FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2005年、世界をぐるりと見渡すと・・ その3)


新年おめでとうございます、
カン・チュンド です。

本年も 当コラムを
どうぞよろしくお願い致します。

さて、毎年お話していますが、
投資 を 年初 → 年末 という
「1年」で区切って考えるのはよろしくありません。
(危険ですらあります・・)

・2005年の株式市場を占う!
・今年の金融商品 これがイチ押しだ!

という 扇情広告 に
毒される可能性が 大 ですよ。

(もしあなたが1年間の短期レースを競うのなら、
どうぞ がんばってください・・笑)

さて(年初からいきなり質問ですが)

(ほんとうは 飛行機で)
2時間くらいで行けるのに、
直行便 がない国はどこでしょうか・・?

答え)北朝鮮 です。

かの国は世界フィールドの中で
頑なに段ボールを囲い、
孤高 と 閉鎖 を決めこんでいます。

しかし、北朝鮮という国でも
時 は経過するのです。

今の体制 が崩れたら、
いったい何が起こるのかというと(それは)

上下 が 逆さま になるような
「大きな変化」であり、

では その「変化」の中ですべてが
消えてなくなってしまうのかというと
そんなことはないのです。

(たとえ)革命 が起こったとしても
人は歯を磨き、ご飯を食べ、
用を足し(すなわち)欲 を持ち続けるのです。

そして 新たな人の活動
=「経済」を始めます。

北朝鮮の現体制 が崩壊した後 を見据えて、
かの国(あるいは地域)に

「今から 投資 をしたいな」とわたしが思ったら、
あなたは驚かれますか?

現体制の 崩壊 を予測して
(北朝鮮の)住宅居住権 を買い漁る人が
(もし)いたとしたら、あなたは驚かれますか?

また(つい3年ほど前に)
世界を騒がせた アルゼンチン ですが、
(そうです、経済危機と云われた かの国です)

その後どうなったのでしょうか?
(こういうフォローをマスコミはまったくしていない!)

国自身が「借金」を返せないと宣言してしまう
(デフォルト宣言した)国 ですから、
株式の価値 も
なくなってしまったのでしょうか?

(いえいえ、そんなことはありません・・)
12月22日の日経新聞によると
「アルゼンチン株 最高値を更新」とあります。
 ん?

アルゼンチンの代表的な株価指数
「メルバル」は
12月21日 1325.29 で引け、
過去最高値 を更新しました。

これは一体どういうことなのでしょう?

答え)
株価 とは
未来 に対する【期待値】なのです。

国が借金を返さない、
米ドルへの両替をストップする、
預金封鎖をするような国においても、

● 株式市場という「いちば」が
  消えてなくなることはないのですね。
(まして いちばの価値 が
 ゼロになってしまうこともありません・・)


皆さん、
人の欲 =「経済」とは果てしなく続き、
(かつ)しぶといものなのです。

この「しぶとさ」を利用して、
世界の経済は今年も廻っていきます。

どうか 長い時間スパン を持って
「投資」を行ってください。

「恭喜発財」・・ 皆さんが儲かりますように(笑)



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/174-016898a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT