FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

意外と知られていない情報サイト ETF株マップ.com


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

国内ETFの一覧を網羅的に見たいときには、
モーニングスターのこちらのページや
Fanet MoneyLife のETF一覧などが役立ちます。

(もちろん、大証、東証のホームページも
情報量は豊富です)

しかし、ETFという銘柄群を、
さまざまな指標別の【ランキング】で
見せてくれるサイトって、意外とないんですね。

(個別株では溢れるほど
「ランク付けサイト」があるのに・・)

そこで、
ETF株マップ.com の登場となります。

当該サイトでは、
国内ETFの興味深いランキングを
いくつもチェックすることができます。

たとえば、
【騰落率】(前日比)をはじめ、
「1ヶ月リターン」「3ヶ月リターン」
「6ヶ月リターン」「1年リターン」が
一目瞭然で見れます。

また、
【売買代金ランキング】(前日ベース)
4月26日時点を見ると、

1.1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ
2.1321 日経225連動型上場投資信託
となっており、

ナント日経225ETFより、
日経平均レバレッジ型ETFのほうが、
売買代金が多かったことが分かりますね。

(4月26日の
日経平均レバレッジ型ETFの売買代金は、
115億9400万円強となっています)

また、
【時価総額ランキング】(前日ベース)
を覗いてみますと・・、

1.1557 SPDR S&P500 ETF
2.1326 SPDRゴールド・シェア
6.1672 ETFS 金上場投資信託
11. 1349 ABF汎アジア債券インデックス・ファンド

となっていますが、
皆さん、
上記銘柄にある「共通点」があることに
気づかれますでしょうか?

そうです、上記銘柄群はいずれも、
海外の市場に上場していたETFを
日本にも上場させた「重複上場銘柄」なのです。

「時価総額ランキング」では
SPDR S&P500 ETFが
第1位となっていますが、

これは、スパイダーS&P500ETFの
元来上場しているマーケットベースで
時価総額を見ているため、
(断トツで)ランキング1位となるわけです。

それから【分配金利回り】(前日ベース)も
確認することができます。

ちなみに4月26日時点で、
国内ETF 分配金利回り第一位は(意外にも)
1556 上場インデックスファンド日経中国関連株50
でした。

一方、【かい離率】(前日ベース)ですが、
これも重要な指標のひとつですね。

かい離率とは、
ETFの市場価格と理論価格(基準価額)が
どれだけ開いていたかを示す指標で、

皆さんがETFを
(正味価値より)割高に買ってしまうリスクや、
割安に売ってしまうリスクを推し量ることができます。

(ETF株マップ.comでは、
プラスに乖離するほうがいちばん最初に現れ、
マイナスに乖離するETFが最後に現れます..)

最後に、皆さんは
個別株とETFを含めて
【全銘柄ランキング】というものが
あったほうがよいと思いませんか?

個別株とETFを合わせた中で、
PERランキングや、出来高ランキング、
それに上昇率や下落率のランキング、
時価総額や、リターンランキングを示してくれる
サイトが出現することをわたしは熱望しています..。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1848-c53155cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT