PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どうしてお金が貯まらないの?


あなたのお金が 世界を旅します... zuto zuto

わたしはこの仕事(FP)を始めて6年になりますが、
実に多くの方が「日常的にお金を残せていない」
現実 に接してきました。

その方は、例えば前田さんは、
収入が少ない方なのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。

 (意外に思われるかもしれませんが)
◆ 収入の多寡 と お金が残せているか否かは
  あまり関係がありません。

(まあ、率直に言って)
収入が増えると、
人は余計にお金を使うようになります。

だってお金がそこにあれば、
使ってしまいたくなるのが「人間の性」ですから(笑)

(結果どうなるかというと)
・・お金は残らないわけです。

(わたしの経験上、意外と)
そこそこ年収がある方のほうが、
【お金が貯まらない】傾向 が強いと思います。

十分なお金を持って帰ってくる能力はあるのに、
「お金を残せていない」というのは、
どういうことなのでしょうか?

  はい(実は)
◆ たくさんのお金を持って帰ってくる「能力」と、
  お金を残す「能力」は 別物 なのです。

それにしても、
たくさんのお金を持って帰ってくる能力はあるのに、
「お金を残せていない」というのは、

継続的な【投資の機会】を
みすみす逃してしまっていることになります。
(なんとももったいない!)

では、どうすればよいのでしょうか?
(カンタンです、)

◆ 家に持って帰ってくるお金を減らせばよいのです。
  ??

わたしはなにも
「たくさんお金を稼ぐのを止めましょう」
と言っているわけではありません。

ある【仕組み】を作って、
実際に 家に持って帰ってくるお金を少なくすれば
それで万事OKなのです。

あなたは「自分の給料日」に、
34万円のお金が 預金通帳 に振り込まれるから、
34万円使ってしまうのです。
 Yes...。

今から8、9年前、
そんなにお給料ありましたか?

今より少なかったですよね。
(でも、生活は出来ていましたよね?)

人は環境に適応する生き物ですから、
預金通帳 に振り込まれるお金が25万なら、
25万円の中でやりくりしよう と思うわけです。

つまり、お給料が入ってくるその日に、

1.あなたが知らないうちに、
2.勝手にお金が引き落とされる【仕組み】を、
  作ってしまえばよいのです。

会社で【財形制度】がある方、
ぜひ利用してください。

(わたしのお勧めは 非課税の枠はありませんが、
いちばん自由度が高い「一般財形」です・・)

あるいは銀行の
【自動積み立て定期】を利用してください。

あるいは投資信託の
【積み立て投資】を利用してください。

カブドットコム証券、野村證券などでは、
多くの金融機関から
引落しできる「仕組み」を整えています。

■ とにかく「毎月ベース」で、
天引きされる【仕組み】を作ってしまうことです。

そうすれば、あなたは
自分が「お金を残している」ということさえ、
忘れてしまうでしょう。

(「今月も給料は25万円だったな」と
  自然に思えてしまうわけです・・)

実はそういう「状況」こそ、
お金を残していくには 理想的 なのです。

いいですか、
ココがすべての【出発点】ですよ。

お金を残す【仕組み】を作れるかどうかで、
今から30年後、

A 自由と豊かさを謳歌できるセカンドライフ。
B 日々預金残高を気にしながら嘆息するセカンドライフ。
いずれかになるのです。

決して、
お金を節約する、お金の使い方を制限する、
というふうには取らないでください。

あなたはただ、
お金が流れる「道筋」を決めているだけなのです。

お金を費やす道、お金を残す道、
お金を育てる道、すべての道の作り方、デザインは
あなた自身が「設計」するのです・・。

 カン・チュンド



関連記事

| 投資の発想法 | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/18-40295f89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT