PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第38回「わたしとETFの出会いについて」(ETF解体新書)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

マネックス証券より許可を得て、
コラム【ETF解体新書】第38回目を転載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。晋陽FPオフィス代表のカン・チュンドです。
筆者とETFの出会いは2001年の11月に遡ります。

ちょうど、「CNBC Asia」(ケーブルテレビ)を
観ていた時のことです。

香港のスタジオにいるキャスターが、
「来週、中国株ETFが香港市場に上場します」と
コメントしていました。

「とうとう中国株式のETFが登場するのか」と、
筆者はひとり感慨に耽ったものです。

そのETFが
i シェアーズ MSCI チャイナインデックスETF」です。
(当時の呼び名はMSCI チャイナトラッカーファンドでした)。

もちろん、
当該ETFは今も香港市場に上場しています。
(銘柄コード02801)。


しかし、このETFの中身は
当初きわめていびつなものでした。

上場時の組み入れ企業はたった28社。
筆者が2003年にこのETFを購入したときも、
組み入れ銘柄は34社にすぎませんでした。

2003年当時の組み入れ第1位はチャイナモバイルで、
純資産額に占める比率は約27%でした。

第2位のペトロチャイナはおよそ11%であり、
たった2社でETF全体の40%近くを占めていたのです。

しかし、中国経済の発展とともに、
当該ETFに組み入れられる企業数は増加していきました。

(正確には、ETFが連動を目指す「指数」が
構成銘柄を多様化させていったのです)。

2006年にはチャイナインデックスETF の
組み入れ企業は63社となり、
2013年9月19日現在、138社にまで拡大しています。

また、直近3ヶ月の1日あたり売買高は
約247,000口となっています。

当該ETFの純資産残高の増加に伴い、
年間経費率も下がっています。

筆者が当該ETFを購入した当時は
年間経費率が年0.99%でした。
それが今では0.59%に下がっています。


このように、
国別株式ETFの中身を時系列で見ると、
マーケットの発展を肌身で感じることができます。

成長著しい国の株式は、
栄枯盛衰の移り変わりが激しいです。

また、今後の勝ち組をうまく見極めるのも
容易なことではありません。

さらに、新しい会社が次々と上場するため、
どうしても目移りしてしまいがちです。

ETFというツールで市場を丸ごと買ってしまえば、
皆さんが購入するのは
『めまぐるしく変遷する企業の集合体』となります。

ETFが連動を目指す「指数」は、
経済規模の拡大、
あるいは産業構造の変遷に伴って、

定期的に構成銘柄を入れ替えてくれます。

つまり、
市場平均を単純に持ち続けることで、
逆に時代の変化にキャッチアップしやすくなる
のです。

(きわめて合理的な選択だと思いませんか?)。

参照までに、組み入れ銘柄数の少ない
国別株式ETFを挙げておきましょう・・。

マーケット ベクトル ベトナムETF (VNM)の
組み入れ企業は28社です。

また、iシェアーズ MSCI フィリピンETF(EPHE)の
組み入れは41社。

さらに、
iシェアーズ MSCI ポーランドETF(EPOL)は
43社の組み入れとなっています。

(いずれも米国市場上場。
組み入れ企業数は9月19日現在)。

その国の成長を長い時間スパンで見守る気持ちで、
国別株式ETFを保有されてみてはいかがでしょうか・・。

最後に、本日取り上げたETFは
いずれもマネックス証券で購入可能となっています。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1946-91b6051c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT