PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

VTくん、おめでとう!『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013 第1位受賞記念座談会』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

SBI証券のサイト上で、
「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013」
第1位受賞記念座談会】の模様がアップされています。

座談会では、
SBI証券の内藤由貴恵さん、
バンガード・インベストメンツ・ジャパンの金野真弓さん、
そして不肖わたくしカンが対談をさせていただいています。

FOY第1位に輝いた
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」【VT】は、

これ1本で、
先進国と新興国への投資(含む日本)が可能であり、
小型株も網羅しています。

(年間経費率はナント0.18%!)

これは私見ですが、
米国の投資家より、日本の投資家のほうが
この【VT】に対する関心度って高いと思うのです。

(アメリカ人には
ピュアな【世界株式ETF】って
ちょっと受け入れにくいのだろうか・・?)

VTの概要
『Portfolio composition』のところを見れば、

北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、新興国の
現在の株式マーケットの
勢力図(組入れ割合)」も確認できますよ。

また、VTは
「究極の投資対象」と云われるように、
どの国の、どんな人にとっても
普遍的で、バイアス(偏り)がかからないETFです。

単純に考えれば、
○日本債券ファンド+VT(日本人向け)
○アメリカ債券ファンド+VT(米国人向け)
○チリ債券ファンド+VT(チリ人向け)

というふうに、
『自国の債券ファンド』+VTで、
シンプルなポートフォリオは完成してしまいます。
(中学生にも理解できる!)

あなたが
1ヶ月や3ヶ月という短い時間の波に
押し潰されそうな時、

目先の利益や目先の損失で
目の前が見えなくなってしまった時、

投資の【基本】に帰るという意味で、
「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」を
思い出してみてください。

おまけ)
VTは、SBI証券の外国株式取引で
「最初に買われる銘柄」の第2位にも
ランキングされているのだそう・・。

sbi.jpg

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013 第1位受賞記念座談会




関連記事

| イベント・メディアなど | 11:44 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

相棒という表現がクールで格好いいですね!

| カン・チュンド | 2014/04/27 11:28 | URL |

「私の人生の相棒にして、世界最良のファンド」とは、ファンドオブザイヤー投票時の私のコメントです。

 ご紹介いただき、光栄です。

| 永遠的旅行者 | 2014/04/27 09:56 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2073-9c493afa

TRACKBACK

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT) 第1位記念座談会

マネックス証券のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)の魅力について語る座談会同様に、SBI証券でも投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2013でのVT受賞記念座談会の様子が載っています。 座談会に参加されているカン・チュンドさんの記事で知りました。  VTくん、おめでとう!『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 201...

| インデックス投資日記@川崎 | 2014/04/26 22:34 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT