PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ETFの『繰り上げ償還リスク』は身近に存在します


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「どんなETFに人気が集まるのか?」
という問いに答えるのは、
そんなに簡単なことではありません。

米国で人気があっても、
日本ではイマイチというETFもありますし、

そのETFがどんな環境下で、
かつ、どういうタイミングで
上場されたのかということも
(意外と)重要だったりします・・。

たとえば、S&P500指数を
9つのセクターに分けて組成している
スパイダーのセクターETF、

『Select Sector SPDR ETFs』は
米国でたいへんな人気を博していますが、

トピックスを17の業種に分けて組成する
『TOPIX 17 業種別ETF』の人気は
イマイチなのです・・。


米国株式のセクターが人気を博すなら、
米国以外の
グローバル株式セクターETFもいけるだろう、
と踏んで設定されたのが、

i シェアーズの
「米国除くグローバルセクターETF」(10本)です。
(2010年の7月に米国市場で運用を始めました・・)

正確には
iShares MSCI ACWI ex U.S.sector ETFといい、

米国を除く、
先進国、新興国の株式を網羅した
「オールカントリーワールドインデックス」を
10のセクターに分けて組成したものです。

(以下、冠はすべてiSharesです)

MSCI ACWI ex U.S. Consumer Discretionary ETF (AXDI)
MSCI ACWI ex U.S. Consumer Staples ETF (AXSL)
MSCI ACWI ex U.S. Energy ETF (AXEN)
MSCI ACWI ex U.S. Financials ETF (AXFN)
MSCI ACWI ex U.S. Healthcare ETF (AXHE)

MSCI ACWI ex U.S. Industrials ETF (AXID)
MSCI ACWI ex U.S. Information Technology ETF (AXIT)
MSCI ACWI ex U.S. Materials ETF (AXMT)
MSCI ACWI ex U.S. Telecommunication Services ETF (AXTE)
MSCI ACWI ex U.S. Utilities ETF (AXUT)


まあ、そうそうたる顔ぶれなのですが、
実は上記10本のETFについては
今年の1月末に、

「繰り上げ償還」⇒「上場廃止」の旨が発表され、
3月25日に、実際に
【繰り上げ償還】されてしまったのです。

で、その理由は・・?

シンプルです。

思ったほど売買が伸びず、
したがって純資産額も増えず、

ETFの運用会社(ブラックロック)が
これ以上運用を続けるメリットがないと判断し、
【上場廃止】となったのです。

ETF.comの記事はこちら。
iShares Closes 10 Int’l Sector ETFs


上記10本のセクターETFの中で
もっとも純資産額が大きかったAXHEでも、
その規模は
1242万ドル(13億円弱)程度であり、

中には200万ドル、300万ドル台の
ETFもありました・・。

さて、わたしは先ほど、
上場廃止】となりました。
と言いましたが、

この言葉には「注意」が必要です。

上記の本質は、
投資信託でいうところの
【繰り上げ償還】
であります。

繰り上げ償還とは、
運用そのものが中途で終了してしまうこと・・。


ETFの保有者は上場廃止日まで
任意に売却が可能ですが、

(仮に売却しない場合)、
一定期日をもって強制的に
現金で償還させられます。

つまり、
運用が中途で終わってしまうだけであり、
あなたの資産が
ゼロに帰してしまうわけではありません。


あくまで、
ETFが【繰り上げ償還】される
プロセスの途上で、

『上場を廃止する』という行為が
存在するだけです。

※ 個別株式の「上場廃止」とは
意味合いが異なるので注意しましょう



仮に上場廃止が決定したETFを
保有していた場合、どうすればいいのか?

早めに、
市場でETFを売却してください。

(なぜなら、上場廃止日が近づくと、
ETF内のポートフォリオの
現金化プロセスが始まるためです)

米国上場のETFは1500本を超えますが、
このように、
ETFの【繰り上げ償還】は
身近にある出来事なのです。

米国上場ETFで云いますと、
純資産額が最低
1億ドル】(100億円程度)以上ある
ETFを選ぶのが無難でしょう・・。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2063-abe77091

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT