PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

これが投資信託の『チェックポイント9』です!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たまには当ブログでも、
【おまとめシリーズ】をお届けしてみましょう。

題して、
『これが投資信託のチェックポイント9』です。

投資信託に関しては、
雨後の筍のように雑多な情報が行き交っていますから、
このチェックポイント9を大いに参照してください・・。

では、
(準備はいいですか?)

よーい、スタート!!

1.運用を開始して5年以上経っているファンドを選ぶ。


投資信託が過去に、
どのような運用を行っていたかを知ることは
たいへん重要です。

(過去の実績がない新発売のファンドは、
これからどんな運用を行うかという『裏付け』がありません)

5年の運用成績(レコード)があれば、
ファンドそのものが
良いときも、悪いときも経験済みであり、

それぞれの局面で、
どんな運用を行っていたかを辿ることが出来ます。

顔は男の履歴書、といいますが、
過去の成績こそ、ファンドの履歴書なのです。

(※ インデックス・ファンドの場合は、
実質コストとベンチマークとの乖離のチェックのみですから、
設定から2年程度経過していれば問題ないでしょう・・)


2.信託期間が無期限になっているファンドを選ぶ。


ファンドの運用期間があらかじめ決められているのは、
運用会社や販売会社の都合によるもの。
(私たちの運用可能期間を考えていない証拠です・・)

3.純資産額が概ね30億円以上のファンドを選ぶ。


ファンドの純資産額が大きいほど、
規模の利益が働いて運用の効率性が増します。
100 億円超あればなお安心でしょう・・。

⇒ ただし、
マザーファンド形式の投資信託では、
【マザーファンドの純資産額で概ね30億円以上】
という意味です。

えっ、じゃあ、マザーファンドの
純資産額をチェックする必要があるのですか


はい、その通りです・・。
でも、カンさん、どうやって?

【運用報告書】を見るのです。


一例を挙げてみましょう。
SMTグローバル株式インデックス・オープン」の
第13期『運用報告書』
(2014年5月12日)PDFファイルです。

⇒ だいたいどの『運用報告書』でも
後半部分から、
「マザーファンド」の記述が
始まります。

(当該運用報告書の場合、41ページから)

報告書の最後のところ、
81ページに
資産、負債、元本および基準価額の状況』が
載っていますね。


ここの、
(C) 純資産総額(A-B) の
数字をチェックしてみてください。

170,810,926,965

そう、1708億1092万6965円です。

これがマザーファンドの『純資産額』です。
(けっこう潤沢にありますね・・)

みなさん、
必ずココをチェックしてくださいよ。

(注:純資産額はファンドの大きさを示すものであり、
ファンドの成績とは関係ありません)


4.購入時手数料がゼロの「ノーロード型ファンド」を選ぶ。


購入時手数料を支払って、
それに見合う投資信託の説明が受けられる保証は
ほとんどありません。

5.つみたて投資が出来るファンドを選ぶ。


投資の執行法については「つみたて投資」をお勧めします。
定時定額のつみたて投資に対応していないファンドは
避けたほうが無難でしょう。


6.運用管理費用が株式ファンドでは1.5%以下、
債券ファンドでは1%以下のファンドを選ぶ。


コストとは文字通り【マイナスのリターン】です。
特に債券ファンドは
株式ファンドに比べて期待リターンが低いため、
極力無駄なコストをかけないことが肝要です。

(インデックス・ファンドの場合は、
株式ファンド、債券ファンドともに0.8%以下のものを選びましょう)


7.「分配金再投資コース」があるファンドを選ぶ。


分配金について「分配コース」しか
設けていないファンドは選択肢から外しましょう。

また、毎月分配金を出すファンド、
あるいは1 万口あたりの分配金が多すぎるファンドも
避けましょう。

8.決算が年1回、ないし年2回程度のファンドを選ぶ。


決算頻度が高いと、
それだけ分配金を出す機会が増えてしまい、
運用の効率性に支障をきたします。


9.アクティブ・ファンドの場合、5年以上の長期で、
ベンチマークを上回る成績を上げているものを選ぶ。


投資信託の実力を知るうえでもっとも重要な指標は、
運用レポート内の【期間別騰落率の表】です。

参照記事:
『フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド』の成績ってどうなの?

ファンドの成績は基準価格の推移ではなく、
必ず【騰落率】でチェックするようにしましょう。

(インデックス・ファンドの場合、「期間別騰落率の表」で
ベンチマークと大きな乖離が発生していないかどうかをチェックすればOKです)

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 18:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 純資産額

たいへん申し訳ございません・・。

誠に勝手を申しますが、
具体的なご質問に関しましては、
当ブログ上ではお答えいたしかねます。

恐縮ですが、弊所が実施しております、
「有料相談サービス(コンサルティング)」をご利用いただければ幸いです。

(有料で弊所のサービスをお受けいただいている
他のお客様との整合性の問題もございますため・・)
甚だ勝手を申しますが、
ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

| カン・チュンド | 2014/08/08 19:12 | URL |

純資産額

はじめまして。

いつも沢山の資産運用のアドバイスありがとうございます。
カンさんのレクチャーを参考に最近インデックス積立を始めました!

純資産額についてどんどん気になっている点があり思い切ってメールしました。
自分が定額買付に組み入れている〝TAM日本債券インデックスe″(組入れ比率30%)
の純資産額が19億円と少ないことです。
〝TAM-SMT国内債券インデックス・オープン″(60億円)に
切り替えるべきかここ数週間ずっと悩んでます(;^_^A
同じ三井住友トラストアセットマネジメントなので大差ないと
思っていたのですが大差あるのでしょうか?
くだらない質問ですみませんが一言アドバイスを頂けたら幸いです。

いつかカンさんの勉強会参加してみたいです。

| みやこ | 2014/08/05 09:27 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2115-210188d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT