PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

eMAXIS バランス(8資産均等型)は立派なスマートベータ戦略?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたが明日、ネット証券で
トピックス(東証株価指数)に連動する
インデックスファンドを購入すると想像してみてください。

そこでは、
ひとつひとつの会社の【組入れ比率】が
大きく異なっています。

たとえば、
トヨタ自動車という会社の大きさが、
ワタミの100倍だとすると、

インデックスファンド内では、
トヨタはワタミの100倍組み入れられるイメージです。

つまり、
個々の銘柄の大きさを『加重平均』して
『市場の平均』を作るのが、
時価総額加重平均と呼ばれるやり方なのです。

伝わってますか?

インデックスファンドが
商品として成立するためには、

まず、どんな『市場平均』を再現するのかを
決定しなければなりません。

そのためには、
特定の『指数』(インデックス)を
決めなければならないのです。

★【指数】が土台にあってはじめて、
インデックスファンドは体を成すのです・・。

私たちが景色として眺める『市場平均』とは、
(誤解を恐れずに云いますと)
指数提供会社が切り取って示してくれる
ひとつの『市場の平均』なのです・・。


たとえば以前、
こちらの記事でご紹介した「均等型インデックス」は

前述しました時価総額加重平均の
インデックスとは考え方がまるで違います。

(トピックスの例で云いますと、
トヨタ自動車とワタミを均等に保有する考え方なのです)

すべての銘柄を
「同じ割合で」保有するということは、
とてもアクティブなインデックスと云えます。

時価総額加重平均の投資に
ある種の「バイアス」(偏り)をかけ、
時価総額加重平均を上回るリターンを目指す、

このような投資手法を
スマートベータ戦略』と呼んでいます。

(「均等型インデックス」も、
『スマートベータ戦略』の一種なのです)


さて、ここでお話を
『バランス型インデックスファンド』に振ってみましょう。

セゾンバンガード・グローバルバランスファンドや、
世界経済インデックスファンドでは、
【加重平均】という、
市場平均の再現法を採用しています。

つまり、異なる国・地域、
そして株式、債券について、

セゾンバンガードでは
「時価総額」の【加重平均】を、

世界経済では「GDP」の
【加重平均】という考え方を採用しているのです。

そして、
ふたつのバランス型ファンドが個々に組み込む、
ひとつひとつの投資対象
(アセットクラス)については、

セゾン、世界経済とも、
『時価総額加重平均』のアセットを組み入れています。


ところが、
eMAXIS バランス(8資産均等型)は違うのです。

ひとつひとつの投資対象
(アセットクラス)については、
『時価総額加重平均』のものを組み入れているのですが、

8つのアセットクラスを組み合わせる際の、
その組み込み方が、均等、なのです。

<基本投資割合>
バランス

(まるで8色弁当です!)

日本、先進国、新興国という
国・地域で見た場合、
時価総額(マーケットの大きさ)はまったく違うのに、

あるいは、
株式、債券、リート(不動産投資信託)という
資産別の時価総額(マーケットの大きさ)も
ぜんぜん違うのに、

8つとも、均等に、組み入れている

これそのものが、
一種の『均等型インデックス』の考え方なのですね。

わたしが知る限り、海外の投資信託、ETFの中で
異なる国・地域の、異なる複数のアセットを、

このように「均等に」組み込んでいる金融ツールは
見たことがありません・・。

そして、たとえば
世界経済インデックスファンドと、
eMAXIS バランス(8資産均等型)の直近2年間の
値動きを比べてみますと・・、
チャート

(あまり変わらないのです・・)

eMAXIS バランス(8資産均等型)の値動きが、
5年、10年後、
他のバランス型ファンドとどの程度違ってくるのか
注目したいと思います・・。

似顔絵




関連記事

| バランスファンド | 10:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

もっと注目されていいバランス型ファンドですね。

| カン・チュンド | 2014/03/20 19:03 | URL |

なるほど、面白いファンドですね。

構成が単純なせいか、ノーロード&フィー0.5%/年と安く
それでいてベンチマークの乖離が少ない点が面白い。

私的には
「メルカトル図法的アクティブファンド」
だと思います。

| 準急 | 2014/03/19 19:32 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2049-a7ca256c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT