FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第21回 ETFを使って小さな会社を応援する方法【ETF解体新書】


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

マネックス証券より許可を得て、
コラム【ETF解体新書】第21回目を転載させていただきます。
(最後部、一部編集しました..)

ーこんにちは。晋陽FPオフィス代表のカン・チュンドです。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、世の中にはたくさん偉い人が存在します。
その中でも筆者が特に偉いなあと感じるのは、
会社を興した人」です。

読者の中には大企業にお勤めの方も多いと思いますが、
大きな会社は最初から大きな器だったのでしょうか?
(いいえ、そうではありません)。

どんな会社も、
最初は小さな箱からスタートしているはずです。

日本という社会で万一、
小さな箱を作る人がいなくなれば、
やがて私たちの働く場所がなくなってしまいます。

会社を作ることで雇用が確保され、
新しい産業が生まれ、
経済が活性化するという「循環」を、
私たちの先人は何度も経験してきました。

ところで、小さな会社に投資を行うのは
素晴らしいことですが、
その一方でデメリットも存在します。

たとえば、ひとつひとつの会社の現在価値を
正確に計るのが難しい。
どの会社を選べばよいか分からない。

(結局のところ)会社の倒産リスク
気になってしまう、などなどです。

そこで発想の転換をしてみましょう。
ETFというツールを用いて、
小さな会社をまとめて応援してしまうのです。

たとえば、株式市場は
大型株、中型株、小型株に分かれますが、

小型株の中でも
マザーズ市場に上場する銘柄のみにフォーカスした、
マザーズ・コア上場投信(1563)があります。

当該ETFは15の会社を厳選しています。
構成企業はミクシィ、GCAサヴィアングループ、
フュートレック、インフォマート、スタートトゥデイ、

ネオス、さくらインターネット、GMOクラウド、
フリービット、インフォテリア、サイバーエージェント、
ACCESS、タカラバイオ、エヌ・ピー・シー、
サマンサタバサジャパンリミテッドの15社です。

(聞いたことがある会社がいくつかありませんか?)

当該ETFの1月7日の終値は984円。
売買単位は 1口ですので1,000円あれば
購入できてしまいます。

(覚えていますか?
ETFのメリットは少額から投資ができることです)。

また、JASDAQ市場を代表する
20 銘柄をパッケージ化した、
JASDAQ-TOP20上場投信(1551)もお勧めです。

当該ETFは2010年12月に上場し、
1月7日の終値は1,506円、売買単位は10口単位です。

JASDAQ-TOP20の構成企業は、
田中化学研究所、ポラテクノ、
ザインエレクトロニクス、メイコー、
日本マイクロニクス、フェローテック、クルーズ、

ガンホー・オンライン・エンターテイメント、
ビットアイル、ユビキタス、インフォコム、
ジュピターテレコム、デジタルガレージ、

エムティーアイ、第一興商、ベクター、
日本マクドナルドホールディングス、
一建設、メッセージ、楽天の20社です

(聞いたことがある会社が多くないですか?)

マザーズ・コア上場投信、
JASDAQ-TOP20上場投信とも
信託報酬は年0.525%です。

小さく始めて大きく育てることが
投資の醍醐味であるなら、
小型株ETFを保有することは、
花のつぼみを持つようなものです..。

また、会社を興すことが
賞賛される社会になれば、
より多くの人が
株式投資に興味を抱くに違いないでしょう・・。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 09:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1784-d4a84670

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT