FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なぜかこの未公開株ETFは、野村證券のみで扱っています・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(わたしには経験がないのですが、)
会社で中間管理職をされている方は、
「人材」→ 人の配置、人の使い方に
いろいろと腐心されているのではないでしょうか。

絶対評価として
「一個人のみ」を見るのではなく、
○○さんと□□さんが組んで、
「あの仕事」をやってもらったら良さそうだ・・、

あるいは、
次期プロジェクトの人選をする際に、
まったく違う性格で、
バックグランドも異なる

△△さんと○○さんを入れ、
面白い案を練ってもらおう、
などと思いを巡らせます。

要するに、
異質なものが組み合わさることで、
意外な効用、1プラス1が2以上の成果となる
可能性が生まれるのです。

資産配分(ポートフォリオ)にも
同じような考え方があります。

異質なモノを、
まるで料理の隠し味のように加えることで、
ポートフォリオに意外な効用
(この場合、リスクの軽減)が生まれたりします。

機関投資家の間ではポピュラーになっている
未公開株の組み入れはその一例でしょう。

しかし、私たち個人投資家は
投資資金が限られるため、

(たとえ未公開株に投資が出来たとしても)
十分なリスク分散が出来ません。
そこでETFの出番となります。

たとえば、未公開企業に投資する
上場企業を集めたETFを作れば、
それは【間接的・未公開株式】ETFとなります。

・i シェアーズ S&P Listed Private Equity
          (銘柄コード IPRV)

当該ETFは、2007年の3月に
ロンドン市場に上場した未公開株ETFです。

上記ETFは5月2日現在、
未公開株式に投資する
51の公開企業を組み入れています。

(2007年11月時点では29社でしたので、
結構増えていますね・・)
なお、年間経費率は0.75%です。

国別の組み入れ割合は、

アメリカ  58.27%
カナダ   11.16% 
イギリス   9.84%
スウェーデン5.90%
フランス  5.23%
スイス   4.30%
日本    3.26% 

となっています。
(あくまで、直接組み入れている
上場企業ベースです。5月2日現在)

組み入れ第1位は
The Blackstone Group L.P.

この会社は2007年に米国市場に上場した
プライベートエクイティ投資大手です。

また、組み入れ6位に、
スイスに本拠を置く
Partners Group Holding
が入っています。

この会社はスイス証券取引所に上場し、
100以上の未公開企業に
190億ユーロベースで投資を行うとともに、
100億USドルベースで、
未公開株ファンドにも投資を行っています。

i シェアーズ S&P Listed Private Equity
の「ファクトシート」はこちら。

ヤフーファイナンスを見ると、
当該ETFは、
5月3日の出来高が 356,412口、
純資産額は約3.1億USドルとなっています。

(この種のETFとしては十分な大きさだと思います)

さて、このETF、日本のネット証券で
取り扱ってくれればよいと思うのですが、
今のところ、野村證券のみで買えるようです・・。

iシェアーズ S&P 上場プライベート・エクイティ
D0819<IPRV NA>

しかも、なぜか
アムステルダム市場に上場するぶんが
売買可能なのです。

(※ EUに加盟する国々では制度上、
互いにETFを重複上場させやすい・・)

地味なETFなのですが、
ぜひネット証券さんでも
取り扱いを検討してもらいたいです..。

似顔絵




関連記事

| インデックス投資全般 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1853-7dfdcad5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT