FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

価格変動(リスク)こそが、将来の収益(リターン)の源泉である


こんにちは、カン・チュンド です。

「いちば というところは
 上がったり下がったりするものだ・・」

(突き詰めて言えば)
これが【市場リスク】と呼ばれるものです。

この【市場リスク】があるからこそ、
株式 という資産は

(歴史的に)預金よりも 債券よりも、
高い 結果リターン を残してきたのです。

また、リスク と リターン は
水 と 空気 のように寄り添っています。
が、決して融合(一致)することはありません。

それぞれが 独自性 を保ちながら、
かつ相互に依存しているのです。

例えば、あなたが
「リスクは予測できる」と信じているとしましょう。

しかし「リスクは予測できる」という言葉自体、
おかしいのではないでしょうか?

なぜなら、予測できるリスク、
避けることができるリスク は
(ほんらい)【リスク】とは呼ばないからです。
(未来のことは誰にもわからない・・)

(先週お話した)
「今こそ、マーケットに戻る時か!?」
という記事は
「市場リスク」を軽んじていると思います。

人間が 価格変動(リスク)を予知できる という、
ある種の「傲慢さ」を感じてしまうのです・・。

彼らは 株価(価格)に リスク が
内包されていることを見逃しています。

本来的に鋭利で すばしっこく、
かつ臆病な「リスク」は

(予想リターンのぶれに反応して)
株価 を 正味価値よりも 下方に誘い、

(また)株価 を正味価値よりも
上方に誘うものなのです。

(何らかの)リスク が明らかになった時、
株価 は過剰反応します。
→ 決して「売る」時ではない ということ。

(何らかの)好材料 が明らかになった時も、
株価 は過剰反応します。
→ 決して「買う」時ではない ということ。

また、著名なアナリストが
テレビ東京系列などで
眉間にしわを寄せながら、

「原油価格の高騰で 先進諸国の株式市場は
 非常に不透明な展開を余儀なくされるでしょう・・」
とコメントしたりしていますが、

わたしなどは

「じゃあ、非常に透明な展開って、
どんな状態を指すのですか?
それはいつ起こるのですか?」
と突っ込みたくなってしまいます(笑)

「いちば」が誰にでもわかる
「透明な展開」をすれば、
私たちは皆 億万長者 になってしまいますよね(笑)



関連記事

| 投資の発想法 | 12:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/198-708d8607

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT