PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MRIインターナショナルの詐欺事件に思うこと


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

皆さんも気を付けてくださいね。

最初は、
「えっ? そんないい話、ないでしょ。。」
と、自分で自分を納得させていても、

その種の情報に、
【定期的に】【繰り返し】接することで、
「もしかしたら、こういうのも、あるのかも・・」
と思い始めるものです。

(わたしもあなたも基本、
【感情に流される生き物】なのですから・・)

今回のMRIインターナショナルの
詐欺事件で思うのは、

米国の診療報酬請求債権(MARS)なんて
ふつうの人は
「聞いたこともない」投資対象なわけです。

こういう、あまり馴染みがなく、
情報量が少ない【対象】というのは、

実は商品提供側が、
比較的「印象操作」をしやすいのですね。

情報量が少ないゆえに、
消費者である私たちは、
自分の都合のいいように情報そのものを
【拡大解釈】する可能性があります・・。

この手の金融商品に接した場合、
あなたは次の【2点】だけを、
まずは気にしてください。

1.その商品は、毎日「値段」が付いていますか?
2.その商品は、いつでも「解約」ができますか?

これだけです。

○ はっきり申し上げて、
1.と 2.を
両方満たしていない金融商品なんて、
わたしなら買いません!

(少し硬い言葉でいうと、金融商品には、
【流動性】と【透明性】が必須、ということ・・)

さて、
MRIインターナショナルの事件に関して、
4月30日の日経新聞記事で、

当該金融商品の
「配当」が遅れるようになったのは
2011年から、と記されています。

ちょっと2年くらい前のことを
思い返してみてください。

もしかして、新聞、雑誌の「広告」で
あるいはインターネット上の「広告」で、
MARS(米国の診療報酬請求債権)の
商品広告が増えていませんでしたか??

2011年時点で、
MRIインターナショナル社はすでに、
投資家から集めた資金を
MARSの購入には充てずに、

そのお金をそのまま、
他の投資家への配当に
【流用】していたものと思われます。

それでも、
配当に回すお金が足りず、
必死に新規の顧客獲得に走っていたのが
この頃(2011年)なのでしょう・・。

○ つまり、
急に広告が増えている金融商品には
要注意、ということです・・。

さて、
MRIインターナショナルで検索する中で、
とても興味深いサイトページを発見しました。

ヤフー知恵袋内で、
2008年11月27日
次のような「Q&A」があったのです。

少し長くなりますが、すべて引用してみましょう。

(ここから引用)

MRIインターナショナルの投資について
毎日新聞でMRIインターナショナルという会...

yyyaaadadさん

MRIインターナショナルの投資について

毎日新聞でMRIインターナショナルという
会社の投資商品を見てパンフレットを請求し
熟読しましたが、利率が6%~8.5%と高く、

またパンフレットには
元本を守る保全の仕組みについても詳しく載っており、

こんなにいい条件はないので
MRIインターナショナルへの投資を考えています。
毎日新聞にも記載されていますし、

MRIインターナショナルは
金融商品取引業者の番号も取得しているようなので
大丈夫だと思いますが、
海外への投資ということで一抹の不安があります。

どなたか、MRIインターナショナルへ
投資されている方がいれば
実情について教えていただければ幸いです。

ベストアンサーに選ばれた回答

nqcth156さん

MRIへ投資して8年目になるけど、
元本・利息ともにしっかり戻ってきてるし、
これまで何人も紹介してるけど、
皆さんもしっかり受取ってますよ。

それと去年はラスベガスの会社も見に行ったし、
今年に入って日本でも
金融会社として登録したみたいだし、

実際に目でも見てるから詐欺とか実態がないとか、
それはないんじゃないですかね。
やってない人にはやっぱりそう映るのかな?

ラスベガスに行った時は、
10年前から投資している人にもなったけど、
その人はもう利息の合計で
最初の元本を超えちゃってるし、
私自身もあと何年かです。

正直言って仕組みとかは完全に理解してないし
リスクもあるけど、
固定利率だから安心して投資してますよ。

やる前は皆さん「怪しいんじゃないか…」
と考えて当然だと思うけど、

こうやって実際に利益を受けている人がいるのに、
詐欺とか架空とか決め付けて
投資するのを止めている人は勿体ないと思っちゃうね。

まあ、実際に投資して儲けている人は、
あんまり書き込みとかしないでしょうから…。

参考になったかはわからないけど、
投資の内容とか仕組みどうこうじゃなくて
詐欺かどうかだけで迷っているんなら、
投資しないと勿体ないと思いますよ。
まあ、保証ではないので責任はもてませんけどね!

(引用、ここまで)

注: 太字はわたくしカンの編集です。

この手の金融商品に接した場合、
あなたが気にするべきことの【3つ目】は、

3.商品の内容、仕組みが分からないものは
決して買わない、です。

参照記事)
平成電電のケースから「ファンドの本質」を学ぶ

似顔絵
関連記事

| 投資家の感情リスク | 12:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: ポートフォリオ

ご質問の件ですが、誠に恐れ入ります、
NADIA さんからいただいた質問に対し、
責任ある回答をさせていただくためには、
NADIA さんの個人的なお金の状況、運用に対するスタンス、
またリスク許容度等について
詳しくヒアリングをさせていただく必要がございます。

恐縮ですが、弊所が実施しております、
「有料相談サービス(コンサルティング)」の範疇となります。

当オフィスは金融商品の斡旋・販売を一切行っておらず、
コンサルティングを「正業」としているため、
この点をお含みいただければ幸いです。

(有料でサービスをお受けいただいている
他のお客様との整合性の問題もございます..)

以上、勝手を申しますが、
ご理解のほど何卒よろしくお願い致します・・。


| カン・チュンド | 2013/05/21 12:17 | URL |

ポートフォリオ

はじめて投稿します。
10年ほど投資信託をしている、50代男性です。ポートフォリオについて、自分のリスク資産の割合をどう決めたらよいでしょうか?
カンさんの書かれた「日本人が知らなかったETF投資」のP142 図-26 モデルポートフォリオではリスク資産60%となっています。年齢、投資総金額、期待リターン等でどのようにリスク資産の割合を決めればよいでしょうか?
私は現在外国債券70%、株式20%その他10%です。もう少し株式を増やすべきか?
またポートフォリオに含まれる安全資産についてですが5年以内?に使用する普通預金、定期預金、MMFは除いて考えることであっていますでしょうか?定期預金が数百万ありまして、これをポートフォリオの安全資産とカウントするかどうか悩んでおります。
よろしくお願いします。

| NADIA | 2013/05/20 12:42 | URL | ≫ EDIT

Re: 少し不安になるのですが。

地球は自転していると云うけれど、本当は回っていないのではないか・・。
物事は疑い始めるときりがありません。気持ちを大きくもって運用を続けてください。

| カン・チュンド | 2013/05/08 17:23 | URL |

少し不安になるのですが。

いつも、ブログを拝見させて頂いています。MRIやAIG?などの架空投資詐欺事件をみると、いつも、バンガードやiシェアーズは、ちゃんと現物を買っているのか、不安になります。箱を開けたら中身は空っぽという事は、ないのでしょうか?
ETFやバンガードの良さはわかるのですが、始まりのところが嘘だったなど、ということは、ないのでしょうか?
初歩的な質問で済みません。

| まもる | 2013/05/06 11:28 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1851-74cadce8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT