FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

先に歩いている者は「優位」を過信します


こんにちは、カン・チュンド です。

世界地図 をさくっと
「ふたつに」分けてみますと、

北米・欧州・日本 などが
先進国群 と称される地域 です。

そして、先進国群 以外の地域 は
更に「ふたつ」に分けることができます。

・新興国群(エマージング・カントリーズ)
→ 文字通り 勃興しつつある国々 ということです。

・その他の国・地域
(デベロッピング・カントリーズ
開発国 とでも云いましょうか・・)

→ まる1日テレビのニュースを見ていても
登場する可能性が極めて低い国々です。

今日は 新興国群
(エマージング・カントリーズ)に
的を絞ってお話しますが、

(果たして)先に歩いている者は
後から追いかけてくる者を
「どんな気持ち」で見守っているのでしょうか?

「おお、あいつ、ほんとうに大丈夫なのかな?」
「まさか、俺たちと同じ場所には来れないだろ、」

先に歩いている者は
先に歩いている「地点」から、
後ろを振り返ります。

そして 自らの経験 を「座標軸」にして、
後から追いかけてくる者を見ます。

先 に歩いている者は
(先 に歩いているが故に)
その【優位】を過信してしまうのですね。

歴史を振り返れば、
先に歩く者 は常に入れ替わってきました。

先に歩く者が(もし)追いかけてくる者を
シニカル に見つめていたりすれば、
それは 自分自身の
【焦り】なのかもしれませんね。

新興国群(エマージング・カントリーズ)
に住む 何十億人 という人々が、

テレビを買い、携帯電話で友達と話し、
クルマを運転するという <経済ステージ> に達しています。

「おいおい、そんなに無理しなくったって、」
「もうちょっと環境にも気を使いながら・・」

先に歩いている者は
言いたくなりますが、

自分自身がやってきたことですから、
大きな顔 はできないのです(笑)

いつ、先に歩く者が入れ替わるのかは、
そんなに重要ではありません。

重要なことは 人々が歩く道、
その 道幅 が広くなっていることです。
(これはすばらしいこと!)

私たちは投資を行う者ですから、
(少なくとも)これから
追いついてくる者たち、

それらの人々の エネルギー
(欲)に注力しなければなりません。

MSCIエマージングマーケッツ・インデックス・ファンド
という ETF があります。

このETFは、アメリカの
アメリカン証券取引所に上場し、

MSCIエマージングマーケッツ指数 に
連動することを目指します。

(信託報酬 0.75% 純資産額 約20億ドル 
 組み入れ企業数 252社 いずれも 9/30 現在・・)

運用会社である
バークレイズ・グローバル・インベスターズ の
HPは こちら( i Shares )
 
上記ETFの 対象国 は、
アルゼンチン、ブラジル、チリ、中国、コロンビア、チェコ、
エジプト、ハンガリー、インド、インドネシア、イスラエル、
ヨルダン、韓国

マレーシア、メキシコ、モロッコ、パキスタン、ペルー、
フィリピン、ポーランド、ロシア、南アフリカ、台湾、
トルコ、ヴェネズエラ です。

カントリーリスク を分散し、
かつ 通貨 の分散も(自然に)行えますね。
(コストもリーゾナブルです)

そして上記 ETF は、
「より豊かな生活がしたい、
夢を持って人生を生きたい」と願う

かの国の人々のエネルギーを汲み取る
「金融商品」なのです。



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/173-3abb82bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT