PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もっと注目されてよい!「アジア国債・公債ETF」


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

国内市場に上場する債券ETFの中で、
異色の輝きを放つのが、
アジア国債・公債ETF」(1349)です。
 
当該ETFは、2005年に香港証券取引所に上場され、
2009年6月に
日本国内では初となる債券型ETFとして、
東京証券取引所に重複上場しました。

名前通り、アジアの8つの国・地域の市場
(中国、香港、インドネシア、韓国、
マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)で

発行される、
現地通貨建ての国債および公債に投資を行います。

ポートフォリオ・現地通貨別構成比率2013年4月末現在

が

『アジア債券』というカテゴリーで
インデックス型商品が存在するのはちょっと驚きですね。

連動を目指す指数は
Markit iBoxx ABF汎アジア指数です。

(運用会社はステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・シンガポール・リミテッドとなります)

この「アジア国債・公債ETF」は
信託報酬も年0.19%と低く、
最低購入単価も1万円台で、
分配金は1月と7月の年2回に抑えられています。

(おまけにカブドットコム証券では、
「フリーETF」の扱いになったりしているのに)

なぜか、あまり人気がないのです・・。
(売買高がちょっと寂しい・・)

たとえば、
先進国債券+アジア債券という組み合わせで
ポートフォリオに組み入れるのもアリだと
わたしは思います。

「アジア国債・公債ETF」の月次レポートはこちら

【追記】

楽天証券のサイトを見ていたら、
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズの
リチャード・クレアモント氏のオンラインセミナーを
発見しました。

(日本語うまい!
タイトルはズバリ「アジア国債・公債ETFのご紹介」です)
こちらをクリック。(2013年6月26日収録)

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 19:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: アジア債券

おっしゃる通りですね!

| カン・チュンド | 2014/01/19 09:00 | URL |

アジア債券

一年半前に愛読紙(日経ヴェリタス)の
全面広告で知りました。
以後、少しずつ増やしています。

中国国債が買えて019%の手数料は魅力です。

| 準急 | 2014/01/17 15:44 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1993-6937bd78

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT