PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資はシンプルさにこだわったほうがいいですよ・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

相談業務を長年行っていますと、
ひとつの【傾向】が見えてきます。

それは、
金融商品を数多く保有されている方が多い。
ということです。

個別株しかり、債券しかり、投資信託しかり・・。

なるほど【リスクを分散させる】ことは
重要なのですが、

たとえば、
お話を投資信託(含むETF)に絞ったとしても、
10本以上のファンドをお持ちの方が
実にたくさんおられます・・。

★ 大まかな傾向としてですが、
金融商品の数の多さと、
お客様のお迷いの大きさは
『比例』していると思います。


仮にあなたが
「アクティブ・ファンド」を希求しているとしましょう。

「アクティブ・ファンド」を保有するとは、
『人の能力にお金を託すこと』ですから、

どの人(どのファンド)が良いのだろう?
という悩みは深いものです。

そして、いったん悩み始めると、
保有する投資信託の数はどんどん多くなります・・。

これまで、
A、B、D、Fのファンドをお持ちだった方が、
G、I、J、K、M、N、Pのファンドも
保有するに至った際、

A、B、D、Fのファンドも、
(解約することまでは出来ず)
持ち続けているケースが多いのです。

そして、少しずつ
「資産配分」という意識が希薄化していきます。


わたしはよく、
⇒ 電車に乗っているときに、
【頭の中で思い描ける】程度の
ポートフォリオがちょうど良い、


という言い方をします。

投資対象が頭の中で描けて、
そして、保有する金融商品も
頭の中でイメージできる・・。

それくらい
【シンプルさ】にこだわったほうが、
投資が続けやすくなるのではないでしょうか?

では、
お話を「インデックス・ファンド」に絞ったら、
事はもっと単純になるかというと、
(残念ながら)NO なのです・・。

わたくしの経験上、
「インデックス・ファンド」のみを
保有されているケースで、

ファンドを10本以上お持ちの方は
しばしば見受けられます。

インデックス投資の場合、
『市場平均を買う』という基本方針は同じですから、
ひとつの投資対象】に
ひとつのファンド】が原則になりますよね?

しかし、人は悩んでしまうのです。


「先進国株式」という、
ひとつの投資対象を取っても、

Aインデックスファンド、
Cインデックスファンド、
Fインデックスファンドと、複数持ってしまったりします。

こちらのブログ記事にも以前書きましたが、

インデックス・ファンドの選択基準は
(実は)至極シンプルで、

【今後、純資産額がもっとも伸びていくのは
どのファンドなのか?】という視点を持つことです。

★ なぜなら、
【今後、もっとも純資産額が伸びていくファンド】は、
【今後、もっとも信託報酬を引き下げる
余地が生まれるファンド】でもあるからです。


あるいは、あなたが
「バランス型のインデックス・ファンド」を
希求している場合はどうでしょうか?

このケースでも悩みのタネは尽きません・・。

たとえば、
世界経済インデックスファンドと
セゾンバンガード・グローバルバランスファンドと、
eMAXISバランス(8資産均等型)という
3つのファンドを目の前にして、

どれか、ひとつに絞り込む】という行為に
途方もない大変さを感じてしまうケースがあります。

「ほんとうにこの運用会社で大丈夫?」
「ファンドの繰り上げ償還ってない?」
という心配が頭の中をぐるぐる駆け巡るのです。

結果、
「3つのバランスファンドを全部買っておこう。」
という言い方をするお客様もおられます。


どのファンドを選ぶにしても、
運用会社の倒産リスクは(究極のリスクとして)
存在し続けますが、

あなたの資産が
ゼロになってしまうわけではありません。
(ファンド資産は信託銀行が保管しているため・・)

また、繰り上げ償還のリスクも、
セゾンバンガードの場合は
ファンド・オブ・ファンズであり、
元のバンガードのファンドの純資産は潤沢ですし、

あるいは、
世界経済、eMAXISバランスとも、
SMTシリーズ、eMAXISシリーズと同じ
「マザーファンド」に投資を行っており、

それぞれの「マザーファンド達」は
概ね純資産額が十分積み上がっています。

そもそも、
3つのバランスファンドを全部買ってしまうと、

「自分の全運用資産の中で、
新興国株式をいくらぐらい持っているのか?」
というような全体像の把握を、
(いちいち足し算をして)行わないといけません。

・どこで買うか【ひとつの窓口】
・なにを買うか【ひとつの投資対象に、ひとつの商品】

という【原則】を貫かれたほうが、
結局のところ、
ストレスが少ない資産管理が出来るとわたしは思います。

似顔絵




関連記事

| 投資家の感情リスク | 19:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

VTの国内上場・・。それを切に願うひとりであります。
> ところで、ご結婚10周年おめでとうございます。
あっ、ありがとうございます!! 来年も一緒にいられるよう頑張ります(^^;)

| カン・チュンド | 2014/04/19 10:55 | URL |

おっしゃるとおり、私も同じようなファンドをいくつか持っていて、カンさんのおっしゃるように1口座にまとめるべく、努力しています(笑)。
VTが国内上場してくれたら、私の株式セクターは、すっきりするんでしょうけど。

ところで、ご結婚10周年おめでとうございます。
末永くお幸せであること、お祈りします。

| ウクレレマン | 2014/04/17 19:51 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2070-d937d6ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT