PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

連載終了のお知らせ。日本経済新聞 電子版「コレだけ読めば大丈夫! はじめての投資信託」


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

2011年10月より、
日本経済新聞 電子版にて連載させていただいた

コレだけ読めば大丈夫! はじめての投資信託】ですが、
先週号(5月26日)をもって
連載を終了させていただくことになりました。

(突然でスミマセン・・)

理由としましては、

掲載コンテンツの方向性について
編集部とわたくしの「方向性」の相違が
明らかとなったためです。

具体的には、

「ひとつの投資信託を取り上げ、
その商品の問題点に切り込む」という形、スタイルが
編集部としてはNGという判断のようです・・。


これまで80数回、
毎週、連載を楽しみにしていただいていた
読者の皆様には、

このような中途半端な形で
連載が終了することとなり、
たいへん申し訳なく思っております。

(カネダマモルくんも消化不良の形で終わらされ、
さぞ腹が立っていることでしょう・・)

今回の連載だけでなく、
わたくしの情報発信の【指針】となっているのは、

13年前、FPオフィスを開業する際に自身に課した、
お客様に対する < コミットメント > です。


それは、

〇 日常のことばでお話しすること。

〇 金融商品は生活商品のひとつであり、
私たちはそれを選ぶ消費者であると心得ること。

〇 100%お客様の側に立ち、本音の部分をお伝えすること。

です。

今回は特に、
「本音の部分をお伝えする」ことに抵触すると判断したため、

心苦しくはありますが、
連載終了という決断をさせていただきました。

プロフィールにも書いております通り、
「がんこ」という性格は治りそうにありません..(^^ゞ)


連載は終了しますが、
今後もセミナー、メルマガ、ブログ等を通じて、
しがらみのない、フラットな立場から、

投資信託、ETFなどの本質の情報を
お伝えしていく所存です。

これに懲りず、
今後とも何卒よろしくお願い致します・・。


追伸)

この連載の主人公であったカネダマモルくんは、
たとえば「投資信託☆事件簿」のようなコンテンツで、
いつかどこかで復活させたいと考えております・・。

カン・チュンド拝




関連記事

| 業務連絡 | 08:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 残念!

多分なお言葉、ありがとうございます。
弊所メールマガジンでは引き続き、投資信託の情報をお届けしてまいります!

| カン・チュンド | 2013/06/13 13:03 | URL |

残念!

友達が投資信託と言っていたので気になってグーグル検索して、コラムにたどりつきました。
それからというもの、今まで自分が難しい、と思っていた投資信託の考え方を壊して、もしかしたら考え方の問題なのかもしれない、もっと勉強してみたい、と思い、4日間かけてすべてのコラムを読みました。カネダマモル君が転職した理由楽しみにしていたのに残念です。このコラムがもし紙面でも掲載されているなら、日経とろうかなともおもったくらいです。
なので、コラムがこんな最近に終わったなんて残念です。先生は私に投資信託の新しい見方を示してくださいました。これからもっといろいろな方の本を読んで勉強していこうと思います。

| ちょす | 2013/06/13 12:24 | URL |

Re: おつかれさま

いしださん、コメントありがとうございます。
投資の世界に限らず、多様な意見、多様な価値観をその懐に内包できるか否かが、
業界の発展の試金石となるのでは、と今回の件を通じて感じました..。

| カン・チュンド | 2013/06/04 08:23 | URL |

おつかれさま

>ひとつの投資信託を取り上げ、
>その商品の問題点に切り込む」という形、スタイルが
>編集部としてはNGという判断のようです・・。

心が狭いなぁ。

日本が抱える、投資に関する問題は、投資商品にあるというよりも、
売ってる会社、マスコミ、その度量の狭さにある。

などと、思うのは私だけなのでありましょうか。

| いしだ | 2013/06/03 23:35 | URL |

Re: お疲れ様でした

tama さん、ありがとうございます。今後は特にメールマガジンに力を入れてまいります!

| カン・チュンド | 2013/06/03 13:34 | URL |

お疲れ様でした

連載、いつも楽しみにしていました。日経新聞もいろいろなスポンサーがいるので、事実とはいえ、書かれては都合の悪いこともあったのでしょうね、、
今回の件は、カンさんが発信する情報は、供給者ではなく、われわれ消費者の視点から書かれているという強い証拠だと思いますので、今後もブログや本を楽しみにしています!
連載お疲れ様でした!

| tama | 2013/06/02 15:08 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1868-8501827f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT