PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第25回「2月27日に上場した、ふたつの中国A株ETFについて」(ETF解体新書)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

マネックス証券より許可を得て、
コラム【ETF解体新書】第25回目を転載いたします。
(一部、加筆しています..)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。晋陽FPオフィス代表のカン・チュンドです。

2月27日、東京証券取引所に
ふたつの中国A株ETFが上場しました。
ChinaAMC CSI 300 Index ETF(略称:中国A300)(1575)と南方 FTSE 中国A株50 ETF(略称:南方A50)(1576)です。

中国株式とは、
狭義には大陸市場(上海、深セン)に
上場する株を指しますが、

私たち個人投資家は、
大陸のA株に直接投資を行うことが出来ません。

なぜなら大陸市場には資本規制があり、また、
人民元という通貨も未だ自由化されていないためです。

しかし、私たちは大陸市場にアクセスを持つ
機関投資家を通じて、A株に投資を行うことが可能です。
(そのひとつがRQFⅡ制度を利用したETFによる投資です)

今回上場した両ETFは、単元口数がともに10口単位で、
数千円から売買が可能です。
(1575、1576ともシンセティック型ではなく、
現物のA株に投資を行うタイプのETFです)。

まず1575ですが、当該ETFの運用会社は
チャイナ・アセット・マネジメント(香港)・リミテッドです。

1575が連動を目指す「CSI300指数」は、
上海、深セン両証券取引所に上場するA株300銘柄で
構成されています。
当ETFの信託報酬は0.99%です。

チャイナ・アセット・マネジメント(香港)・リミテッドは
昨年、RQFⅡ(人民元適格外国機関投資家)制度に基づいた
A株ETFを、香港にはじめて上場させました。
ChinaAMC CSI 300 Index ETF(3188)

そのETFこそ実は、
1575の基となっているETFなのです。

実は今回、日本市場に上場を果たした1575、1576は
ともに重複上場であり、JDRの形式を取っています。

JDRとは、アメリカのADRや
ヨーロッパのGDRと同じ仕組みであり、

外国の有価証券(この場合、香港にすでに上場している
ふたつのETF)を、国内の有価証券として
流通させる仕組みのことです。

続いて1576を解説しましょう。
当該ETFの運用会社は
中国南方アセット・マネジメント・リミテッド(CSOP)です。

この会社もRQFII資格を有しています。
1576の原ETFも昨年、香港市場に上場され、
日々の出来高が4000万口を超える人気ETFとなっています。
CSOP FTSE China A50 ETF(2822)

(ちなみに日本でも今のところ、1576のほうが
1575より出来高が多いようです)

1576が連動を目指す
「FTSE 中国A50 インデックス」は、
上海、深セン両証券取引所に上場する
代表的なA株50銘柄で構成されます。

同指数は金融関連が
およそ6割を占めるのが特徴です。
業種ごとの広範な分散を目指すのなら、
1575のほうがベターかもしれません。

(また、1576の信託報酬は1.15%となっています)

長期的な展望となりますが、
現在の中国株式市場は過渡期の姿に過ぎません。

2047年には香港の一国二制度が終了します。
香港ドルはなくなり、通貨は人民元に一本化され、
香港市場と大陸の市場(上海、深セン)も
統合されている可能性があります。

その頃にはH株、レッドチップ株という呼称もなくなり、
シンプルな中国株式が実現していると思われます。

今、中国A株に投資を行うことは、
入場規制がある成長の沃野に
足を踏み入れることに他なりません。

最後に、今回の両ETFのように、
海外に上場するETFの、
JDR形式での国内上場が増えることに期待したいですね。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1820-754a436c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT