PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投信ブログを書けば、運用が続けやすくなる?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「投資をやってみよう。」と思う気持ちと、
(実際に)「投資を始めました。続けていますよ!」
という事実の間には、

深くて長~い河が流れています・・。

両者は見ている方向は同じですが、
『立ち位置』はまったく違うわけです。

ふつうの生活者の方が、
運用のどこで『つまずき』
どこで『続けることに挫折を感じるか』を、

わたしは仕事柄、折に触れて見ています。


シンプルに申し上げると、
5年、10年と続く『運用の旅』では、
あまりにも「面白み」が少なすぎます。

もっとストレートに言うと、
退屈」です・・・。

人はこの、単調な、
まるで離れ小島で
朝から晩まで太陽の観測を続けるような
毎日に耐え切れず、

余計なことを聞きかじり、
余計なことをしてしまいます・・。


(そして自ら、
『悩みの迷路』に沈み込んでしまう・・)


また、別の側面から見ますと、
運用を続けていく中で、
次第次第に
当初の『初々しさ』のようなものを失っていきます。

たとえば、
【価格が変わる世界】にはじめて触れたときの、
あのドキドキ感、不安な気持ち・・、

投資信託が急落したりすると、
冷汗を掻き、
心臓の鼓動が早くなってしまい、

「ひょっとすると、
世界の終わりが来るのではないか」
ぐらいの気持ちになっていた自分が、

「あー、そんなこともあったわよね・・」
と、ヘンに冷めた表情で
遠くから自身の運用を眺めたりするのです。

ひと口に『長期投資』といっても、
それを実践し続けるのは
一筋縄ではいかないのですね。


あなたが粛々と資産管理をこなし、
かつ、自分の運用に
『一定の興味』を持ち続けるためには、

たとえば、自身のために
日記』を付けることが
有用だと思います。

ネット証券にログインすれば、
自分が投資しているファンドの投資元本、
時価、損益が分かりますね。

それを「記録」するだけでもいいのです。
(日記、ですから。)


金額を公表するのはちょっと、という人は、
資産割合と損益のパーセントだけを
記せばよいと思います。

(実は)
★ 自分のための『日記』=『ブログ』なのです。

「ブログを書く!」と云うと、
ちょっと大げさなことのように思えますが、
要は、運用の記録、
自分のための備忘録
なのです。


blog.jpg

今は残念ながら
更新が途絶えていますが、
藤田郁雄(銀座人)さんのブログなど、
まさに「記録」の類ですね。

藤田郁雄(銀座人)の最適ポートフォリオ

日々の記録をアップする中で、
あなたが何か感じたことがあれば、
それをひと言、二言付け加えてもよいでしょう。

(しかし、くれぐれも無理をしないこと。)

ブログは、
あくまで自分のために書くのですが、
『公開』を選択することで、
それは半ば 公の日記 となります・・。

不思議なことに、
自身のために記す日記が、

同時に、
世の中に対して、
小さな声として広がっていくような
「意味」を持ち始めます。


インターネットの社会では、
声を出すこと】(= 情報を発信すること)に
とても大きな 意味 があります。

なぜなら一介の、
運用の日記を書くブロガーも、

その発言がサイバー空間に残り、
他の情報やトレンドと化学反応を起こして、

物事が変化していく
「一翼」を担うことになるからです。


つまり、自分の個人的な行いが、
細い細い線で誰かととつながり、
それが束となって何かと触発し、

公の色彩」を
帯びてくるという不思議です。


あなたはブログ通じて、
自身を振り返り、

ブログを続けることが
自然と、自身の運用を続ける
インセンティブ】となってきます。

たとえがふさわしいかどうか
分かりませんが、

人に見られていることで痩せられる、
みたいな側面があるのではないでしょうか・・。


結局、ブログを書くのは
【自分自身のため】です。

個々人が自分のために行動する
(=利己的に振る舞う)ことで、
社会がよい方向に行けば、
こんなにめでたいことはありませんね。


しばらく『日記』=『ブログ』を続けると、
過去の記事を読む自分が
ちょっと面白くなったりします。

あの、急落のときって、
ワタシこんなことを考えていたんだ、とか。

あれ? 2013年の春先の
先進国債券ファンドって
こんなに上がっていたんだ、とか。

記録として
自分の歩みを残しておくことで
あとあと振り返ったときに、

自分の運用を
再勉強』することが出来ます。

TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452_20160622161051993.jpg

どうです?

あなたも自分のために
【日記】を書いてみませんか?

ブログを始めるのは驚くほどカンタンです。

ハンドルネームを決めて、
(とりあえず)
今の資産配分を書くだけでもよいのです。


そして、
ブログにちょっとだけ慣れてきたら、

「どうして投資を始めたのか」
「わたしが影響を受けた本」
「わたしが影響を受けたブログ」

「親に運用をしていることを言っているのか?」
「この運用は何のために行っているのか?」

「どうして、この配分割合にしたのか?
どうしてこのファンドを選んだのか?」

「積み立てを止めたくなったときの
対処方法」など、
記事にしてみるのも面白いかも、です。

いろいろと書きましたが、
すべては、
あなた自身が長く投資を続けるためなのですよ・・。


(ちなみに、わたしが使っているFC2ブログはおススメです)


追伸) 投信ブログを始めれば、
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2014】に
投票できますよ(^^;)

(2014年9月30日までに
投信ブログを開設していることが条件なのだそう・・)

似顔絵




関連記事

| 投資家の感情リスク | 19:11 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/08/21 19:53 | |

Re: あぁ~あ…

ご気分を害されたとしたら、本意ではなく、たいへん申し訳なく思っております。本文は直ちに修正させていただきました。お詫び申し上げます。

| カン・チュンド | 2014/08/21 15:35 | URL |

あぁ~あ…

自分が勝手に思ってただけなんですが…カンさんはニュートラルな人物だと…村役場は退屈というイメージが刷り込まれてたとはね…まぁ勝手に思い込んでた自分が悪いんだけど…

| 村役場職員 | 2014/08/20 23:27 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2134-2a604dbf

TRACKBACK

実質コストを見くらべて、新興国株式の積み立て銘柄を変更しました!

先月、「新興国株式クラスの積み立てを、EXE-i に乗り換えるかどうかゆっくり考えます」と書きましたが、やっぱり乗り換えてみることにしました。 新興国株式まとめ 銘柄信託報酬信託財産 留保額運用資産 (百万円)運用年数目論見書運用報告書新 興 国 株 式*eMAXIS新興国株式0.65%0.87%0.3%20,7294年9カ月SMT 新興国株式0.65%0.95%0.3%...

| ますいっちと世界分散投資? | 2014/08/20 23:01 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT