PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おススメです! 藤野 英人 著【投資家が「お金」よりも大切にしていること】


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(突然ですが・・)、
今、この時点で投資を行っているあなたは、
立派な「アーリー・アダプター」です。

あーりー・あだぷた??

あっ、すみません・・、
アーリー・アダプターって、
マーケティングの世界でしばしば用いられる言葉です。

たとえば、
ある画期的な【タブレット端末】が
発売されたとしましょう・・。

最初、
○ 「イノベーター」と呼ばれる人たちが、
他者に先じて、それを購入します。

彼ら/彼女らは 冒険心にあふれ、
新しいものに目がありません..。
まさに、「列の先頭に並ぶ人たち」ですね。
(イノベーターは市場全体の 約2.5% と言われます)

次に、
○ 「アーリー・アダプター」 がいます。
イノベーターと同じく、
時代の空気、流行に敏感です。

情報収集を行って、
自ら判断できる人といえるでしょう。
(アーリー・アダプターは市場全体の 約13.5% と言われます)

今お話しした
「イノベーター」と「アーリー・アダプター」は
合わせて市場全体の約16%にすぎませんが、

○ このふたつの層に
商品、サービスが普及するかどうかが、
その後、「マーケット」が大きく成長するかどうかの
【分かれ目】となります・・・・。

(ちょうど、日本では「投資」という行為に
手を染めている人が15%程度、

すなわち、
「イノベーター」と「アーリー・アダプター」のみが
市場に参入してきている、という状態ではないでしょうか)

さて、ではあなたは
「投資」という分野でどうして、
アーリー・アダプターになれたのでしょうか?

もちろん、個々人の中で、
投資を始める個人的な「理由」、
「動機」というものが存在すると思いますが、

あなたは【想像力】に長けていたから、
アーリー・アダプターになれたのだと
わたしは思います。

想像力??
はい、そうです。

具体的には、
「お金」というものが持つ効用、
多層的な意味合いを、理解されているからです。

間違っても、

~人が生きるって、
1.貧しくても清く生きる!
2.お金持ちになるために汚く生きる!

この、「2パターン」しかないよね。~
みたいな、

陳腐な二元論で
「お金」を捉えていない人なのです、皆さんは!

(では反対に、なぜ、投資を行っている人が、
いまだ10%台かというと、
お金を稼ぐこと、お金を育てていくことの
深い意味合い、

それらが結局のところ、
【善い行い】であることに気付いていない人が、
あまりにも多いためですね..)

わたしがなぜこのようなことを
述べているかというと、

先日読ませていただいた
藤野英人さんの本、
投資家が「お金」よりも大切にしていること

に触発されたためです。

以下、わたしの勝手な想像ですが、

おそらくあなたは、
投資という行いを、

あなたが主人公の、
一方的な、
とても小さな地理的範囲で為されるもの、
と捉えず、

投資という行いを、
相互の、かつ、波及作用のある、
「壮大な行為」として
想像されているはずなのです・・。

だから、
あなたは「アーリー・アダプター」になれたのです。

もちろん、
あなたは「投資」という行いを、
単に金融商品を買うという範囲だけで考えていません。

広く「お金」を有効に活用する、
その 一手段 として捉えているはず・・。

○ 考えてみますと、
【お金に関わる行為】って、
私たちの生活の中にたくさんあります。

1.たとえば、「仕事」をする、

これをもう少し具体的に言えば、
「会社」に所属して生産活動を行い、
付加価値の創造に努める、ということですね。

2.あるいは、税を支払う
3.あるいは、消費を行うということ。
(消費することも、立派な意思表示のひとつです)

4.あるいは、寄付をする
5.あるいは、贈与すること。

すべての行為に
「お金」が、有形無形に関わっています。

世の中の多くの人は、
生産活動の拠点である「仕事」に関しては、

もっとも時間を割き、ノウハウも持ち、
広く俯瞰する、
ある種の「懐の深さ」を持っています。

しかし、消費や、
寄付や、
ましてや投資をする、ということに関して、

その意味合いを、
あまり深く捉えない傾向にあるのです。
<これって、いったいなぜなのでしょう・・?>

○ わたしが思うに、

労働し、「生産活動」に携わること、
モノ・サービスを消費すること、
寄付すること と、

投資という行為が、
うまく【リンクできていない】からではないでしょうか...。

藤野英人さんは、
著書【投資家が「お金」よりも大切にしていること】
の中で、

ー本来あるべき金融教育とは、
働くことに価値があり、
その価値ある労働の延長に企業の利益があり、

その利益の将来価値が
会社の価値を形成していると理解することです。ー
と述べています。

(いい、言葉ですね....)

つまり、
投資うんぬんという流れの【起点】には、

まず「働くこと」が
あってしかるべき、なのですね。

「生産活動」=「投資」

そして「会社」が、
社会に付加価値を提供する器であり、

「利益」を得ることは、
社会を持続可能なものとするために
必要ですよ、
という【認識】があってしかるべきなのです。

(その結果として「投資」がある・・)

あなたも、
自身のお仕事を通じて、

人やモノ、あるいは社会そのものと
【静かに関わり合っている】を、
大なり小なり感じたことがありませんか?

○ 藤野さんは同書の中で、
投資を以下のように定義されています。

ー投資とは、
今、この瞬間にエネルギーを投入して、
未来からのお返しをいただくこと。ー

とっても広く、↑
かつ勇気が出る定義ですね。

エネルギーを投入し、
明日以降、何らかのお返し(便益)を
いただくということは、

労働し、生産活動を行うことでも、
また、子育てを行うことでも、

あるいは、寄付をすることでも、
地域社会で何らかの役割を担うことでも可能です。

つまり、
上記はすべて「投資の一種」なのです・・。

そして、
モノ・サービスを消費することすら、
その消費を【意識的に】こなせば、
「投資」になります・・・(ホントです!)

世の中における
「お金の使い方、使われ方」を、

会社、消費者、政府 という「立場」ごとで、
網の目のように結んでいくと、

まるで、
小学校1年生の子どもが描く絵のように、
どんどん関係性が広がって行きます・・。

○ この壮大な、
お金の使い方、使われ方の「相関図」そのものが、
経済 なのです。

○ そういう意味で、
お金をうまく使いこなすためには

わたしやあなたが
【世の中と関わり合っている】と感じられる
「想像力」が必要なのです..。

○ わたしが、
藤野さんの本を読んで、
「なるほどなあ」と思ったのは、

私たちが普段なにげなく行っている
【消費】という行為が、
社会に対する「意思表示そのもの」であり、

今の世の中の在りようは、
私たちがどんな消費を行ってきたかという、
【結果】であると 喝破されているところです。

一例 を挙げてみましょう。

たとえば、
新幹線に乗って長野に行き、
長野駅の前に降り立てば、

駅前にはマクドナルドがあり、
ドトールコーヒーがあり、
大手消費者金融があり、
セブンイレブンがある。

まさに、画一的ですね。

しかし、それは、
私たちが「画一的な消費」を行ってきたから
そうなったのであり、

今、全国にあふれている
「画一的な風景」は、
私たちの画一的な消費の【結果】ともいえます。

別の言い方をすると、
個々人がもっと、
自身の価値観、考え方に基づいて、
【自発的な消費】を行っていけば、

日本にあふれる商品、サービスは
その内容が変わってくる・・、

具体的には、もっと個性的に、
かつ、多様化していくはずです....。

このように、
モノ・サービスを消費することを、
「社会還元的」に捉えれば、

○ 消費するという行為が、
限りなく「投資」に近いということが、
お分かりいただけると思います。

「消費活動」=「投資」

藤野さんは同書で、
ー消費活動とは、社会貢献活動であるーと
述べています。
(これも、けっこう意味深い...)

この本を読むと、
ああ、お金のことを真面目に考えている自分は、
「決して間違っていなかったんだ。」
と安心できることでしょう。

もう一度、
お金の原点について考えてみたい、
投資を行っている「意味」を再確認したい、
という方におススメの本です。

わたしが本書でgoodと思った「中見出し」は、

▼日本人こそ「ハゲタカ」である
▼「清貧」ではなく「清豊」の思想でお金を儲ける
▼ ブラック消費者
▼ 日本のヒーローはなぜ「公務員」なのか

▼ 経済の語源は「共同体」のあり方
▼ NPOや社会起業家に対するする誤解
▼「金の卵」の失望
▼ 赤ちゃんもりっぱな経済主体

▼ インド人経営者にぶったまげた理由
▼ 世の中に虚業なんてひとつもない
などなどです。

(あっ、新書なので、たったの861円です!)



なんだか、勇気をもらえる一冊です。。




関連記事

| 書評・映画・美術評 | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1852-1d2bd9b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT