PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NISAはどうさ? 良くないさ。その一 【催眠術編】


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

当オフィスでは既存のお客様を対象に、
定期的に【お客様同士の交流会&セミナー】を
開催しています。

先日のセミナーのテーマは
ずばり、NISA(ニーサ)口座でした・・。

あのー、突然なのですが、
★ このブログ記事の【前提】。

この記事は、シンプルな運用方針のもと、
長期で積立て投資を行い、

資産形成を成し遂げようとしている、
【あなた】を想定して書いています・・。

(あまり情報として行き渡っていませんが、
現状のNISA制度には多くの欠点、デメリットがあります)

最近、資産運用関係の情報を見ていると、
NISAの言葉を聞かない日がないほど、
ニーサ、ニーサで盛り上がっていますね。

いや、より正確に云うと、
運用業界全般が、
盛り上げようとしているのです

これってちょっと
【催眠術】っぽいと思いませんか?

♪ NISA、いいよ、おいでよ~。
♪ NISA、いいよ、おいでよ~。


思わず、こんな小噺が思い付きます。

♪ おーい、みんな。船が出るぞ。
♪ とりあえず乗らなきゃダメだぞ。

山田さん「ところで、この船はどこに行くんですか?」
佐藤さん「いや、良いところに連れてってくれるんでしょ。」

山田さん「あっ、やっぱりそうなんだ。」
佐藤さん「・・何処に行くかは知らないけれど・・」


わたしは一投資家として、
現時点でNISA口座を開くつもりはありません。

「えっ、なんで?」

現行の制度内容では、
メリットよりデメリットのほうが
ずっと大きいと考えるからです。

ちょっと冷静になって、
はい、椅子に座り直して、
コーヒーでも飲みながら考えてみましょう。


ニーサ、ニーサと云っていますが、

・別に画期的な金融商品が登場したわけではありません。 
・新しい投資スタイルが発明されたわけでもありません。 

ただ、新しい【非課税の制度ができた。】
というだけです。

しかし、です、

テレビ、ネット、雑誌などのメディア、
それに金融機関が主催するセミナーなどで、

♪ NISA、おいでよ、非課税~。
♪ NISA、おいでよ、非課税~。

と連呼されると、

取りあえず、
『こりゃ、入っておいたほうがいいかも。』と
思ってしまったりします。

非課税 = トク = 取りあえずやっておこう
という【思考回路】に陥りがちなのです・・。


もう一度、
【真っ白な気持ち】になって考えてみましょう。

あなたの資産運用を
長期航海の【客船】にたとえると、

(NISAを利用することで)
最終目的地に着いたときの、
コストの支払いが軽減されるだけであって、

別に、
・客船のスピードが上がるわけでも、
・客船自体がグレードアップするわけでもありません。


ズバリ言ってしまえば、
長期投資における
非課税制度とは・・

おまけ】なのです。


仮に、このNISA(ニーサ)と呼ばれる
非課税制度が現時点で
恒久化されていれば

最終目的地に着いたときの、
コストの支払いが軽減される・・

これは、断言できます。

しかし、現時点で
非課税の期間は限られており、
それはたった【5年間】なのです・・。


しかも、シンプルな『5年』というわけではなく、

★【1年ずつズレた、
最大5つの、5年間】を、
何度も何度も管理していく制度です。

えっ、誰が? 

あなたが、ですよ・・。


現状のNISA口座は極めて複雑怪奇で、
使い勝手が相当悪いと言わざるを得ません・・。

(※ 今、いちばん喜んでいるのは、
広告代理店の方々と、
NISA口座のシステム構築を請け負っている
システム開発会社ではないでしょうか・・)


たとえば、シンプルに、

2014年から始まり、
2018年末まで続く【非課税期間5年】を
思い浮かべてみてください。

あなたには
最大100万円分の投資枠(非課税枠)があります。

あなたは
2014年の3月から4月にかけて、
ABCファンド』を80万円分購入しました。


(ところで)NISA口座のメリットは
文字通り『非課税』ですね。

厳密に云うと、
売却益(キャピタルゲイン)と、
配当、分配金(インカムゲイン)の

2つの「非課税」メリットがありますが、

ここでは話をシンプルにするために、
売却益(キャピタルゲイン)に絞ってお話をします。


(当たり前の話ですが)
【非課税】のメリットを実際に受けるためには、

1.(原則)投資して5年以内に「利益」が出ており、

2.あなたが「ここだ!」と思えるタイミングで
うまく「売却」して、
3.「利益」を確定させないといけません。

(そうですよね?)


(以下、空想の中のお話・・)

2014年に
ABCファンド』を80万円分購入したあなたは、

2015年の11月から12月にかけて
株式市場の暴騰を目のあたりにします。

あなたの「ABCファンド」の時価が
ナント、80万円から140万円になったのです。

★ あなたはこの時、どうしますか?


ちなみに、
NISAの『非課税の枠』は
一度使ってしまうと、もう再利用できません・・。 

仮に、今の例で、
2015年に『ABCファンド』を全部売却すると、

2014年から始まっている、
5年間の『非課税枠』を使い切ったと見なされます。

なお、上記の場合、
あなたの『投資元本』は80万円でしたよね。 


NISA口座では
最大100万円分の『投資枠』があります。

でも、これは、
次の年に繰り越すことはできないのです・・。 

つまり、今の例だと、
2014年のうちに
投資してしまわないといけない、
ということ。

もう、2015年の12月になっていますから、
(残りの投資枠の)20万円分の投資は、
出来ないわけです。


もう一度、お聞きしますよ・・。

あなたが投資した『ABCファンド』が
80万円から140万円になっています。

今、売却すると、間違えなく、
60万円分の利益が非課税になります。

(やったー!)

しかし、
2014年の投資分

(すなわち2018年末までの非課税期間)は
使い切ることになります。


どうします?
もうちょっと持ってみますか?

「そうだよ。
2017年、2018年ごろまで持っていれば、
もっと上がるかもしれないじゃん。」

えっ、でも、
これ以上、上がらないかもしれませんよ・・。


すべての決断は【あなた次第】です・・。

どうです、
悩みのタネが芽生えてきませんか?


上記【決断】は
口でいうほど簡単ではありません。

あなたは毎日、『ABCファンド』の値動きを
追ってしまうかもしれません・・。

あなたはなぜ、こんなに悩むのでしょうか?
答えはカンタンです。

★【5年間】という縛りがあるためです。


★ 結局のところ、
『ABCファンド』の価格が、

2014年から2018年末までに、
どのような軌跡を描くかは(誰にも)
前もって分からないのです・・。


そもそもマーケットが変動するサイクルと、
5年間という時間スパンの間には、
なんの『因果関係』もないですよね。

つまり、5年間という【人工的な縛り】が、
あなたの「投資リズム」を
変えてしまう恐れがある・・。

わたしはそれを危惧しています。

似顔絵




関連記事

| NISA口座はどうさ? 良くないさ。 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1963-9b23b00c

TRACKBACK

NISAは保留で。

今までNISAをどの様な形で活用しようかと色々と書いてきました。 でも、一旦NISAの活用は保留にします。 NISAの活用を保留にしようと考え始めたきっかけはこちらの記事です。NISA口座はどうさ?良くないさ。(全7シリーズになってます)インデックス投資家の方にはなじみの深いカン・チュンドさんのブログの記事です。 現状のNISAの環境について否定的な見解ですので、それを踏ま...

| water boyの備忘録 | 2013/12/10 22:24 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT