PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第26回 「ETFのデメリットについて」(ETF解体新書)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

マネックス証券より許可を得て、
コラム【ETF解体新書】第26回目を転載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。晋陽FPオフィス代表のカン・チュンドです。

ETFは画期的な金融ツールですが、
もちろんデメリットもあります。
大きく分けると4つ挙げられます。

1.ETFは分配金を自動的に再投資できない。
ETFの分配金はそのしくみ上、
個別株の配当金と同じように
必ず払い出されてしまいます。

(証券口座や貴方が指定する
金融機関の口座に入ってきます)
これでは「複利の効果」が限られてしまいますね。

仮に、受け取った分配金
をETFに再投資しようとすれば、
自ら売買手数料を払って、
分配金そのものでETFを買い付ける必要があります。

2.価格の乖離が起こる可能性がある。
ETFは市場に上場する銘柄であるため、
しばしばETFの「理論価格」(基準価額)と、
マーケットでの「市場価格」の間に乖離が生じます。

つまり、ETFを正味価値(理論価格)より
割高に買ってしまうリスク、あるいは
割安に売ってしまうリスクが存在するのです。

このリスクを小さくするためには、
国内ETF、海外ETFを問わず、
市場価格と理論価格の「乖離率」を
チェックしておく必要があります。

国内ETFでは、以下のサイトに
前営業日の各ETFの乖離率が公表されるので、
参照されることをお勧めします。

〇 東京証券取引所
ETFの基準価額と終値の乖離率について
〇 大阪証券取引所
上場投資信託受益証券(ETF)におけるかい離率

また、海外ETFの場合、
米国ヤフー・ファイナンスにアクセスして、
銘柄コード(ティッカー)を入力し
「市場価格」を確認します。

そのあと、「銘柄コード+.iv」の入力で、
理論価格を確認することが可能です。
(ただし、米国上場のETFのみ)。
米国ヤフー・ファイナンス

3.金額指定の売買ができない。
ETFの取引はあくまで口数単位で行われます。
「1万円だけETFを買う」
「10万円分だけETFを売る」
ということは原則できません。

したがって、毎月定額で買い付けていく
「積立投資」には向いていないのです。

(ただし、国内ETFでは
「るいとう(株式累積投資)」を扱う
証券会社を利用すれば、
一部のETFで定額積立が可能)。

4.繰り上げ償還のリスクがある。
投資家の意向に反し、ETFの運用が
中途で終わってしまうリスクを
「上場廃止リスク」といいます。

この場合の上場廃止とは、ETFの運用を
繰り上げて終了させるという意味です。
(一般の投資信託における
「繰り上げ償還」と同じ意味です。

また、個別株式の「上場廃止」とは
意味合いが異なるので注意しましょう)

取引高が伸び悩み、
純資産額が目減りする中で、
運用会社がETFの運用を続けるメリットが
ないと判断すると、

上場廃止(繰り上げ償還)を
決定する場合があります。

ETFの上場廃止が決まると、
一定の猶予期間のあと、
ETF保有者には現金の形で資産が還されます。
(決して資産がゼロに帰すわけではありません)

もちろん、上場廃止前に
市場で任意にETFを売却することも可能です。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1828-c78069f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT