PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あなたにも企業年金の運用は出来ます


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

 現在は、下ろされた緞帳です。

 過去は、前世の記憶に過ぎません。

 未来のみが、投資家にとって意味のあるものです。

しかし、その未来はあまりに不確定で、

何がどのように起こるのかは
【誰にも分かりません・・。】

ネットを見ても、本を読んでも、
それこそ「何百種類の金融商品」があり、
「何十種類の投資スタイル」があります。

これらを見れば見るほど、
あなたの頭の中は <混乱> してしまいます。

◆ わたしはいったい
【どこに】投資をすればいいの?

具体的には、
『アセットアロケーション』の実際に
頭を悩ませることになります・・。


しかし、実は、
資産配分の「お手本」が、
身近なところに存在するのです。

その人は、
投資家としては 私たちの「先輩」です。

「えっ、それって誰?」
 
はい、それは【株式会社】です。

◆ 株式会社は、
私たちと同じく、利益を求める「生命体」です。

たとえば、個人投資家は
2013年に投資の収益がマイナスになっても
誰からも文句を言われませんよね。

しかし、株式会社がそんなことをすれば、
株主から「文句」を言われ、
「株価」が下がってしまいます。

会社という「生命体」は
常に外部の視線に晒されているのです。

それは、従業員の退職金原資を運用する、
企業年金】も同じです。


10月24日の日経新聞に、
『企業年金 手探りの運用』(上)という記事が載っていました。

ーKDDIの年金基金が、日本株の運用をやめた。ー

あなたは「えっ?」と思われるかもしれません。

ーTDKの基金は資産区分を見直し、日本株を
「グローバル株式」に取り込んだ。ー

「えっ?」

ラッセル・インベストメントの調べによりますと、
年金資産に占める日本株の割合は

1999年度末に33%でしたが、
今年6月末は12%弱まで低下しているとのこと・・。

「それはなぜでしょう?」

★ 企業年金という運用主体が
東京湾ではなく、世界の海を見ているからです。

(ここ、とっても重要ですよ)

資産配分を作る視座として、
まず『世界の海』がある。

運用の骨格を『面』で捉えて、
複数の資産、複数の国・地域を「どのようなバランス」で
取り込むかのみに腐心しているのです。


「日本株式」を
ひとつのアセットクラスとして捉えれば、
そこに何割資産を振り分けるかという思考になります。

しかし、仮に
MSCIワールド指数に連動する「先進国株式」の中に
日本株を入れてしまえば、

MSCIワールド指数に占める日本株の割合は
10%未満という乾いた現実に直面します。
iShares MSCI World ETF

(これは『東京湾』を見捨てるということではなく、
『東京湾』を客観視する、ということなのです)


あなた自身が『東京湾』を眺める時も、

あくまで『世界の海』から見た
『東京湾』であると意識してくださいね。


それではなぜ、
企業年金はこのような思考法をするのでしょうか?

○ 今後、何十年にわたって、
従業員の退職金原資を運用し、安定的に
退職金・年金を支給し続けなければならないからです。

すなわち、
運用のビジョンが【超長期】である。
「細部」よりも【全体】の方向性に留意する。

これは、あなたの運用も同じですよね。

○ 今後あなたは、何十年にわたって、
あなた自身の年金原資を運用し、安定的に
じぶん年金」を支給し続けなければならないのです。

したがって、マーケットの短期的な傾向から、
アセットアロケーションを決定することはないはず・・。

ひとつの『投資対象』に固執すると、
「全体像」が見えなくなってしまいます。

資産配分を決定し、
『面』として超長期の運用を続けるあなたには
オーケストラの指揮者のようなマインドが必要なのです・・。

似顔絵




関連記事

| ポートフォリオ運用 | 09:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1970-52f4a93e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT