PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

土地の価値ってどこにあるの?


こんにちは、
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

いきなり「ざっくりしたお話」になりますが、
土地の価値ってほんらい的に、
何で決まっていたと思いますか?

(実は)【おこめ】です。
??

(少しタイムスリップしますよ・・)
あなたは2,000年前の日本にいます。
みんな米作りに励んでいますね。

そこかしこに、
いろいろな田んぼがありますが、

同じ広さの【田んぼ】でも、
「お米がたくさん取れる場所」と、
「そうではない場所」があります。

(たとえば「水はけがよい・悪い」、
「陽当たりがよい・悪い」などの条件の違いで)

仮に、という田んぼでは、
年間 20kgの【おこめ】が取れ、
という田んぼでは
年間 10kgの【おこめ】しか取れないとしましょう。

(どちらも同じ広さですよ!)

どちらの土地の方が、価値が高いですか?

答え)Aです・・。

(フランスにお住いの方は、
【おこめ】を【小麦】に置き換えてみましょう!)

要するに・・、

単位面積当たりで
「農作物がたくさん取れる場所」が、
価値のある場所 =【土地】とされてきたのです。

これが、土地の価値の源・・。
(実はこれは『収益還元法の起源』でもあります)


そのうち、農作物に代わって
貨幣というものが流通し始め、
商業や工業という人間の営みが
「経済の要」になってきました。

そうすると、
【土地】そのものよりも、

その【土地】の上に【建物】を建て、
人は『建物の中で』
経済活動を営むようになったのです


この「パラダイムシフト」は意外と重要で、

⇒【土地】そのものよりも、
 【土地】の上に建つ【建物の中で】

どんな付加価値を創造できるのかが、
経済にとって重要になってきたということ・・。

鍛冶屋さんしかり、小間物屋さんしかり、
歌舞伎の公演しかり・・。


建物の価値】が重要、というのは
以下の例を挙げてみると、
案外わかりやすいかもしれません。

たとえば、東京・練馬区の
『一戸建ての家』を想像してみてください。

家

AとB、
ふたつの一戸建て(3階建て)が
並んで建っていますが、

土地の広さ、建坪、家の形状、土地の形まで
すべてまったく同じとします。
(駐車場一台分のスペースまで同じ・・)

ただ、違うのは
『土地の権利形態』です。

Aは、土地の【所有権】の上に建物があり、
Bは、【借地権】の上に建物があります。

(伝わってますね?)


【問題】
あなたが、A、もしくはBの一戸建てを
借りて住む場合、
賃料の違い】は発生するのでしょうか?

(Aの場合、土地の固定資産税は
建物の所有者が支払います。
Bの場合、地代は建物の所有者が支払います)

答え)【賃料は変わりません。】


なぜなら、あなたは
【土地】の上に建つ【建物】を、
借りて利用する人
だからです。

あなたは(結果として)
【建物】の下にある【土地】も使用しますが、

建物の所有者(大家さん)が、
土地を所有しているか借りているかは、
あなたにとって問題ではないわけです・・。

そう考えると、
【土地の価値っていったい何だ?】
と考え込んでしまいますね。

★ 結局のところ、
21世紀の今日では【土地】より、
【建物】が生み出す収益の方が圧倒的に大きいのです。

不動産の価値は、
【そこに どんなモノが建っているか】
【その建物が どれだけの収益をもたらすのか】
によって決まるのですね・・。

似顔絵




関連記事

| 人生をプランニングする | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2071-820e2c1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT