PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資をしてるって、なんか恥ずかしいなあと感じているあなたへ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

すでにご存知の方もいると思いますが、
米国ではすでに『ビットコインETF』の準備が
進められています・・。

ビットコインETFの前に立ちはだかる規制当局
ウィンクルボス兄弟、ビットコイン指数を立ち上げへ

もちろん、規制当局(米国証券取引委員会)が
ビットコインETFの上場申請に対して
「YES」と首を縦に振るまでには、

長~い、
ほんとうに長~い月日が必要だと思います。

しかし、
あなたのお孫さんが30歳くらいになる頃には、

「世界共通の通貨がなかった時代って、
ほんとに不便だったんだろうね。」
みたいなセリフが聞かれているはず・・。

「ビットコインなんて、
なんかよく分かんない、
怪しい仮想通貨なんでしょ」と、
わたしも心の半分では思っていますが、

しかし、通貨という【概念】は、
(そもそも)怪しいものなのです。


紙や金属で出来ているモノを、
「これには1000円という価値があるんだって」
と皆が信じて使っているから、

そのモノ(いわゆる『お金』)は流通し、
取引されているに過ぎません・・。

それは信用であり、
ある意味、習慣の賜物なのです・・。

ところで、あなたはやっぱり、
『お金』のために働いていますか?

??

あなたは、
20万円とか30万円という『お金』を得るために、
毎日会社に行くのでしょうか?

(それは)もちろん、YESでしょう。
わたしも『お金』を得るために、働いています。

しかし、
誤解がないように言い添えますと、

わたしが働くのは、
『お金』を得ることそのものが目的ではなく、

毎日、毎月の生活を送るため、
つまりは『生きる』ための、

食べ物や寝床や
文化的な生活を得るための
媒体として『お金』が必要だから、
働くわけです・・。

当たり前ですが、
あの、紙や金属で出来ているモノに
【価値】があるわけではありません。

⇒【価値】があるのは、
お金の先にあるものですよね・・


それはズバリ申しますと、
【働くこと】そのものであり、
お金を【用いること】そのものです。

(伝わってますか?)

私たちの祖先は太古の昔から
働いてきました。

たとえば、
10人~20人くらいでチームを組んで
マンモスを追いかけたり、

定住してからは、
半年くらいの長い時間スパンで
麦やコメなどを延々と育ててきたり、

川の氾濫が起こったときは、
村の人総出で堤防を作ったりしてきました。

これって?

これって
つまりは【経済活動】です。


週休2日や8時間労働というものが
まったく概念としてなかった頃は、

私たちの先人は
朝起きてから、文字通り夜眠るまで
【経済活動】に明け暮れていたわけです。

<働くこと = すなわち生きること>
だったのですね・・。

そう考えると、
【お金】とは、
経済活動を円滑に行うための
記号、媒体に過ぎないことが分かります。

現代に生きる私たちは幸いにも、
働くことだけでなく、

お金を使う、
お金を用いる
ということにも、
多くの時間とエネルギーを割けるようになりました。

(これって幸せなこと!)

そして、この、お金を使う、
お金を用いるということも含めると、
私たちは、

⇒【仕事をする】、
そして【お金を使う】の両面で、
【経済活動】を行う人となったのです。

(好き・キライの問題ではなく、
今日、【経済活動】と無縁でいられる人なんて
存在しないですよね・・)


たとえば、ですよ、
自分が脳と額に汗して働くことで、
なんか、社会と関われているかな・・。
少しは、誰かの役に立てた部分があるのかな。

という『ささやかな満足感。』がある。

あるいは、
自分が欲しいものを買うことで、
あるいは、
なにか有意義にお金を使うことで、

少しは、誰かの役に立てた部分があるのかな・・。
という『ささやかな満足感。』を得られる。


わたしもあなたも、
自分が行っている【経済活動】に対して、
小さな満足感

あるいは、
小さなリスペクト(尊敬)のようなものを
感じることではじめて、

投資という行いは可能になると、
わたしは思っています。


なぜなら、
自分がやっている「稼ぐこと」や、
自分がやっている「お金を使う」ことに、
信頼のようなものがないと、

自分のお金にも、
【経済活動】に加わってもらおうなんて
思えないではないですか・・。


投資の一義的な目的は、
(もちろん)資産を殖やすことですが、

そんなものは、
投資という【行い】の
ほんの一部を成すに過ぎません。

★ 投資の本来的な意義は、
あなたのお金に、

あなたやわたしが関わっている
【経済活動】に加わってもらい、
そこで
価値を生み出そうとすることなのです


そうです、
投資とは、
あなたやわたしが行っている【経済活動】の、
ひとつの反映なのです。


今ではさすがになくなりましたが、
(ひと昔前は)当オフィスにも、

「あのー、
ABCファンドってどうなんです?
儲かるんですか?」
みたいな電話が掛かってくることがありました。

エコノミストが言っているから、
日経マネーに書いてあったから、
インフレになるらしいから、
NISAが出来たから、

「金融商品、買ってみました。」という、
投資の行動も(もちろん)あるでしょうが、

あなたには、
もう一段上の『高み』を
目指して欲しいのです。

結局、投資という行いに、
自分の意思(気持ち)が入っていないと、
長続きしないのではないでしょうか・・。


★ 投資とは、
長い年月をかけて、人の営みそのものに、
あなたのお金を働きに出すことであり、

「世の中を良くしたい・・」と願う、
その具体的な意思表示として
行われるべきものなのです。

はっきり申しまして、
とても崇高な行いです。
社会的な意義があります。

また、大人のマインドを持った人にしか
出来ません・・。

ですから、投資に興味を持ち、
投資を実践しようとしている自分を
決して恥ずかしいと思わないでくださいね。


『投資を通じて学べることは、
お金の殖やし方だけではないのです・・。』

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2087-904f5cfe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT