PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その投資の執行、ツミタテにしませんか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

私たちは日々、さまざまな決断を強いられます。

これから新宿までJRで行こうか
丸ノ内線で行こうかという決断は、
まあ、どちらかというと、小さなものですね(笑)

もっと大きなエネルギーを要する
重要な決断を行う際、
私たちの中には、【悩みのタネ】が宿ってしまいがち・・。

これ、投資も同じです・・。

いくら投資を行うかという
『金額ベース』が大きくなると、
【悩みのタネ】も大きくなってしまいがちです。

(逆に、たとえば、
2,000万円の投資に際して、
「あまり悩まず、なんとなく商品を買っちゃったよ。」

というのは、
とっても危険(デンジャラス)なことなのです・・)


投資とは『長く続く旅』です。

あなたが歩む「プロセス」として、

★ 投資と「出会う」⇒
「試行錯誤する」⇒「方法論の確立」

⇒「継続」「継続」、
⇒「運用&引き出し」⇒ 投資の「終わり」

みたいな【壮大な旅路】が待っているわけですが、

いちばん最初に投資と「出会い」、
そして、投資の執行をする、

つまり、
【金融商品を買う】という作業の中で、
挫折してしまうケースがけっこうあるのです。


これは、あなたの【日常生活】と
照らし合わせて考えてみると、
分かりやすいでしょう・・。

たとえば、300万円のお金で
何かを購入することってありますか?

んー、クルマ?
それとも、お家のリフォーム?

いずれも『非日常の空間』ですね。

もちろん、300万円分
投資信託を買うというのも、
明らかに【非日常的な行い】です。

そして、300万円分の投資は、
クルマ、お家のリフォームなどとは、
『本質の部分』で異なっています。

なぜなら、
投資信託を300万円分買っても、
その『効用』は確定しないからです・・。


あなたはいろいろと試行錯誤したのち、
ネット証券の画面を前にして、

「よーし、今日こそ300万円分、
ABCファンドを買おう」と決意します。

が、しかし、
(大げさではなく)
クリックするはずの指が
震えてしまうかもしれません・・。

あなたはふと思います。
⇒「ほんとに今日、買ってもいいの?」


考えてみてください。
マーケットというところは毎日動いていて、

買った翌週に、
大きくプラスになることもあれば、

今、買おうとしている
ABCファンドの価格が下落ぎみで、
来月はもっと下がるかもしれない・・。


「じゃあ、とりあえず、
来月まで待ったほうがいいのでは?・・」
と、あなたは思ってしまうかもしれません。

(そして、来月まで待っても、
誰にも叱られることはないのです・・



要するに、
★ 自分で買い注文を出すということは、
 【悩みのタネ】が現出する、ということ。

しかも、この行為(金融商品を買う)は、
長く続く『投資の旅路』の、
ほんのスタート地点に過ぎないのです・・。

嗚呼、わたしは思います。

投資という行いは、
『感情と理屈のハーモニー』であり、
所詮、あなたの【こころの納得】なしには
継続できないものだと・・。


たとえば、
理屈として、つまり、知識として
【正しい】ことはたくさんあります。

○ ETFのほうが、
インデックスファンドより継続コストが安い!

(はい、そうです。)

でも、ETFは
『自分で』市場価格を見て、
『自分で』買い注文を出す必要があります。


ここの部分にフォーカスすると、

○「ワタシ、そういうの好き。」という人もいれば、
○「それってワタシには負担かな。」と感じる人もいます。

人はひとりひとり、違う・・。

もし、あなたが【後者】の人なら、
ETFのほうが、
インデックスファンドより継続コストが安い!

というのは
【理屈】として『正解』ですが、

あなたの【感情】にスポットを当てていくと、

ETFを選ぶより、
インデックスファンドを選ぶほうが、
(トータル的に見て)『正解』なのです。
         (ホントです!)

だって、
ETFの専門家が言っているのですから(笑)


人は「理屈」のみで、
投資の執行は出来ません・・。

あなたが「心地よく」投資が行える
環境を整えること・・、
これがもっとも重要なのです。

★ なぜなら、あなたが
「心地よく」投資の執行が出来れば、

あなたが投資を長く続けられる
「可能性」が増すからです・・。

上記をわたしは
投資の健康度】と呼んでいます。


あなたの投資が【健康】であるためには、
『感情面』で、
あなたが・満たされている・必要があるのです。

今、あなたは心地よく、
投資が続けられていますか・・?


300万円のお金で
一度に「ABCファンド」を買うことは、

投資の【スタート地点】を
ひとつにしてしまうことです・・。

これだと、スタート地点から見て、
「儲かっているか・損をしているか」が
一目瞭然になってしまいます。

あなたの【感情】は、
その、プラスマイナスの数字に影響され、
大きくブレてしまう恐れがあります・・。


それがストレスとなり、
投資を続けることが出来なくなった人を、
わたしは10人以上知っています。

じゃあ、
【つみたて投資】を実践するとどうなるのか?

ツミタテにすると、最初から、
投資の【スタート地点】を
何十カ所にもバラしてしまうことになります・・


market-emotions-2.jpg

「ABCファンド」を
300万円分購入する、
という作業を、

15万円 × 20ヶ月
10万円 × 30ヶ月
5万円 × 60ヶ月


というふうにバラすのです。

たとえば、
10万円 × 30ヶ月を選択した場合、

30ヶ月間、【つみたて投資】を続け、
そのあと、つみたてを『休止』すればよいのです。
(ネット証券の画面上で、かんたんに出来ますよ)


あなたが買い注文を出すのではなく、
【自動引き落とし】の仕組みに、
投資信託を、買ってもらうのです・・。

投資の執行を自動化出来ますから、
あなたの仕事量は・・?
「実質ゼロ」になります。

(感情の起伏も、ほとんどゼロに・・)


「あのー、カンさん。
わしはちょっとした資産を持っておってなあ、
1億円なんじゃ。

こんなわしには
『つみたて投資』は関係ないじゃろ?」

いいえ、関係あります!

1億円の投資執行でも、

500万円 × 20ヶ月
400万円 × 25ヵ月 
250万円 × 40ヶ月 のように、
投資の時期を【分散】させてください。

そうすれば、
気持ちの安心料が買えます。
投資の執行がラクになりますよ。

そして結局、【こころの納得】が得られれば、
投資が続けやすくなるのです・・。

似顔絵




関連記事

| つみたて投資 | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2151-63508f32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT