FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

論理8:感情2の絶妙ブレンドで金融商品を選ぶ その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

当オフィスは開業以来、
相談業務(コンサルティング)を主な事業としています。

個々の相談事例を俯瞰する中で、
最近、次の3つの特徴が見えてきました。

1.ご相談の半分強は、実は投資の見直しであり、
すでに投資を経験されているお客様がお見えになります。

2.60歳以上のシニア層より、
30代、40代の資産形成層のお客様のほうが多いです。

3.女性からのご相談が増えており、
2012年は女性の割合が4割を超える見込みです。

上記はお客様属性の
ひとつの「分類法」ですが、
お客様を別の視点から見ると、
また、違ったタイプ分けが出来ると思います。

(わたくしの独断でお客様を
次の「2種類のタイプ」に分けてみます..)

その分類の「視点」は、
⇒ 資産運用そのものに対する【温度感の違い】です。

ズバリ、申し上げますよ・・。
(お客様、ふたつのタイプとは?)

【A】ひとつの金融商品を選ぶことに苦労されるお客様
【B】気持ちが昂ぶり金融商品を多く選んでしまうお客様


上記、ふたつのタイプのお客様の違いは、
金融商品を選択する際の、
⇒【感情】の占める割合の違いだと思われます。

たとえば、Aのタイプのお客様は、
なかなか金融商品、ポートフォリオに感情移入ができません。

どうしても【論理】の中のみで
金融商品の比較をされるため、
比べる「物差し」の数が多くなると、

「じゃあいったい、どれを基準に選べばよいの?」と
収拾がつかなくなってしまうのです。
(実際、そのような場面に何度も遭遇しました..)

このタイプのお客様はもう少し、
金融商品に対する【感情】の部分を
持たれたほうがよいと思います。

(換言すると、そのような金融商品の「側面」を、
アドバイザーがうまく説明して差し上げる必要があるのです..)

「カンさん、聞いてますか?」


逆にBタイプのお客様は、
金融商品に対する【感情】(パッション)の占める割合が
大きいため、

「感性」の部分で、
「そうだな。これってスゴイよなあ・・」
と感じてしまうと、

それを「除く」とか「否定する」ことが
難しくなってしまいます。

つまり、自分の思いが膨らんでしまい、
それが【選択】を後押ししますから、
結果として、
「保有する金融商品」が多くなってしまうのです・・。

このタイプのお客様はもう少し、
金融商品に対して
【論理】の部分を持たれたほうがよいと思います。

(換言すると、そのような金融商品の「側面」を、
アドバイザーがうまく説明して差し上げる必要があるのです..)
「ねえ、カンさん・・。」


banner1.jpg


○ 長年コンサルティングを続けてきて、
ひとつ感じることがあります。

金融商品というものは、
他の商品・サービスと比べて、
【ミスマッチ】が起こる可能性が
けっこう高いということです。

ミスマッチ」って??

この場合の「ミスマッチ」とは、
【感情】を主軸として商品を選んだはいいが、

・ワタシは
こんなにこの「商品」のことを思っているよ!

・でも、実際、なんで
この「商品」の効用ってこんなに低いの??
という「ミスマッチ」のことです。


Bのタイプのお客様の場合、
この「ミスマッチ」に悩まれるケースが多く、
気持ちのブレが生じてしまうため、

結果として、同じ金融商品、
同じポートフォリオで
運用を続けるのが難しくなってしまうのです..。

たとえ、同じ金融商品、同じポートフォリオで
運用管理を続けられても、

【マインド】そのものは、
疑心暗鬼で、どこかぎこちなく、
ただ、惰性で運用を行っている・・.
という状態になりがちです。

(実際、そのような場面にも遭遇してきました..)


もちろん、Aのタイプのお客様は、
金融商品を選べない、
運用をなかなかスタートできないという状態ですので、
問題はより深刻です・・。

○ 当オフィスでは、
金融商品の選択、ポートフォリオの決定において、
論理8:感情2】をオススメします。

【論理10:感情0】であると、
(たとえ金融商品を選べたとしても)

そのポートフォリオで
資産管理を「続ける」のが難しい側面があります。
(特に、マーケットの下落時です。
 自分の「思い」がないためですね・・)


逆に、
【論理5:感情5】になってしまうと、
別の意味で、ポートフォリオを「堅持する」ことが
難しくなる可能性があります。

(自分の「思い」に揺さぶられてしまうためです..)

論理と感情の「微妙なバランス感覚」、
ほどよい「頃合い」とでも言いましょうか、

それを保つことが、
あなたが長きにわたって運用管理を続ける、
最大の秘訣であるとわたしは思います。

┏━┳━┳━┓
┃投┃資┃は┃  
┣━╋━╋━┫     
┃継┃続┃だ┃  
┗━┻━┻━┛

【論理8:感情2】とは、
文字通り、
投資と「つかず・離れず」の姿勢を保つことなのです。

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 08:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1767-8d3b5a81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT