PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

呪文のように唱える? 『長期・分散・低コスト』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(ちょっと昔の話ですが、)

晴れてファイナンシャルプランナーとなり、
やる気満々だったわたしは、
半ば勉強のため、あらゆる金融商品を買ってみました。

個別株もたくさん買いました。
(東レに図研にショーボンド建設、
ローソンに楽天にマネックス・・、
ホントいろいろ買いました)

外国債券も複数買って、
FXもやってみて、
商品先物でガソリンを買おうと思いましたが、
(それは勇気がなく)買わずじまいでした・・(^^;)


そこから『投資信託』というツールを見てみると、
「なるほど、投資信託は選んでないねんなあ
ということが実感できます。

何かを選び切る】という、
商品選択における「王道」を、
投資信託ははじめから放棄しているのです・・。

銘柄の分散だけでなく、
国の分散、通貨の分散までやってのける
「先進国株式ファンド」などを見てみると、

【選び切る】とは正反対の、
大枠で、だだっ広く買っておくだけ。】という、
アバウトな?投資戦略が見えてきます。

「えっ、こんないい加減でいいの?」
とあなたは思われるかもしれません。

しかし、それは(裏を返せば)
それだけ『リスク分散』をしている金融商品ですよ、
ということでもあります。


また、投資信託の勉強を重ねる中で、
少額で購入・解約ができる
【メリット】の大きさを実感するようになりました。

★ 投資信託というツールは
あなたの『マネー状況』に合わせて、
とても【微調整】がしやすいのです。

たとえば、
毎月のつみたて金額を2万円から2.6万円にする。
あるいは、1.7万円に減額したりすることが
カンタンに出来ます。

まだ180万円程度の
『ポートフォリオ資産』の中で、

先進国債券ファンドの割合が
ほんらい20%なのに、25%になってしまった・・。

じゃあ、180万円の5%分だけ
つまり9万円分だけ)ファンドを解約しよう、
ということも難なくできるのです。

自分のポートフォリオを構築する際、
利用する道具を投資信託で統一することで
あなたの『資産管理』は
とても分かりやすくなります。



(今だから言えますが、)
ファイナンシャルプランナーになりたての頃は、
【長期・分散・低コスト】というお題目が
正直、陳腐に聞こえたりしました。

が、今となっては
その【真意】がよく理解できます。

『長期・分散・低コスト』の真逆って、
【短期・集中・高コスト】ですよね。

あなたが投資に興味を持たれて、
最初に触れる情報というのはおそらく、

短期・集中・高コスト】的な
色彩を帯びたコンテンツだと思うのです。

それが果たして、
あなたにとって有益な情報なのか?

(否、です。)

なるほど、
人は退屈な真実よりも、
華やかなドラマに魅かれます。

しかし(実のところ)
投資がお仕事ではない、
一ビジネスパーソンにとっては、

資産運用は、
地味で退屈な「けいぞく作業」なのです。
(※ メイクドラマは「実・人生」の中でしてくださいね)


短期で利益確定することも、勉強です。
狭い範囲の中で
一個の商品を選び切ることも、また勉強です。

あるいは、
コストの数字を気にしないことも、
これまた勉強です・・。

人は『失敗』をすることで、
「自分にとってより良い道はどっちなんだ?」
と真剣に考えるようになります。

ただ、正直に申しまして
【長期・分散・低コスト】を実践するのは
ある意味「勇気」がいることなのです。

投資を行っている大多数の人たちの間では、
【長期・分散・低コスト】は人気がないためです。

「投資家らしくない」
「意思決定してないじゃないか!」
「なんと弱々しい・・・。」
(いわゆる草食系のイメージ)

そういう声が聞こえてきそうです。

しかし、あなたのように
『健全な危機感』を持って、

自分の人生時間に投資という行為を
載せようという人が、
投資の本質』を理解できるのです。

あなたのような人こそが、
投資信託の【新しいスタンダード】を
作っていくのだとわたしは思います・・。


※【長期・分散・低コスト】な投資を
実践するひとつの手段が『つみたて』です。

昨日、下記セミナーを開催することを決めました。

  毎月ワンコインから始める!
【投資信託DEつみたてセミナー】

3月30日13:30 ~ 16:00 東京・大井町

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2041-2bfcbc9f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT