PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「投資家が「お金」よりも大切にしていること」を読みました!というお便りです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日、当ブログで
藤野英人さんの本、
投資家が「お金」よりも大切にしていること】を
ご紹介させていただきましたが、

実はその前に、
弊所のお客様に「この本、いいですよ!」という旨の、
メールをお送りしていました。

静岡県にお住いの田所翔太さん(仮名)から、
本書を読まれたご感想メールをいただきましたので、
ご本人の了解を得て、ここに記させていただきます。

カン様
こんばんは。ご無沙汰しております。
静岡県在住の田所です。

先日「しんようロード通信」で紹介されていました、
藤野さんの本を読みました。

私なりにもなるほどな~と感じる部分が多く、
我が身を振り返るよい機会となりました。
今回のメールは、その感想をお伝えしようと思います。

私がこの本を読んで真っ先に思ったのは、
自分も、藤野さんがおっしゃっている
「典型的な日本人の一人だったな」ということでした。

お金儲けを悪とまでは思っていませんでしたが、
現金を貯め込み(微々たるものですが)、
寄付など考えたことも無く、

ケチで、投資を少しかじった後も
「ハゲタカ」のように株や投資先を見ていました。

漠然とお金が欲しい、
増えて欲しいと考えたり、

自分が儲かることや、
贅沢ができるようになれればいいと考えていました。
株、投信、FX・・・

そしてブラック消費者としての自分。
「お客様」を振りかざし、
お金を払っているのだから当然、という驕りが
日常生活の中に多分にあったように思います。

経済は互恵関係という言葉が印象的でした。
経世済民とはなるほどと思いました。

「紳士やエリートっぽい人、
お金を持っていそうな人、長距離を乗る人ほど、
感謝の気持ちを言ってくれる」という言葉には、
恥ずかしさを覚えました。

自分は感謝の気持ちを持っていたのだろうか・・・

お金の使い方が
その人の生き様を表すのだとすれば、

ブラック消費者=横柄な態度、驕りが
自分の生き様ということになります。

これは気をつけねばなりません・・。

私は正直、単なる金儲けという意識から
投資というものに興味を持ってきました。

しかしながら、実際に様々な本を読み、
講演会に参加し、人の話を聞くのにつれて、
その意味と奥深さに驚きと新鮮さを
感じるようになりました。

私もカンさん同様、藤野さんの
「投資とは、いまこの瞬間に
エネルギーを投入して、
未来からのお返しをいただくこと」

という言葉に、大変共感しています。
まさに人として
あるべき生き方がそこにあると思います。

株や投信を買うという狭い意味での投資にも、
人の生き様は表れるのでしょうか。

だとすれば、アベノミクスに踊り、
目先の利益を求めてしまうことは、
やはり見苦しい生き方になるのでしょう。

(わたしはこれまでは
短期売買を繰り返してしまいましたが。。。)

積立て投資を始めて、
自分を律することの難しさを痛感しております。

設定さえしてしまえば、あとは
リ・バランスしかやることがないはずなのですが、
つくづく人の欲望は深いのだなと感じます。

真の意味での投資家になれるよう、
日々精進していきたいと思います。

またカンさんにお会いできる日を楽しみにしています。
素晴らしい本のご紹介ありがとうございました。

(注: 太字はカンによる編集です..)

田所さん、率直で思いの溢れるお便りを、
ありがとうございました!

あなたにも、「お金の意味」について考える、
「経済」について考えるきっかけとして
本書をおススメします。





関連記事

| 書評・映画・美術評 | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1856-0156f32b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT