PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第31回「広くアジアの成長を捉えるETF」(ETF解体新書)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

マネックス証券より許可を得て、
コラム【ETF解体新書】第31回目を転載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。晋陽FPオフィス代表のカン・チュンドです。

アジア開発銀行(Asian Development Bank、ADB)は
2011年8月の報告書、
『Asia 2050: Realizing the Asian Century』の中で、

2050年までに
世界の経済生産高の半分をアジア地域が占め、

現在の欧州と同水準の収入がある人が
アジアで30億人程度増えると予測しています。

また、同報告書では、
アジアの繁栄を牽引する7大経済大国として、

中国、インド、インドネシア、日本、
韓国、タイ、マレーシアを挙げています。


実は、欧米の指数提供会社であるMSCIが
上記の投資対象をほぼ網羅する

「MSCIエマージングマーケット・アジア指数」を
算出しています。

指数が組み入れる企業数は現在538社(5月31日現在)で、
構成国として中国、韓国、台湾、インド、

インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイの
8ヵ国が挙げられます。

対象地域のイメージは、
東アジア+インド+東南アジアですね。

当該指数の「ファクトシート」は
こちらで確認できます(英語)


実は「MSCIエマージングマーケット・アジア指数」との
連動を目指すETFが香港市場に上場しています。

それが、
「i シェアーズ MSCI エマージング・アジア・インデックスETF」です(銘柄コード02802)

当該ETFは2009年に香港市場に上場し、
年間の経費率は0.59%となっています。
(決済通貨は香港ドルです)

業種別で見ると金融・IT関連で
組み入れのおよそ50%を占めます。

国別の組み入れ比率は、中国29.43%、韓国23.56%、
台湾18.23%、インド11.02%、マレーシア5.99%、

インドネシア 5.05%、タイ4.61%、
フィリピン1.65%となっています(4月30日現在)


当該ETFの年別リターンは、
2009年 +92.02%、2010年 +19.53%、
2011年 -15.33%、2012年 +18.34% となっています。

(ただし、2009年はETFの始期である
3月以降から12月末までの数字)


構成銘柄で一点ユニークなのは、
インド株式については個別の銘柄を組み入れず、

i シェアーズ BSE SENSEX インド株ETFを
保有している点です。

当該ETFのファクトシートはこちらです(英語)
 

ところで、新興国株式ETFとしては
「MSCIエマージングマーケット指数」との連動を目指す
「i シェアーズ MSCI エマージングマーケット・インデックスファンド」(EEM)や、

「FTSEエマージング指数」との連動を目指す
「バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF」(VWO)が有名です。

実は「MSCIエマージングマーケット・アジア指数」は
「MSCIエマージングマーケット指数」の一部であり、

式で表しますと、


MSCIエマージングマーケット指数 =
SCIエマージングマーケット・アジア指数 +
MSCIエマージングマーケット・
ヨーロッパ・中東・アフリカ指数 +
MSCIエマージングマーケット・ラテンアメリカ指数

というふうに分解できます。


最後に、マネックス証券では
香港市場に上場するETFについては
特定口座に対応済みとなっています。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1884-4bad2253

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT