PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第5回「インデックス投資ナイト」盛り上がりましたね!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

1月12日、東京・お台場にて
第5回【インデックス投資ナイト】が開催されました。

インデックス投資ナイト

「えっ、それっていったいどんなイベント?」と、
思われる人がいるかもしれません。

このイベントは、
えんどうやすゆきさん、
イーノ・ジュンイチさんら、
個人投資家の有志で運営されている
手作りのイベント】です。

(運営スタッフの方々は、
運用業界とはまったく関係のない人たちばかり!)
出演者も全員手弁当で参加しています。

わたしは縁あって、
第1回目から出演させていただいていますが、
このイベントは
本当に唯一無二であるなあと実感します。

金融機関やメディアが
スポンサーになっていないので、
【どこかにバイアス】がかかった情報というものが
一切ありません・・。

個人投資家が知りたい「ホンネのこと」を、
出演者が「ホンネ」で語ってくれそうな雰囲気が
ぷんぷん漂っているのです。

(夜の開催で、アルコールありというのも
独特な雰囲気を醸し出している要因かも・・)

ある方がツイッターでつぶやいていました。
『やっぱり、インデックス投資ナイトを見ないと、
年があけた気がしないわー。』

わたしもまさに
そんな状態になってしまっています・・(^^ゞ  

さて、わたくしは第2部の座談会
ファンドマネージャーがホンネで語る運用業界】の
司会をさせていただきました。

パネラーの方は、
日興アセットマネジメント 丸山 隆志さん
鎌倉投信 新井 和宏さん

資産デザイン研究所 内藤 忍さん
経済評論家 山崎 元さん です。

今回初出演の丸山さんと新井さんに
出来るだけリラックスしていただくため、
楽屋段階から、
お二人にいろいろと話し掛けていました。

(内藤さん、山崎さんは
放っておいても?大丈夫なので・・

模様 インデックス投資ナイト

ところで、
投資信託の作り手である運用会社って、
どうも私たち投資家から
離れた場所」に居るように思えます。

(なんと言いますか、
作り手の【顔】がなかなか見えてこない!)

たとえば、
「作り手」と「買い手」ということでいうと、
【料理屋】と【お客さん】もそうですよね。
(こちらは両者がとっても「近い」です)

運用会社と投資家の間に、
「微妙な距離感」が存在するのは、
その間に
巨大な【販売会社】が入っているのが一因でしょう。

山崎さんは(座談会の中で)
「販売会社の人と口をきいてはいけません!」
と言われていました。

一方、丸山さんは
「日興アセットは200社以上の販売会社とつきあっているが、
投資家がどんなリスクをとれるか考えてから
販売して欲しいと考えている。」と言われています。

(要はみな、
販売会社に言いたいことがあるわけです・・)

わたしは投資信託というマーケットにおいて、
【販売会社】の磁力があまりに強いため、
このマーケットを歪めてしまっていると思います。

金融機関と投資家の「情報格差」、
マーケットの「閉鎖性」というものを逆手に取って、
幼稚かつ強欲に、

投資に近い人たちだけを対象に、
「さまざまな金融商品」をぐるぐる回して
収益を上げている・・、

(山崎さんの言葉で言うと、
ひたすら「焼き畑農業」をやっている・・)

そんなおぞましい実態の、
中心的役割を担ってきたのが
【販売会社】ではないでしょうか。

(一方、運用会社のほうも、
【販売会社】という大樹があるがために、
事なかれ主義的に、
無策に長い時間を過ごしてきた面があると思います..)

さて、このように
この業界そのものが閉鎖的であるため、
新規のお客さん】が
なかなか入ってこない状況になっています。

これこそ、
投資信託のマーケット規模が大きくならない
「最大の原因」ですね。

鎌倉投信の新井さんは座談会の中で
興味深いことを言っておられました。

「新規のお客さんが入らないから市場が広がらない。
鎌倉投信の顧客は2割が投資をやったことのない人です。
他の会社ではそれを実現できてない。」

では、どうしてまったく投資をしたことがない、
2割の新しい人が来たのか?
(とわたしが質問すると、)

それは「宗教だからです」
と答えていた新井さん・・(笑)

たしかに信じてもらうためには、
「作り手」の顔が見え、考え方が見え、
人柄まで見える必要がありますね。

また「as_kwhr」さんの
ツイッター上のつぶやきが興味深かったです。

―客商売なら当たり前なんだけど、
お客さんとのコミュニケーション
大事だってことだと思うんですよね。

金融業界は今まで
お客さんのもとに降りてこず
殿様商売してきたから、

鎌倉投信さんのように、
お客さんの視点におりてくるところが
支持されるのは当然だと思う。―

(まったくそうだと思います!)

先ほど、「作り手」と「買い手」ということで、
【料理屋】と【お客さん】を例に出しましたが、

料理が美味い【料理屋】には、
必ず味にうるさい【お客】がいます。

逆にいうと、
美味しい料理を出す【料理屋】が、
舌の肥えた【お客】を育てているともいえます。

また、口うるさい【お客】、
つまり、いろいろと意見してくれるお客が、
美味しい【料理屋】を育てているともいえるでしょう。

つまり、
【料理屋】と【お客さん】は
壮絶な「キャッチボール」を
繰り返しているわけです・・。

○ 本来、作り手である運用会社と、
買い手である個人投資家も、
もっと「コミュニケーション」を取るべきですよね。

たとえばあなたは、
一投資家として、運用会社と
「キャッチボール」をしているという自覚がありますか?

運用会社は「お金」という材料を用いて
銘柄を買い、ポートフォリオを「作る」という
作業を行います。

あなたのお金が、
【どんなふうに入ってくるのが】有り難いか、
という点について、

新井さんは、
「資金フローは大事。
お客さんが安い時にお金を入れてくれるので
パフォーマンスが上がった。助けられる。」

と語っておられます。

また丸山さんも、

「キャッシュのフローは大事です。
僕らのパフォーマンスはお客さんが上げてくれる。
下がったときに入金してくれることほど
ファンドマネージャーが助かることはない。」

と言われています。

つまり、あなたのお金の投入のしかたが、
運用会社のモチベーションに
明らかに「影響」を与えているのです!

また、内藤さんは、
運用会社、投資信託をどう選ぶべきかという
質問に対して、

「コストに興味がある人が多いと思うが、
ここからコストはあまり下がらない。

今後は投資するアセットを考えた方がいいのでは。
そちらにエネルギーを割いたほうが、
パフォーマンスは上がるのでは・・」
と答えられています。

コストのところもなかなか深い問題で、
先ほどの【料理屋】と【お客さん】で言うと、

「美味しい料理をもっと安く!」を強調し、
仮にお客さんが安く安くを要求しすぎて、
【料理屋】が赤字になり
店を維持できなくなれば・・、

結局【お客さん】自身が、
美味しい料理を食べられなくなってしまいますね。

高すぎるのは論外ですが、
適正な利潤を得てもらい、
質の高いサービスを提供し続けてもらうことが、

結局、私たち「消費者」にとって
得になるのではないでしょうか..。

あなたがもし、
この「インデックス投資ナイト」
というイベントに興味を持たれたのなら、

m@(エムアット)さんによる
座談会の実況ツイートをまとめた
トゥギャッターをご覧になることをお勧めします!

(まさに生中継の感覚!
会場の雰囲気が伝わってきますよ・・)

今回のイベントに参加された出演者の皆さま、
えんどうさん、イーノさん、水瀬さん、Kenzさんを
はじめ、実行に関わったスタッフの皆さま、
本当にお疲れさまでした!

追記)来年は300名くらいの
収容スペースでやりたいですね。。

【追記】1.14
m@(エムアット)さんがブログレポートもUPされています。

「第五回インデックス投資ナイトレポート(1)
 ファンドマネージャー座談会(前編)」

第五回インデックス投資ナイトレポート(2)  
 ファンドマネージャー座談会(後編)」


似顔絵




関連記事

| イベント・メディアなど | 18:38 | comments:4 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

土曜日はありがとうございました! 来年も呼んでください!!

| カン・チュンド | 2013/01/15 08:10 | URL |

インデックス投資ナイトの笑いが絶えない座談会の雰囲気にできたのは、司会をお引き受けいただいたカンさんのおかげです。
どうもありがとうございました。

次回の参加者を増やすご意見も受けたまわりました。実行委員会にて検討させていただきます。

| kenz | 2013/01/14 17:46 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ASKさん、ありがとうございました! 来年はぜひ300名でやりたいですね。

| カン・チュンド | 2013/01/14 08:16 | URL |

昨日はありがとうございました。
とても良いイベントで、楽しかったです!

カンさんの名司会、名仕切り振りには感服いたしました。

300名くらいになるともっと楽しそうですね!

| ASK | 2013/01/13 19:01 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1785-30d55fbc

TRACKBACK

大盛況の第5回インデックス投資ナイト 実行委員からの感想

第5回インデックス投資ナイト は、今回から初めて実行委員として参加しました。 実行委員のイーノ・ジュンイチさん、水瀬ケンイチさんが既に企画段階の裏話を書かれています。 当

| インデックス投資日記@川崎 | 2013/01/14 17:47 |

第5回インデックス投資ナイト参加しました(少し話もしてきました)

いつの間にか5回目を迎えていたインデックス投資ナイト、今年も参加しました。 では、その内容を…というのは他のブロガーにお任せします。(私が書くまでもなく、すでに多く書かれ ...

| 吊られた男の投資ブログ | 2013/01/13 23:54 |

インデックス投資ナイトに参加してきました。

インデックス投資ナイト(2013/1/12)@お台場に参加してきました。 中・上級者向けのインデックス投資家向けというマニアックな対象のイベントにも関わらず、会場は100人以上の来

| マネーの知恵(仮) | 2013/01/13 18:59 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT