FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっと待って! なんとなく投資を始めてみようと思っている貴方へ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

まあまあ、そんなに慌てないで・・、
ちょっとここに座って
ホットココアでも飲んでください。

あのですね、
お気持ちはよーく分かるのですが、
何事も「焦り」は禁物ですよ。

そりゃあ、
お勤めの会社の業績が思わしくなく、
給与がカットされるというのは「一大事」です。

でも、だからといって、
(つまり、お金のことで不安が募っているからといって)
安易に「投資」に走ってしまうのはどうでしょうか・・。

もしかすると、それって
いちばん【危険】なことかもしれません。

「上手に金融商品を選んで
とりあえずそっちで稼いでおこう」というのは、
安易で、(実は)もっとも避けなければいけない
思考パターン」なのです。


えっ!
ああ、そうなのですか・・、
もう「本屋さん」に行ってしまったのですか・・(^^ゞ  

いえいえ、それはあなたのせいではありません。
誰でも【投資】という言葉にスイッチが入ってしまうと、
とりあえず、情報を入手しようとするものです。

そして、真っ白な気持ち、
真っ白な状態で本屋さんに入ったなら、
「FX」の本
手が伸びてしまうのは無理からぬこと・・。

だって、「FX」の本って、
いちばん儲かりそうに書かれているじゃないですか。

なんと言いますか、
自分が「主人公」になって、
マーケットの中で正しい判断を下して利益を出す、
みたいな・・。

実際、FXのいちばんの特徴は
「儲かるか」「損するか」がすぐ分かることです。
(ちょっとパチンコに似ていますね・・)


○ しかしながら、
「儲かるか」「損するか」がすぐ分かることが、
 よい投資の証し、ではありません・・。

(実は「通貨」を買うよりも、
「債券」や「株式」を買ったほうが、
期待リターンはずっと高いのです・・)

ところで、
あなたが職場の同僚と、
(工場の移転話のついでに)
ちょっと【投資】の話になった場合、

おそらく、こう聞かれると思うのです。
「で、なんの株、買っているの??」

つまり、世の中の多くの人たちは、
投資と聞くと、
株(かぶ)⇒ 個別株 を買って、

それを上手に売って、
数万円から数十万円儲けることだと思っているのです。
(これを【思い込み】と言います!)

もちろん、
上記も【ひとつの】投資のやり方です。

でも、上記は数ある投資のやり方の
「ひとつ」に過ぎません。


ぜひ、あなたには、
世の中には
実にいろいろな「投資のやり方」がある、
ということを知ってほしいのです。

○(別の言い方をすると)
あなたが思っている【投資】のイメージが、
【貴方にふさわしい、
実行すべき投資】とは限らないのです・・。

わたしは思うのですが、
正直言って、
世の中に溢れる【情報】の9割ぐらいは、

「なにか商品を買って、
それを上手に売り買いして、
儲けましょう!」
という内容です。

(命名するなら、忙し投資、でしょう)

たとえば、
ネット証券のトップページなどを見ても、
そういう「意図」が見えます。


マネックス証券
楽天証券
カブドットコム証券
SBI証券・・・・

どこを見ても、
たとえば「個別株」でいうと、

【たくさん売り買いしてくれたら、
手数料が安くなりますよ・・】と
謳っています。

ん??????

【たくさん売り買いしてくれたら、
手数料が安くなりますよ・・】と
言いましたね?

でも、これって
言葉の【トリック】です。

たしかに「個別株」を
【たくさん売り買いしたら、
1回あたりの手数料】は安くなりますが、

あなたが
「トータルで支払う手数料の総額」は、
【高くなる】わけです。


baton-300x199_201504022101371e6.jpg


そうすると、
証券会社という「窓口」も所詮は
株や通貨などを売り買いする
「賭博場」を開いている場所で、

「はい、売ってくださいよ!」
「はい、買ってくださいよ!」と声をかけて、
テラ銭で儲けているところと
言えなくもないのです。

あなたが【投資】に興味を抱いた経緯が
どこにあるにせよ、

お金に働いてもらい、
プラスのリターンを得ることが
「目的」なわけですから、
もっと【戦略的】になる必要があると思います。

戦略的??
そうです。

冷静になって考えてみましょう。
忙し投資 は、
いったいどれくらい報われるのでしょうか?

かける時間、エネルギーと比して、
果たしてどれくらいの実入りがあるのか?

言うなれば、
投資の【効率性】に着目してほしいのです。


1週間とか数ヶ月のスパンで、
何万円、何十万円のリターンを目指すより、

もっと穏やかに構えて、
長~~いスパンで、
何百万円、何千万円を目指したほうが
よいと思いませんか??

あなたに覚えておいてもらいたいのは、
1週間とか数ヶ月先に、

どの株が上がっているのか、
どの通貨が高くなっているのかを
正確に【言い当てる】ことは
そんなに簡単ではない、ということ・・。

なぜなら、マーケットというところは
「小さな社会」であるからです。

(それに、売り買いをするたびに、
直接、間接に「手数料」を取られるのですよ!)


せわしなく「投資」のことを考えるより、
個別株の寄せ集めである、

先進国、新興国の何千という会社を買ってしまい、
コインロッカーに入れて10年置いていたら
(どうなったかというと、)
ちゃんとプラスのリターンになっているのです。

以下、MSCIのACWI
(オールカントリー・ワールドインデックス)という
株価指数の「ファクトシート」です。

直近の10年間を振り返ってみると、
結果として年率8.32%で、
世界の株式市場が成長していることが分かります。

MSCI ACWIに含まれる
24の先進国、そして21の新興国の株式
2,443銘柄を10年間持ち続けるだけで、です。
これを世の中では「退屈投資」と呼んでいます・・。

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1762-f70ed5c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT