PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界現在ETF的概況


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

現在、世界には200近い国が存在し、
その中で100近い証券取引所が稼働しています。

そう遠くない将来、
すべての証券取引所に、必ずETFが存在する。』
という時代になるでしょう。

以下のようなニュースを見ていると、
その息吹を感じます。
<新興国eye>ベトナム初の国産ETF、9月末にローンチへ

これは
ベトナム・ファンドマネジメント・カンパニー(VFM)の
ルン・ティ・ミーハン副社長が
27日にホーチミン証券取引所(HOSE)主催の
投資セミナーで明らかにしたもので、

同氏によると、VFMは今年3月に
ベトナムの国家証券監督委員会(SSC)に
ホーチミン証取のVN30株価指数に連動した国産ETF
「VN30ETF」のローンチの許可申請書をすでに提出しており、
VN30ETFは9月末に同証取に新規上場される予定だという。


ETFGI Press Release May 2014: Global
によりますと、

5月31日現在、
世界中で上場されているETPの純資産額は
2.55兆ドル(およそ255兆円)であり、

5月の一か月間だけで、
224億ドルの資金流入があった模様です。

世界のETP本数は5,283本に達し、
上場申請中のETPは10,293本を数えます。

また、219のプロバイダー(運用会社)が存在し、
ETPは世界の59の証券取引所に上場しています。

国・地域別の『純資産残高』では、
米国が1.8兆ドルと
ETP純資産総額のおよそ7割を占めています。

次いで欧州が4590億ドル、
日本が867億ドルとなっています(← 意外と健闘してる!)
そのあとは、カナダ、中東・アフリカが続きます・・。


あるいは、
BlackRock ETP LANDSCAPE REPORT』(5月31日現在)によりますと、

世界のETP本数の内訳は、
米国 1,590本
欧州 2,183本
カナダ 309本

ラテンアメリカ40本
アジア・太平洋670本
中東・アフリカ374本となっています。


そして、世界規模で見た
『資金流入ベスト10』は
どうなっているかといいますと・・。
(2014年1月~5月末まで。単位はUS100万ドル)

1.iShares Barclays 7-10 Year Treasury Bond ETF
(IEF)5,964
2.Vanguard FTSE Developed Markets ETF(VEA)
3,306
3.Daiwa ETF TOPIX(1305)← 日本上場 3,108
4.Vanguard European ETF(VGK)2,998
5.Vanguard S&P 500 ETF(VOO)2,942

6.iShares MSCI EMU ETF(EZU)2,784
7.Vanguard REIT ETF(VNQ)2,725
8.Energy Select SPDR ETF(XLE)2,629
9.Vanguard Total Stock Market ETF(VTI)2,504
10. NIKKEI 225 ETF(1321)← 日本上場 2,216

となっています。

定期的にETFの資金流入・流出を
ウォッチすることで、
どの国の、どんな資産に
スポットが当たっているかが分かりますね・・。

【補足】
ETPとは何ぞや・・?

すべてのETF的プロダクトを、
ETP(Exchange Traded Product)と規定し、
ETPそのものは以下の「4種類」を内包します。
(下記、ブロックロックによるカテゴライズです)

・ETF Exchange Traded Fund
市場平均を構成する複数の銘柄に投資を行う

・ETC Exchange Traded Commodity
コモディティに投資を行うもの

・ETN Exchange Traded Note
発行体の信用力を裏付けとした債券

・ETI Exchange Traded Instrument
上記に該当しないいわゆる派生形のETP
(レバレッジ・インバース型など)

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2109-ff3bce52

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT