PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013」の発表会に参加しました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日、東京・神田で開催された
『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013』の発表会に参加してきました。

投信ブロガー


なんか、【手作り感】が
そこかしこに漂っていて良かったですね・・。

(ところで、)
気になる2013年『Fund of the Year』ベスト3は?

1位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
(バンガード・インベストメンツ・ジャパン)

2位 ニッセイ日経225インデックスファンド
(ニッセイアセットマネジメント)

3位 結い2101(鎌倉投信)でした!

3ファンドの運用会社の皆さま、
おめでとうございます!!


(上位20位の結果については、
「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013」本サイト
UPされています・・)

が、取りあえず、第4位から第10位の発表!

4位:外国株式インデックスe(三井住友トラスト・アセットマネジメント)
5位:ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)

6名:ニッセイJリートインデックスファンド
(ニッセイアセットマネジメント)
7位:EXE-iグローバル中小型株式ファンド(SBIアセットマネジメント)

8位:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(セゾン投信)

9位:SMT グローバル株式インデックス
(三井住友トラスト・アセットマネジメント)

10位;eMAXIS 新興国株式(三菱UFJ投信)

(発表会で久しぶりにお会いした)
NightWalkerさんが、ご自身の記事
投信ブロガーが選ぶFund of the year 2013!」の中で、

ランキングの感想を
次のように述べられています。

今回のランキングで気がついたキーワードを列挙いたします。
•顔の見えるアクティブファンド
•ローコストのインデックスファンド
•VT強し!
•Jリートインデクスがランキングされていたのにびっくり!
•なぜか日本のETFがいない


(んー、国内上場のETFがないのはちと寂しいですね)

さて、会場内には、

「このようなアワードは今まで聞いたことがなかったけど、
一体どんなファンドが選ばれるの・・?」

という参加者の方も、
ちらほらおられたように思います。

つまり、
【あちら側】から来られた方ですね。

??

【あちら側】とは、既存の金融機関が示す
『ファンドはこんなふうに運用され、
こう評価されるべきですよ・・』
という体系の中に居た人たちのことです。

⇒ えっ、日経平均株価に連動するファンドは
他にもあるよ・・。
なんで「ニッセイ日経225インデックスファンド」が
第2位に入るの??

【圧倒的に低い信託報酬が評価されたのでしょう】


⇒ ひふみ投信とか鎌倉投信ってなに??

作り手の顔が見える運用を行っている運用会社です。
運用哲学も明快。】


⇒ これって、海外のETFでしょ。
なんで「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」
というのが第1位なの??

たしかに・・。
海外の市場に存在するファンドですからね。

(逆の見方をすると、)
★ 意識の高い投資家の『共感』が得られるような投資信託が、(国内では)まだまだ少ない、ということでもあります。

もうひとつ、考えられるのは、
バンガードという会社が、
明らかに【こちら側】のファンドの作り手だ、
ということ。


【こちら側】って??
はい。

【こちら側】とは、消費者である投資家自身が、
『ファンドはこんなふうに運用され、評価されるべきだ』
という「軸」を持ち、

その「軸」でもって主体的に
商品たる投資信託を選ぼうとしている・・。

また、商品の作り手が
そのような消費者のニーズに対して
真摯に応えている・・。
そのような体系そのものを指します。


あっ、もちろん、
実際の投資信託マーケットでは、
【あちら側】 >【こちら側】 なのですよ。

【あちら側】が
47階建てのインテリジェンス・オフィスタワーとすると

【こちら側】は、建坪8坪の平屋

 (その差は 歴然・・・・(^^;)


正直に申し上げて、
【あちら側】から来た人たちにとっては、

この「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013」は
まだまだ『サークルの域』を出ない印象なのでしょう。

しかし近年、口コミや、
一般消費者による評価サイトの隆盛を見ても分かる通り、

その商品の【ユーザー】が、
・「何を買っていて」、また、彼ら/彼女らが
・「それをどう評価しているか」に、

『潜在ニーズ層』がたいへん興味を持ち、
これらユーザーの評価をもとに、
自分たちの購買行動を決定するといった
【傾向】が伺えます・・



「でも、8坪の平屋が
47階建てのインテリジェンス・オフィスタワーに
追いつくわけないじゃん。」

ん? あなたもそう思いますか?

これが携帯電話市場のように、
ほぼすべての人が
ケイタイを持っているようなマーケットなら、
そうかもしれません・・。

しかし、この日本においては、
10人中まだ8人の人は、
投資信託という『生活商品』を、
持ってすらいない、のですよ。

商品の作り手と消費者が向き合い、
長く付き合える「プロダクト」
(この場合、投資信託)を育てようという試みは、

至極まっとうなことであり、
また自然なことだと思います。

今回、手作り&手弁当で
このイベントを実施された
運営委員の皆さま、

イーノ・ジュンイチさん、m@(エムアット)さん、
まっき~さん、竹川美奈子さん、島田知保さん、
またフリーアナウンサーの浜田節子さん、
本当にお疲れさまでした。

そして、運営委員長のrennyさん、
(最後の挨拶での)熱いメッセージをありがとうございました。

第一位

第1位の、
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF受賞の様子。




関連記事

| イベント・メディアなど | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2013-729afa80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT