PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分のお金の『居場所』を、自分で決めていますか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

このブログでも以前ご紹介した、
藤野英人さんの本、
投資家が「お金」よりも大切にしていること】の中に、

興味深い記述があります。

スーパーマン・バットマンなど、
アメリカのヒーローはたいてい民間人なのですが、

日本のヒーロー、
(たとえば)ウルトラマンや大岡越前などは
公務員』なのですね・・。


「えっ、それがどうしたの?」と、
あなたは思われるかもしれませんが、

ここに、私たちが潜在的に
「願い」「求めている」ことが存在します。

それは、

● 公的なサービス【社会的な行い】は、
『お上、すなわち国や公務員がやるべきだ』
と感じているということ・・。

上を仰ぎ見て、
「よろしくね」と他力本願している姿が
どこかで浮かび上がってきませんか・・?


たとえば、お金の面でいえば
長らく続いた「貯蓄奨励政策」があります。

私たちはとにかく「貯金」するだけ・・。
(元本保証ですから、いろいろ考える必要がない)

また、預金金利も規制下に置かれ、
企業の設備投資に、
国民の貯蓄資金が効率的に振り向けられてきました。

つまり、お上が「日本株式会社」として、
壮大な融資事業、投資事業を
一手に引き受けてきたのです。

それが日本という国の、
戦後からバブル崩壊までのスキームでした。

○ 私たちはとにかく「貯金」するだけ・・。
○ 私たちはとにかく、
全体の一部(歯車)となって懸命に働くだけ・・。


上記スキームは、
国が急速に経済発展する段階では
うまく機能していました。

しかし、発展のプロセスが成熟を迎えると、
(逆に)非効率の温床となります。

当たり前の話ですが、
国が熟年期を迎えれば、

国にとってのお金の最適配分、
【ポートフォリオ】も変わりますよね。

想像してみてください・・。


個々の市民 
-あなたやわたしのことです。- が、

自分のお金を主体的にコントロールし出すと、
どんなことが起こりますか?

(※ 別に、個人の金融資産は
国の人質に取られているわけではありません・・)

主体的に
「自身のお金」をコントロールするとは、

明日、5年後、10年後を見越して、
自分のお金の【居場所】を自ら決定する
ということです。

それが結果として、
『資本の最適配分』につながるのです・・。

(忘れていませんか・・。
お金はいつでも、どこへでも瞬時に移動できる
【高速乗り物】なのです)


自分のお金を貯金、預金のみに委ねているのは、
いわば、自分のお金の【居場所】を

誰かに委ねてしまい、
その決定権を放棄していると云えます。

「カンさん、何言ってるの。
ワタシのお金をどうしようがワタシの勝手じゃない!」

はい、(それは)その通りです・・。

しかし、
よーく考えてみてください。


あなたという存在は、
とても個人的な存在であると同時に、

社会を構成する一部であり、
社会的な存在でもありますね。

★ それと同じように、
あなたのお金は
あなたの100%私的な財産であると同時に、

社会の中で使われ、生かされる
公的な存在」でもあるわけです。

(これって普段は意識しませんが・・)


あっ、別に
「清く正しく生きましょう!」
と申し上げているわけではありませんよ。

もっとよい意味で
【あなた自身の欲や希望】を潜在化させ、

あなたのお金を、
伸び伸びと振る舞わせてほしいのです・・

(繰り返しになりますが、)

別に、あなたの資産は
国のトリセツに頼る必要はないですし、
人質に取られているわけでもありませんから・・。

【自由】、なのです・・


また、もう上を仰ぎ見るほど、
国も政府も、
頼れるような存在ではないですよね。

自立した個人の集合体である社会は、
ある意味、
『冷めた知の結晶』のような姿をしています。

一見、熱狂しているように見えても、
安易に頷いているように見えても、
ちゃんと物事の裏側を想像しています。

そして、
物事の本質こそを知りたいという
「知的欲求」が存在します。

ただ、不思議なことに、
こと、お金に関しては、

その健全な【知的欲求】に
フタがされている状態なのです・・。

戦後からバブル崩壊までの
社会のコンセンサスが
いかに強烈だったかが分かります。

もう、あなたのお金は、
過去の呪縛から解き放たれてよいのですよ・・。

似顔絵




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 17:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

最初の一歩は
「小さなもの」に思えるかもしれませんが、

あとから振り返ると、
それは「大きな一歩だった」と必ず思えるはずです。頑張ってください。


| カン・チュンド | 2013/09/18 09:23 | URL |

現金だけを持っている事が、リスクになるということがここ最近やっと分かってきました。
私も自分なりの分散投資を積立で行っていきたいと思います。

| のぼり | 2013/09/16 23:24 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1939-60e5314b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT