PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

均等型インデックスとは?(S&P500均等型ETFの実例)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはしばしば、
『市場全体に投資を行うのがインデックス投資です』
という言い方をしています。

「でも、市場全体って一体なに?」

はい、そうです・・、
現実的に、株式市場全体を隈なく捉えることは
そうそう簡単なことではありません。

(ちょっと細かくなりますが)
たとえば、トピックス(東証株価指数)の場合、
1700社の会社が指数に組み入れられています。

1700社!

もちろん、
大きな会社もあれば、小さな会社もあります。

そこで、今の市場の『勢力図』そのものを、
最大公約数的に捉える
、という意味合いで、

『市場全体』を 時価総額加重平均 で再現し、
それをインデックスファンドやETFに落とし込む
という「手法」が広く採用されています。

つまり、大きな会社は大きく組み入れ、
小さな会社は小さく組み入れる「手法」ですね・・。

これが、浮動株調整後の『時価総額加重平均』という
「市場平均」の考え方なのです。

(伝わっていますか?)


トピックスも、S&P500も、香港ハンセン指数も
みな、「時価総額加重平均」という名の市場平均です。

これはこれで↑、
優れた『市場平均』なのですが、
「時価総額加重平均」は、
今の株式市場の【勢力図】を忠実に再現するので、

たとえば、大きな会社で、かつ、
その会社の株価が買い上げられている場合、
(市場平均に占める)組み入れ割合は
それだけ大きくなってしまいます・・。

つまり、「時価総額加重平均」は、
マーケットの動向の『後追い』となる特徴があるわけです。

(別に↑上記が悪いと云っているわけではありません。
そもそもインデックス投資では、現在の株価を疑うことは
しませんから・・。)

1月11日に開かれた
「第6回インデックス投資ナイト」の中で、
東京海上アセットマネジメント投信の平山賢一さんが
興味深いことを言われていました。

平山:私はいい時が分かれると思うので。インデックスは普通時価総額加重に
なっていますが、他に等金額ポートフォリオというのがあります。

時価総額加重と等金額ポートフォリオを比較すると面白いんです。
等金額にすると、アクティブファンドに近い結果になります。
サルが適当にダーツを30回なげた銘柄買うサルダーツと同じことになるんです。


("いい投資"探検日誌 from 新所沢』のm@さんの「レポート」より)

『等金額ポートフォリオ』とは、

たとえばトピックス(東証株価指数)のイメージでいいますと、
1700社の会社をすべて【等分に買い付ける】手法です。

・・『トピックス均等型』と云えますね。・・

大きな会社は大きく組み入れ、
小さな会社は小さく組み入れるのが
「時価総額加重平均」ですから、

「均等平均」にしてしまうと、
大きな会社も、小さな会社も、
【組み入れ比率】が同じになる、ということです。

すると・・・?

すると、
中小型株が買い上げられるという、
いわゆる『中小型株効果』が期待できるわけです。


【トピックス均等型指数】というものが
仮に存在するとして、
それに連動するETFは、
インデックス型の金融ツールですが、

実際的には、きわめて、
アクティブな金融商品
となるのです。

この点を捉えて、平山さんは
―等金額にすると、
アクティブファンドに近い結果になります。―
と発言されているのでしょう。

この手法は、
運用業界では『スマートベータ投資』とも呼ばれます。

たとえば「ファンダメンタルインデックス」では、
バリュー株が買い上げられる傾向があり
バリュー株効果が働くと云われています。

★ 要は『スマートベータ投資』とは
時価総額加重平均の投資に
ある種の「バイアス」(偏り)をかけ、

時価総額加重平均と
値動きが異なるようにしたものなのです・・。

(ところで)「均等型インデックス」のことを
英語では『equal weight index』と呼びます。
(とてもアクティブなインデックスなのです)


実際、S&P500の『均等型インデックス』が
米国には存在します。
S&P 500 Equal Weight Index

そしてなんと、
S&P500均等型インデックスとの
連動を目指すETFも存在するのです。

Guggenheim S&P 500® Equal Weight ETF」(RSP)
当該ETFの運用開始は2003年4月で、
年間経費率は0.40%です。

純資産額は約65.8億ドル(およそ6600億円)
直近3ヶ月の1日当たり出来高は
約708,000口となっています。
(そこそこ、人気があるのですね・・)

ただし、Holdings(保有銘柄)の欄を見ると、
500社すべてが「均等」ではなく、
組み入れ割合は0.12%~0.27%とばらつきがあります。
(業種別でもバランスよく組入れが分かれるようです)

そして注目すべきはパフォーマンスです。
当該ETFのファクトシートを見ると、

当該ETFのNAV(理論価格)のリターンは
直近10年から直近3ヶ月まで、
恒常的にS&P500を上回っています。

(すごいですね・・)

では、たとえば
【トピックス均等型指数】に連動する
ETFが作れるかというと、

これが現実的には無理なのだそう・・。

これはインデックス投資ナイトの中で、
日興アセットマネジメントの
今井幸英さんが言われていたことですが、

中小型株では流動性が乏しい銘柄も多数存在するため、
(大きな会社と)同じ比率でこれらの株式を買い上げるのは
現実的には厳しいらしいのです・・。

ともかく、インデックス(指数)は
その【作り様】によって、
個性的、かつアクティブな
「銘柄の集合体」になり得るということなのですね・・。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 11:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

はい、それはそうだと思います。たくさんの選択肢があり、個人が自分のニーズによって、さまざまな「インデックス」をチョイスできる環境になればいいと個人的には思っております。

| カン・チュンド | 2014/01/23 09:41 | URL |

中小型株効果なら素直に考えて
VBやIJRなどの小型株ETFを買った方がいいのでないでしょうか?

ファンダメンタルインデックスにしても
バリューインデックスがあれば十分だと思うのですが

| 通りがかり | 2014/01/21 21:33 | URL |

Re: タイトルなし

そうですね。技術的な問題がクリアされ、ファンドとして実現するのを期待したいものですね。

| カン・チュンド | 2014/01/21 19:52 | URL |

こんにちは。
先日のインデックスナイトに参加させて頂きました。
第3部とても楽しく拝聴させて頂きました。
私も「等金額ポートフォリオ」には非常に興味を持ちました。
現実的にはファンドを作ることが難しいとの事ですが、非常に魅力的なファンドになると思います。
将来的に実現できる様なニュースがあると良いですね。
また一つ勉強させて頂きました。

| のぼり | 2014/01/20 19:18 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2029-4855b74c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT