎遠になっている自分の資産と
久しぶりのスキンシップを行うことです...。

9.資産の引き出し
あなたが資産運用を行う目的は、
ポートフォリオから資金を引き出し、
それを有意義に【使うこと】です!

たとえば、
・長女と次男の教育費のために、
○○○○年 100万円「引き出し」
○○○○年 200万円「引き出し」 と記す。

・セカンドライフにおいて、
毎年 ポートフォリオの○%「引き出し」

あるいはもっと細かく、
65歳~70歳まで  ○%の「引き出し」
70歳~75歳まで  ○%の「引き出し」
75歳~80歳まで  ○%の「引き出し」
80歳以降~    ○%の「引き出し」

でも結構です。

いかがでしょうか・・・、
「なるほど、
資産運用のルールを書いてみるのも良さそう...」
と思われたら、ぜひ書き出してみましょう。

「いつ?」
えっ、今すぐにです....(^^ゞ

きちんと、
作成日 2012年7月28日署名・・・
まで記せたら、大したもの...。

マーケットが時にくしゃみをしようが、
風邪をこじらせようが、
「資産運用のルール」を掲げておけば、
それがあなたの【行動規範】となります..。

マーケットが活況を呈しているとき、
マーケットが坂道を転がるような惨めさを醸し出すとき、
人は宿命的に
「動きたくなるもの」です・・(笑)

そんな時に、
あなたの行動を支えるのが
「資産運用のルール」なのです。

これから運用を始める人も、
もう、資産運用を始めて3年目に入る人も、

一度、マーケットから離れていて、
また戻ってきた人も、
最近、運用では「倦怠期」に入っている人も、

これをきっかけに
「資産運用ルール」を書き出してみませんか?

似顔絵




関連記事

| ポートフォリオ運用 | 08:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1693-f038eee8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT