PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中田たろうさんの『オリンピック時間』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

少し人生訓的になってしまいますが、
個性】っていったい何だと思いますか?

あなた自身は
当たり前と思っている「考え」や「感触」が、
(実は)世の中全般とはズレていて、

でも、その【ズレの部分】を
メリットとして認識できることだと思うのです。

上記、↑ 文章にしてみると、
へえ~と思っていただけるかもしれませんが、

人と違っている。』というのは、
実生活ではなかなかタイヘンなこと。

特に【投資という現場】においては・・。


一般に「投資」では、
「上り坂」でいかにうまく振る舞うかが
強調されます。

○【今、上がっているんだよ。乗り遅れないで!】
みたいな・・。

でも、本当の「投資家」は、
○「下り坂」のときこそ、自分の出番であると
自覚しています。

なぜなら(これは単純な事実ですが)、

【資産価格が下がっているときに、
いかにたくさん買えるか】が

長い目で見た場合、投資の成否のカギを握るからです。

(ここ、重要!)


マーケットというところは、
中期的』(4~5年)に、
大きなうねり【= 波】を現出します。

これは中学生の健太くんにも分かることですが、

要は、上がったり下がったりという
【波】を繰り返すのが、
マーケットの【中期】の性格なのです。


それを、田中一郎さんの【人生記】のような
長期』(20年~30年)のスパンで見ると、

『中期で』存在していた波は、
少し興奮したり、落ち込んだりという
「感情の起伏」程度に押し留められ、

【ほら、長い目でみたら市場は成長しているでしょ。】
という一言で片づけられてしまいます・・。


ただ、困ったことに
私たちは毎日息を吸って生活しているため、

短期的な動き』がマーケットの動きであると
勘違いしてしまうのです・・。

ズバリ申し上げると、

★ 資産運用の要諦は、
時間の尺度をテッテイして
オリンピック感覚】で持つことです。

(つまりは中期【=4年程度】の感覚・・)

1996年 アトランタ五輪 
2000年 シドニー五輪 
2004年 アテネ五輪 
2008年 北京五輪
2012年 ロンドン五輪 
2016年 リオデジャネイロ五輪 
2020年 東京五輪・・

オリンピックって、
それが訪れるたびに、

そういえば、4年前は○○で開催していたよね。
と、友達同士で前の開催地のことを思い出します。

(すなわち4年という「時間スパン」)

じゃあ、
ロンドン五輪とリオデジャネイロ五輪の間は?


あのー、申し訳ないですが、
(その間、オリンピックのことは)忘れているのです。


大きな市場のうねりの中で、
『中期的に』アップダウンを繰り返し、

そのたびに【狂喜】と【恐怖】を催すのが
マーケットというもの・・。

その、アップ(上り坂)のときに
周りの人々、メディアは過剰に反応し、

今のときが、
二度と来ないかけがえのない一瞬で、


「今こそ資金を投入しないと!」と、
あなたを煽り立てます。

でも、ちょっと待ってください。

(別に投資に限ったことではないですが)
○【多数派】がいつでも正しいとは限らないのです。


⇒ 仮にこれから、
マーケットの【上昇局面】を目撃し、
(それはそれで嬉しいのだけれど、)

心の片隅で、ぽっと咲いた花のように
一抹の『寂しさ』を感じるようになれば、
あなたは、本物の投資家です。

⇒『オリンピック時間』を体内に獲得する中で、
「あーあ、また、
大きく下げる局面が来てくれたらなあ・・」

と、ひとり忍び笑いできるようになれば、
あなたは、本物の投資家です。


先ほど、
【資産価格が下がっているときに、
いかにたくさん買えるか】
が、
長い目で見た場合、投資の成否のカギを握ります、

と云いましたが、

金融商品の価格がどんどん下がる中で、
そのたびに、自分の判断で
【買い注文】を入れるのは至難の技、です。

そこで、
資産価格がどんどん下がる中でも、
半強制的に、

しくみが毎月金融商品を買ってくれるのが、
何を隠そう【つみたて投資】なのです。


中田たろうさんのブログ、
中田たろうの投資日記に
【「リーマンショックから5年」で思うこと】
という記事があります。

これを読むと、
【オリンピック時間】で『恐怖』を振り返る、
ひとりの投資家の赤裸々な声が聞こえてきます・・。

当時は、私がインデックス投資を始めて1年と数か月のときでした。
あれよあれよと株安、円高がすすみ、
保有資産は大きなマイナスを抱えてしまいました。

2009年1月末には、リターンがマイナス40%まで下落しました。

そのような状況の中でも、
「落ちるナイフをつかむ」かのように、
淡々と積み立て投資を行っていました。


んー、これって一見、
M(マゾ)的な行為に写りますが、

かつ、世間一般(多数派)から見ると、
とても【奇異な行い】に思えますが、

いえいえ、投資家としては
至極まっとうな、誇れる行為 なのですよ。


皆が汚れた手拭いを振りながら、退散する中で、
ひとり、自分の旗を掲げて、
粛々とマーケットに向かっていく・・。

★ なぜなら、彼/彼女は、
 【オリンピック時間】で
 マーケットを捉えているからです。

当該記事を読んで、
感じたことがいくつかあります。

・暴落を経験することの重要性。
・その中で資産を【買う】ことを経験することの重要性。

・また、のちに資産価格が上昇し、
利益の大きさを実感できることの重要性。

そして、なにより、
・上記一連の経験を、40代までに
経験しておくことの重要性です・・。

中田たろうさんも
記事内で言われていますが、

○ 大きなダウンを
資産形成の途上で経験するからこそ、

【オリンピック時間】を、
余裕を持って自分の体内に持てるわけです。


また、中田さんが
どんどん資産価格が下落する中で、
(途中で止めてしまわずに)金融商品が買えた要因は、

【ポートフォリオ】で
ご自身の投資を自覚されていたからでしょう。

アセットアロケーションの目標比率を維持するために、
値下がりしていく株式投信をどんどん買い増しました。


つまり、行為としては
(下がっているモノを)買い増しする、

あるいは(上がっているモノ)を売却する、
ということになるのですが、

ご本人の頭の中では、

アセットアロケーション
(ポートフォリオ)の【比率】を崩さないようにしよう
という意識が強かったため、

割合を元に戻す、という意思の中で、
(結果として)
下がった株式ファンドを買い増しすることができたのでしょう。

最後に、
中田さんはこうおっしゃっています。

今後も「○○ショック」による株価急落は、
おそらく数年おきに繰り返されるでしょう。

あのリーマンショックを乗り越えることができたのだから、
どんなことがあっても恐れるものはない、と今は思っています。

運用でリスクを取りすぎないように、
アセットアロケーションで自分の目標比率を守って、
リタイアまでコツコツと資産形成していきます。


素晴らしい・・。

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 15:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1961-0cc6cdeb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT