PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビットコインETFについて


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

映画『ソーシャル・ネットワーク』をご覧になった人、
おられますか?

映画の中で、
Facebookの創業者ザッカーバーグ氏に
「自分たちのアイデアを盗まれた!」と
怒っていた兄弟がいましたよね?

それが、ウィンクルボス兄弟です。

winklevoss-twins-620xa.jpg

そのウィンクルボス兄弟が昨年、
「ウィンクルボス・ビットコイン・トラストETF」の
上場申請をSECに対して行いました。

英語でのETF名は
「Winklevoss Bitcoin Trust ETF」です。

すでに銘柄コードも決まっています。
ズバリ、COIN です。

また、上場市場もナスダック市場に決定しています。

ただし、
SECが上場を認可するまでには
相応の月日がかかることが予想されます。


ビットコインETFは、
その内部にビットコインを内包し、
ビットコイン価格との連動を目指すことになります。

「カンさん、そもそも
仮想通貨であるビットコインそのものに
信頼性ってあるの?」

とあなたは思われるかもしれません。

わたしも現時点では
ビットコインを保有しようとは思いません。

しかし、ビットコインとは、
明らかに『新しい現象』なのです。


20世紀の終わりから、
資本は国境を跨ぎ始めました。

従来の国民国家という枠に
収まりきらないマネーは、
まるで意思を持った生き物のように
世界中を駆け巡っています。

しかし、いまだにヒトは
国民国家という枠の外にある
【決済通貨】を持ち合わせていません。

ビットコインが
それになるかどうかは分かりませんが、

国家の枠外にある、
「通貨・決済制度」が誕生するのは
時間の問題でしょう・・。


話を元に戻します・・。

このビットコインETFは
「通貨ETF」というより、
資産の裏付けがある「商品ETF」に
近いイメージになると考えられます。

たとえば、
金(ゴールド)は
現物で保有することも出来ますし、
また、ETFとして保有することも可能ですね。

(この場合、
複数の保有の仕方に、そもそもニーズがあるのです)

ただし、ビットコインETFの
価格変動の振れ幅は、
金ETFよりもずっと大きなものになるでしょう・・。


ところで、
ETFという乗り物に載せられるモノの【条件】って、
いったい何なのでしょうか?

ざっくり言ってしまうと、
それは、

◆ 価格が常時確認できる資産
◆ 投資家が売買、保有するニーズがある資産

であるはずです。


たとえば、ですよ、

江戸時代に
日本で使用された刀の鞘(さや)は
骨董品として、世界中にコレクターが存在します。

その鞘(さや)の数々に
もし、時価が存在し、
(従って、平均価格を算出でき)

かつ、その価格変動が
常時ウォッチできて、

多くの投資家に、
【投資対象】としてそれなりのニーズがあれば、
「鞘(さや)ETF」に
仕立てることだって可能なわけです。


投資信託の世界から見ると、
ETFというファンドは、
すべて直販
(直接販売)です。

次の時代を睨んだ野心的なETFが
もっと世に出てくるべきではないでしょうか・・。

◆ 参照記事
Nasdaq’s LaValle: Bitcoin ETF A Turning Point


似顔絵



関連記事

| ETFのお勉強 | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2160-e2121f8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT